住宅関連新聞記事ダイジェスト No.419  2012/2/2~2012/2/8

―*―*―* MENU *―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―
【日本経済新聞】
1    名古屋市の住宅用地から有害物質 中川区
2    埼玉県、越谷にスマートハウスのモデル街 家と店で電力融通
3    UR千葉、団地に在宅勤務支援拠点 オフィスや会議室の機能
4    都内住宅着工9%増 昨年、分譲マンション3割増
5    寺田鉄工所、太陽熱温水器を拡販 マンション開拓
6    名倉ルーフ、廃棄瓦使い屋根向け断熱塗装材
7    「リニア橋本駅」誘致要請へ 神奈川県と相模原市
8    千葉からの転出、昨年3.7%増 震災の影響、西日本へ
9    フラット35、最低金利2カ月ぶり上昇
10    フォレストコーポ、長野県上田市に初のモデルハウス
11    新庁舎とマンション一体開発 全国初、豊島区で着工
12    東京都、街路樹5万本を診断 災害時の倒壊防ぐ
13    液状化被害の住民ら、三井不動産を賠償提訴 千葉・浦安

【朝日新聞】
14    住宅再建に最大565万円補助 岩手県12年度予算案

【読売新聞】
15    空き家再生、プロジェクト未来遺産に…日本ユネスコ
16    首都直下地震の想定見直し、M8級も検討へ
17    反射板で蛍光灯の明るさ1.5倍に
18    ダスキンのモップ金具で5人けが、部品交換へ
19    外資の水源地買収抑止へ、事前届け出制…埼玉

【日経産業新聞】
20    技研製作所、災害時にリースで堤防 杭再利用、コスト3割減
21    アキュラホームなど10社、低コストのエコシティ 東京・東大和、13年度完成へ
22    野村不、大泉学園駅前を再開発 27階マンション、12月着工
23    住友林業、スマートハウス発売 電力1日分賄う電池装備
24    マンションの引き渡し、5500戸に 三菱地所が今期上方修正 
25    サービス付き高齢者用住宅、5年で3000戸 栃木県
26    長谷工、マンション住戸の設備からCO2排出を算出できるシステム
27    環境配慮型コンクリ、マンションに初採用 鹿島、高強度を実現
28    エイブルCHINTAI、社名「エイブル&パートナーズ」に

―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―

 

********************************************************************************
1    名古屋市の住宅用地から有害物質 中川区    2012/2/8 日本経済新聞
********************************************************************************
 名古屋市は7日、同市中川区の分譲住宅用地から、国の基準値を上回る有害物質が検出されたと発表した。土壌から基準値の160~1400倍、地下水から6400倍の六価クロム化合物を検出した。市によると、直接水を飲むなどしない限りただちに健康に影響はないという。
 現場はメッキ工場の跡地で、開発を手がける住宅分譲会社から報告があった。土壌汚染の同市への報告制度ができた1999年以降、検出された六価クロム化合物の値としては最大という。

********************************************************************************
2    埼玉県、越谷にスマートハウスのモデル街 家と店で電力融通  2012/2/7 日本経済新聞
********************************************************************************
 埼玉県と越谷市は積水ハウスや東芝などの民間企業と連携して、越谷市にスマートハウスのモデル街区をつくる方針だ。太陽光発電パネルなどを備えたスマートハウスのモデルハウスと店舗を設け、電力を相互に融通し合うシステムを構築する。早ければ3月にも参加企業と協定を結び、12月にモデルハウスなどを開設する計画だ。
 越谷レイクタウン駅の南口前の約3ヘクタールの土地の一部に、モデル街区を設ける。まず太陽光発電パネルと燃料電池、蓄電池などを備えた最新式のモデルハウス6棟と、店舗1棟を建設する。電力会社からの電力を街区で一括して受電。街区内でIT(情報技術)を駆使しながら電力の需給を調整する「マイクログリッド」を構築する。

********************************************************************************
3    UR千葉、団地に在宅勤務支援拠点 オフィスや会議室の機能 2012/2/7 日本経済新聞
********************************************************************************
 都市再生機構(UR)千葉地域支社は22日、日本IBMなど企業や千葉市と組み、在宅勤務者向けの支援拠点を同市稲毛海岸地区に開設する。団地の施設を使って、机や椅子、コピー機などを置くオフィスや会議室などを設け、団地や近隣に住む人に使ってもらう。遠い職場に行かずに、働きながら子育てや親の介護ができるといった利便性をアピールして団地の魅力向上や高齢者対策などにつなげる。
 今月中旬に10団体・企業で作る「ちばスマートワーク推進協議会」を発足、22日に支援拠点「ちばスマートワークセンター稲毛海岸」を開設する。IT(情報技術)を活用し、場所や時間にとらわれない柔軟で新しい働き方「スマートワーク」を提唱し普及を目指す。

********************************************************************************
4    都内住宅着工9%増 昨年、分譲マンション3割増 2012/2/6 日本経済新聞
********************************************************************************
 東京都が6日発表した2011年の新設住宅着工戸数は13万700戸で、前年に比べ9.0%増えた。分譲マンションが3割増えた。不動産調査会社の東京カンテイ(東京・品川)によると、「東日本大震災で一時見送っていた新規着工も夏には再開した」ため、2年連続の増加になった。
 分譲住宅は2年連続で増加して、前年比で23.1%増の6万1509戸だった。このうち分譲マンションが29.9%増の4万1649戸。「大手デベロッパーを中心に、リーマン・ショック後抑えていた着工を増やしている」(同社)。分譲の戸建ては10.6%増の1万9336戸だった。

********************************************************************************
5    寺田鉄工所、太陽熱温水器を拡販 マンション開拓 2012/2/4 日本経済新聞
********************************************************************************
 プラント機器メーカーの寺田鉄工所(広島県福山市、寺田雅一社長)は太陽熱を活用した温水器の販売拡大に取り組む。既設の戸建て住宅向けに加えて、マンションなど新築の集合住宅向けの需要も開拓。東京都が導入費の補助対象に同社製品を選んだことを追い風に、太陽熱事業の売上高を3年後をメドに現在の5倍の約3億円に引き上げる。
 寺田鉄工所が独自開発した太陽熱活用温水器は「サントップ」。2009年の発売で、表面に黒い金属膜を塗布したガラス管で太陽熱を集め、銅管で伝導してタンク内の水を加熱する。この水を給湯器で追い炊きしながら炊事や入浴に利用。各戸で使用する給湯器の維持費用を最大で50~60%程度削減できるという。

********************************************************************************
6    名倉ルーフ、廃棄瓦使い屋根向け断熱塗装材 2012/2/3 日本経済新聞
********************************************************************************
 屋根工事の名倉ルーフ(浜松市、名倉孝次社長)は廃棄される瓦を活用して断熱効果のある屋根用塗装材を開発した。瓦を粉砕した後、接着剤と混合し、スプレーで屋根に吹き付ける。冬場は室温低下を抑制する効果が期待でき、エアコンの消費電力を削減できる。瓦のリサイクルと省エネルギーという環境対策をアピールして住宅や工場に売り込む。
 塗装材「エコカパラ」はスレートや金属製の屋根向け。原料には廃棄瓦のほか、傷などがあり売り物にならない陶器製便器の規格外品を使用する。瓦などを粉砕して粒子の細かな砂と直径数ミリメートル程度の粒を作り接着剤と混ぜ合わせると完成する。原料の75%がリサイクル素材という。便器はTOTOから供給を受ける。

********************************************************************************
7    「リニア橋本駅」誘致要請へ 神奈川県と相模原市 2012/2/3 日本経済新聞
********************************************************************************
 神奈川県と相模原市は3日、リニア中央新幹線の県内の中間駅について、橋本駅(相模原市)周辺に誘致すると発表した。県や市で構成する会議を年度内に開き、東海旅客鉄道(JR東海)に正式要請する。県北部のターミナル駅として周辺の整備などの動きを加速させたい考えだ。
 黒岩祐治知事は同日の記者会見で「駅周辺の新たな需要を掘り起こしたい」と述べた。相模原市の加山俊夫市長は「橋本駅は東京都八王子市からのアクセスも良い。県域を超えた広域連携にも取り組みたい」と語った。

********************************************************************************
8    千葉からの転出、昨年3.7%増 震災の影響、西日本へ 2012/2/3 日本経済新聞
********************************************************************************
 2011年の千葉県民の県外転出が10年比で九州や関西など西日本で大幅に増えたことが総務省の住民基本台帳人口移動報告データから明らかになった。東日本大震災や東京電力福島第1原子力発電所事故の影響が大きく残る東北や関東への転出を避けたと見られる。
 住民基本台帳人口移動報告データをもとに千葉県からの転出数を都道府県ごとに集計した。千葉県内から県外への転出数は約14万2000人で、前年比で3.7%増えた。

********************************************************************************
9    フラット35、最低金利2カ月ぶり上昇 2012/2/2 日本経済新聞
********************************************************************************
 住宅金融支援機構は2日、民間金融機関との提携による長期固定金利の住宅ローン「フラット35」の2月の適用金利を発表した。主力の21年以上は取扱金融機関の最低金利が2.18%と前月比で0.04%上昇。20年以下も1.88%と前月と比べ0.02%上がった。金利上昇は2カ月ぶり。長期金利の上昇を反映した。

********************************************************************************
10    フォレストコーポ、長野県上田市に初のモデルハウス 2012/2/2 日本経済新聞
********************************************************************************
 マンション・住宅建設のフォレストコーポレーション(長野県伊那市、小沢仁社長)は東信地域に進出する。上田市にモデルハウスを建設し、今春開設する。階段の踊り場の工夫などで家族の絆を感じられるつくりにしたほか、省エネにも配慮した。販売後の顧客支援を担う拠点としても活用し、2012年12月期の受注を2割弱増の100棟まで増やす目標だ。
 東信初となるモデルハウスを上田市内の住宅展示場に設ける。新設するのは建材の8割に長野県産木材を使う「工房信州の家」。12月末に着工しており、5月の大型連休までには開設する考えだ。販売後の顧客支援に携わる人員も配置する。

********************************************************************************
11    新庁舎とマンション一体開発 全国初、豊島区で着工 2012/2/2 日本経済新聞
********************************************************************************
 東京都豊島区で区役所の新庁舎とマンションを一体開発する全国初の工事が2日、始まった。区は対象地域に保有していた土地の権利変換と、移転後の現庁舎跡地の民間への貸し出しにより、新たな財政負担無しで建て替えを実現する。都内では高度成長期に建てられた自治体の庁舎が更新期を迎えており、今回のケースは今後の建て替えのモデルにもなりそうだ。
 開発する超高層複合ビルは地下鉄の東池袋駅と地下通路で直結する。高さは189メートルで地下3階地上49階建て。1階と3~9階部分が区の新庁舎、11~49階を住宅(約430戸)となる。住宅部分の一部は東京建物などが販売する。完成は2015年3月の予定だ。

********************************************************************************
12    東京都、街路樹5万本を診断 災害時の倒壊防ぐ 2012/2/2 日本経済新聞
********************************************************************************
 東京都は災害時の倒木を防ぐため、4月から主要幹線道路沿線にある街路樹の点検に乗り出す。5万本が対象で、必要に応じて植え替える。1960年代の高度経済成長期に植えられた樹木が多く、年月を経て傷んでいる例も多い。倒れると、救急車など緊急車両が通行できなくなってしまう恐れがある。首都直下地震に備えて、都市の防災機能を維持する。
 災害時に緊急車両が通ったり物資の運搬に使ったりする「特定緊急輸送道路」のうち、老朽化した街路樹の多い都道37路線(約630キロメートル)で点検する。環七通りや環八通りなど都内の主要道路が含まれる。

********************************************************************************
13    液状化被害の住民ら、三井不動産を賠償提訴 千葉・浦安 2012/2/2 日本経済新聞
********************************************************************************
 東日本大震災による液状化現象で住宅が傾き、不自由な生活を強いられたとして、千葉県浦安市の住民ら32人が2日、住宅を分譲した三井不動産などを相手取り、地盤改良工事費や住宅補修費、慰謝料など総額約7億円の損害賠償を求める訴えを東京地裁に起こした。
 訴えによると、問題の住宅は、浦安市の埋め立て地に建設された「パークシティ・タウンハウス3」。三井不動産が1981年に販売を開始し、原告らは2005年までに購入・相続したが、大震災に伴う敷地の液状化で地面が陥没。建物が傾き、給水・ガス管が破裂するなどの被害が出た。

********************************************************************************
14    住宅再建に最大565万円補助 岩手県12年度予算案   2012/2/6 朝日新聞
********************************************************************************
 岩手県は6日、東日本大震災で住宅を失った被災者が住宅を新築する際に、最大565万円を補助すると発表した。沿岸の被災地は持ち家が多いため、住宅再建の支援に力点を置き、2012年度予算案に被災者向け住宅関連で総額約273億円を盛り込んだ。
 住宅を新築する被災者には、住宅ローンの利子補給(最大135万円)▽バリアフリー化や県産材利用による補助(同130万円)▽宅地復旧費の補助(同200万円)を出す。さらに、市町村と共同で、被災者生活再建支援金(計300万円)の受給者に最大100万円を上乗せする。
 岩手県は震災で住宅が被災した1万8千世帯のうち、9千~9500世帯が自力で再建すると見込む。4千~5千世帯は公営住宅に入るとみて災害公営住宅の整備を始めるほか、被災者が入居する民間賃貸住宅の建設費も、5分の1~6分の1を補助する。達増拓也知事は「生活再建支援金だけでは足りないと国に要望していた。まずやれることをやる」と話している。

********************************************************************************
15    空き家再生、プロジェクト未来遺産に…日本ユネスコ    2012/2/6  読売新聞
********************************************************************************
 広島県のNPO法人「尾道空き家再生プロジェクト」(尾道市三軒家町、豊田雅子代表理事)の活動が、日本ユネスコ協会連盟(東京)の「プロジェクト未来遺産」に認定され、3日、尾道市久保の市公会堂別館で、登録証と応援金50万円の授与式が行われた。(布施勇如)
 空き家再生プロジェクトは2007年7月に発足し、会員は建築士や学生ら約150人。尾道市から「空き家バンク制度」事業の委託を受け、市街地の斜面を中心に、35軒で移住希望者の入居に関わった。他に13軒を改修し、共同住宅や交流の場に活用している。
 「未来遺産」は、危機に直面した地域の文化や自然を守る取り組みが対象で、「発足以来、短期間で大きな実績を挙げた」と評価された。今回は全国から33件の応募があり、10件が選ばれた。県内では、福山市のNPO法人「鞆まちづくり工房」に次いで2件目。
 豊田代表理事は授与式で「空き家に20~30歳代の人が住むようになり、赤ちゃんも次々と生まれている。坂の町全体が地域の遺産。移住者が受け継いでくれるのではという希望も見えてきた」と笑顔で語った。
 多くの人に空き家暮らしを体験してもらおうと、尾道市西土堂町の木造平屋をシャワー付きの「坂の家」として再生。基本料金1万5000円で1週間滞在でき、最初の利用者が関東から4日に訪れる。
 12、19、26日には、市内の貴重な建造物を見て回る「小学生のための尾道建築塾」を開く。いずれも午後2~4時。参加無料。問い合わせは同プロジェクト(080・6323・9921)。

********************************************************************************
16    首都直下地震の想定見直し、M8級も検討へ    2012/2/6  読売新聞
********************************************************************************
 内閣府は2012年度から、首都直下地震対策を見直し、関東大震災(1923年)のような相模トラフ沿いで起こるプレート境界型の巨大地震についても対策を検討する。
 13年春をめどに、震度分布や津波の高さの想定をまとめる。
 相模トラフ沿いのマグニチュード(M)8級地震は200~400年間隔で起こると考えられ、今後100年以内に発生する可能性が極めて低いことから、これまでは検討の対象外だった。しかし、東日本大震災が防災上の想定を超えた規模だったことを教訓に、考えられる最大規模の地震を対象に加えることにした。
 また、これまでの首都直下地震対策の対象である東京湾北部や立川断層などを震源とするM7級の18タイプの地震についても、最新の研究成果を踏まえ、被害想定を見直す。
 今年度まで続いている文部科学省の重点調査では、海のプレート(岩板)が陸のプレートの下に潜り込む深さが、従来の想定より5~10キロ浅いことなどが判明。これまでよりも震度の想定が大きくなる可能性がある。

********************************************************************************
17    反射板で蛍光灯の明るさ1.5倍に    2012/2/3  読売新聞
********************************************************************************
 住友スリーエム(東京都世田谷区)は、既存の蛍光灯に取り付けるだけで明るさを約1.5倍にできる金属製反射板=写真=の販売を始めた。
 簡単な節電方法として蛍光灯の間引きが実施される中、同社は消費電力を増やさずに照度を上げる技術を検討。独自の表面加工技術で、光の95%を反射できる板を開発した。2セットで1万2600円(3月まで1万80円)。

********************************************************************************
18    ダスキンのモップ金具で5人けが、部品交換へ    2012/2/2  読売新聞
********************************************************************************
 ダスキン(大阪府吹田市)は1日、レンタルしているフロアモップ「スタイルフロアLaLa(ララ)」の部品に不具合があり、静岡、埼玉両県内の計5人が、金具で指を切るけがをしたと発表した。
 いずれも軽傷という。昨年9月以降、全国に約76万本を出荷しており、2日以降、客に訪問や電話で注意を呼び掛け、順次部品を交換する。問い合わせはダスキンコールセンター(0120・100・100)。
 同社によると、部品の金具が数ミリ浮き出る場合があり、モップの交換時に指先などを切る恐れがあるという。

********************************************************************************
19    外資の水源地買収抑止へ、事前届け出制…埼玉    2012/2/8  読売新聞
********************************************************************************
 水源地周辺の土地が中国など外国資本に買収されるケースが全国で相次いでいることから、埼玉県は近く、土地取引の事前届け出制を柱とする水源地域保全条例案を県議会に提出する。
 成立すれば、都道府県としては全国初となる。外資による水源地域の買収事例が相次いで発覚した北海道も、同様の条例策定に向けて動いている。
 国土交通省と林野庁によると、中国など外資による森林買収は全国に広がりつつあり、2010年までの5年間で、北海道や長野県など5道県で計40件、約620ヘクタールの取引が確認された。
 埼玉県内では、外資による買収は確認されていないものの、東京都内で水道水として利用される荒川などの源流が森林地帯に多く存在する。秩父市などでは7事業者がミネラルウオーターを生産しているほか、寄居町などの山あいには全国的に名高い湧水もあり、県は、外資が土地買収を進める可能性があるとみて警戒してきた。

********************************************************************************
20    技研製作所、災害時にリースで堤防 杭再利用、コスト3割減    2012/2/8 日経産業新聞
********************************************************************************
 技研製作所は、災害時の復旧現場に堤防を貸し出す「リース堤防」のビジネスに乗り出した。独自の圧入技術で緊急堤防を迅速に構築し、本堤防が復旧した後は鋼管杭(くい)を撤去して再び使う方式で、杭を打ちっ放しの従来方式に比べてコストを最大で3割、工期も最大で2~3割削減できる。自治体などに売り込む。
 高潮や高波で既存の堤防が破れたり、損壊で機能が失われたりした場合、修復には長い時間がかかるため、二次災害を防止する緊急の仮設堤防が必要になる。リース堤防は本堤防が復旧するまでの必要な期間だけ堤防機能を代替する。

********************************************************************************
21    アキュラホームなど10社、低コストのエコシティ 東京・東大和、13年度完成へ    2012/2/8 日経産業新聞
********************************************************************************
 アキュラホームや東日本ハウスなど10社は、東京都東大和市に低コスト・省エネ型の住宅で構成する約4万5000平方メートルのエコシティを建設する。都営住宅の建て替えで生じた用地を70年の定期借地権付きで借り受けることで6月にも東京都と協定を締結。2012年度中に着工し、13年度の完成を目指す。
 エコシティを建設するのは住宅メーカーや工務店、ビルメンテナンス会社など10社で構成する企業連合体「東京ビレッジ」。東京都が進める「東大和市向原地区プロジェクト」の事業者として昨年12月に選定された。1.8万平方メートルの北地区と2.7万平方メートルの南地区に分けて住宅街を整備し、約190棟を建設する予定。

********************************************************************************
22    野村不、大泉学園駅前を再開発 27階マンション、12月着工  2012/2/8 日経産業新聞
********************************************************************************
 野村不動産は西武鉄道などと東京都練馬区の大泉学園駅前の再開発に着手する。27階建てのマンションが入るビルを建設し、歩行者用デッキで駅と直結する。総事業費は約140億円。すでに地権者などと再開発組合を設立した。12月に着工し、2015年3月の完成を目指す。
 小規模店舗や住宅が密集していた約8000平方メートルの敷地に、延べ床面積3万7600平方メートルのビルを新設する。地上5階以上をマンションとし、ファミリー向けの3LDKを中心に約170戸の住宅を整備。下層にはスーパーや飲食店などを誘致する方針。区民事務所、図書受取窓口等の公益施設も入る。

********************************************************************************
23    住友林業、スマートハウス発売 電力1日分賄う電池装備    2012/2/6 日経産業新聞
********************************************************************************
 住友林業は、12キロワット時の電気をためられる大容量蓄電池などを搭載した次世代省エネ住宅「スマートハウス」を発売したと発表した。一般家庭の1日の電力消費量は10キロワット時程度で、蓄電池だけで1日分の電力を確保できる。初年度300戸の販売を見込む。
 新商品は「スマートソラボ」。蓄電池はリチウムイオン電池で、日産自動車が電気自動車(EV)「リーフ」に搭載している電池と同品質のものを使う。リーフの車載電池の蓄電能力は24キロワット時だが、家庭向けに能力を半分にした。
 ほかに太陽光発電システムや、これらを統合管理する家庭内エネルギー管理システム(HEMS)を標準装備した。木造住宅で、間取りは個別に対応する。価格は3.3平方メートルあたり68万円から。

********************************************************************************
24    マンションの引き渡し、5500戸に 三菱地所が今期上方修正    2012/2/6  日経産業新聞
********************************************************************************
 三菱地所は3日、2012年3月期のマンションの引き渡し戸数が当初見通しよりも800戸増の5500戸に達するとの見通しを発表した。マンション購入者への引き渡し戸数は、その決算期の売上高に計上される戸数を示す。前期は6148戸だった。
 東日本大震災に伴う工期の遅れが想定よりも緩和し、600戸を今期中に引き渡せるようになった。さらに一部のマンションの戸数計上方法を変更したことに伴い200戸増えたという。

********************************************************************************
25    サービス付き高齢者用住宅、5年で3000戸 栃木県    2012/2/6  日経産業新聞
********************************************************************************
 【宇都宮】栃木県は安否確認や緊急時の通報機能などのサービスが付いた高齢者向け住宅を、2012年度からの5年間で3000戸に増やす方針を決めた。栃木県内でも高齢者人口の増大が予想され、県は特に単身の高齢者や夫婦のみの高齢者世帯が多くなるとみている。サービス付き高齢者向け住宅の事業主体は民間企業が中心となるため、地域経済の活性化にもつなげる狙いだ。
 県の「高齢者居住安定確保計画」の中で計画数が明記された。サービス付き住宅は民間業者らが整備する際に政府の補助金が受けられ、一般の賃貸住宅よりも家賃が割安なことが特徴。広さが原則25平方メートル以上で、段差のない床や浴室などへの手すりの設置などバリアフリー化が要件だ。11年度は県内に約220戸あるが、16年度までに段階的に3000戸まで増やす計画という。

********************************************************************************
26    長谷工、マンション住戸の設備からCO2排出を算出できるシステム    2012/2/2  日経産業新聞
********************************************************************************
 マンション施工大手の長谷工コーポレーションは1日、分譲マンション開発会社など向けに物件の住戸内の設備仕様に基づき、容易に二酸化炭素(CO2)排出量を算出できるシステムを開発したと発表した。開発会社が、新築物件の専有住戸の設備仕様を決める際に、給湯器や照明に省エネルギー型の製品を用いた場合にどの程度CO2削減効果があるかなどを検討しやすくする。
 物件の専有住戸の備え付け設備にどんな省エネ性能の照明や給湯器を用いるかや壁の断熱性能などの種類を入力。その住戸で家族4人で生活した場合などと仮定しながら、CO2排出量や光熱費を算出していく仕組みだ。その住戸で省エネ機器を採用しない場合のCO2排出量などと比較することで、省エネ機器を採用することによるCO2削減効果を予想できる。

********************************************************************************
27    環境配慮型コンクリ、マンションに初採用 鹿島、高強度を実現    2012/2/2  日経産業新聞
********************************************************************************
 鹿島は、製造過程で二酸化炭素(CO2)を吸収させる環境配慮型のコンクリートをマンション建築に初めて適用したと発表した。従来は舗装ブロックなど、必要な強度が比較的低い部分に使っていた。
 新型コンクリートにはCO2を吸収すると硬く緻密になる特殊な鉱物を使っている。このCO2吸収分と、石炭灰などを混ぜセメント使用量自体を減らした分で、1立方メートルあたり264キログラムのCO2削減効果があるという。一般的なコンクリートの製造時のCO2排出量は同259キログラム。

********************************************************************************
28    エイブルCHINTAI、社名「エイブル&パートナーズ」に    2012/2/2  日経産業新聞
********************************************************************************
 不動産賃貸仲介大手のエイブルCHINTAIホールディングス(HD)は1日、2日付で社名を「エイブル&パートナーズ」に変更すると発表した。社名変更により、「不動産仲介事業を通じて、自由なライフスタイルを消費者に提供する」という経営理念を浸透させる狙いだ。
 エイブルCHINTAIHDは2010年11月にエイブルとCHINTAIの共同持ち株会社として設立した。

カテゴリー: 住宅関連新聞記事 | コメントは受け付けていません。

住宅関連新聞記事ダイジェスト No.418  2012/1/26~2012/2/1

―*―*―* MENU *―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―
【日本経済新聞】
1  パナホーム、兵庫・大阪にスマートタウン
2  住宅着工、2年連続で増加 政策効果が後押し
3  板橋区、定期利用保育を支援 決まった日だけ預かり
4  11年の香港住宅購入額、2割が中国マネー
5  横須賀市、子育て世代に特典 金利優遇など
6  九州のマンション販売、昨年3.2%増 4年ぶりプラスに

【朝日新聞】
7  みなし仮設の確保重視 借り上げの指針作成へ
8  免震建物の可動部、大震災で3割損傷 

【読売新聞】
9  住宅着工2年連続増加、エコポイントなど効果
10  スマートコミュニティー 災害時の活用狙う
11  「木密」対策 東京都が特区
12  長周期の揺れ大丈夫?超高層ビル診断技術開発へ
13  車に頼らない街づくり…都市コンパクト化へ法案
14  東京タワー縮みます  2012/1/30 読売新聞
15  窓・浴槽に省エネ基準…建物の断熱性高める
16  「住宅エコポイント」復活 耐震改修も対象に
17  新・住宅エコポイント 申請受け付け開始

【日経産業新聞】
18  TOTOの今期、リフォーム事業売上高下方修正
19    住友不の分譲マンション、間取り選択13種 水回りなど
20    旭化成不動産レジデンス、横浜の旭化成社宅跡開発
21  パナソニック、太陽電池の新機種 住宅向け高性能品
22  YKKAP、内窓を閉めると自動施錠 引き手と錠を一体化
23  住友林業、タブレットで新サービス 更地上に外観イメージ
24  TOTOやノーリツなど4社共同、いわき市に展示場
25  CO2排出減の住宅認定制、大ガスなど第1号に
26  「見える化」省エネ効果検証 都市再生機構、賃貸住宅で
27  太陽光発電買い取り価格、4~6月は現行と同じ 経産省案
28  ミサワホーム、小屋裏活用の戸建てをネット販売
29  建設投資2.3%増、12年度予測 政府土木投資伸びる

―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―

 
********************************************************************************
1  パナホーム、兵庫・大阪にスマートタウン  2012/2/1 日本経済新聞
********************************************************************************
 パナホームは環境配慮型戸建て住宅を配置してまち全体でエネルギーの効率使用を目指す「スマートタウン」の開発に乗り出す。第1弾として3月に兵庫県と大阪府で計200戸超の分譲住宅を売り出す。グループ会社のパナソニックなどと共同で開発する大規模なスマートシティーなどとあわせ、環境対応事業の拡大を目指す。
 兵庫県のスマートタウンでは、ほぼすべての住宅に太陽電池や燃料電池、蓄電池を設置する。大阪府の分譲地は大手デベロッパーの野村不動産との共同開発で、100戸超のうちパナホームが販売する約半分をスマートハウスとして発売する。

********************************************************************************
2  住宅着工、2年連続で増加 政策効果が後押し  2012/1/31 日本経済新聞
********************************************************************************
 国土交通省は31日、2011年の新設住宅着工戸数が前年比2.6%増の83万4117戸になったと発表した。前年比プラスは2年連続。住宅ローンの金利優遇策などが個人の住宅購入を下支えした。
 地域別には、東京・埼玉・千葉・神奈川の首都圏が5.0%増と好調だった。都心部のマンションを中心に着工が増えた。ただ関西圏や中部圏は前年比マイナスにとどまった。

********************************************************************************
3  板橋区、定期利用保育を支援 決まった日だけ預かり  2012/1/30 日本経済新聞
********************************************************************************
 東京都板橋区は2012年度、毎週決まった日だけ未就学児童を預かる「定期利用保育」の支援事業を区内2カ所の保育所で始める。週に数日間だけ働くパートタイム労働者や求職中の親を主な対象とし、区が保育所に運営費を補助する。通常に比べ保育料を6~7割安く抑えられるとしている。
 定期利用保育はパートや求職中の親が短時間でも継続的に子どもを預けられるサービス。週3回、3時間など勤務時間に合わせ自由に設定できる。特定非営利活動法人(NPO法人)が運営する既存の保育所「おやこ舎“あやとり”」と「どんぐりのおうち」に運営費を補助する。保育所は1日あたり最大2200円で子どもを預かる。

********************************************************************************
4  11年の香港住宅購入額、2割が中国マネー  2012/1/29 日本経済新聞
********************************************************************************
 中国本土マネーが香港の住宅市場で存在感を高めている。香港の不動産仲介大手、美聯集団によると、2011年の香港での住宅購入額のうち、中国本土の個人名義が全体の19.2%を占め、10年の10.8%からほぼ倍増した。新築物件では全体の約4割に達した。中国本土での不動産投資への規制強化や人民元の上昇などを背景に、隣接する香港への資金流出が進んだ。
 新築物件の購入額に占める中国本土マネーの比率は11年に39.9%と、10年の26.3%から13.6ポイント上昇した。一方、中古住宅に占める比率は12.9%。10年から5.1ポイントの上昇にとどまり「新築志向」の強さが鮮明になった。

********************************************************************************
5  横須賀市、子育て世代に特典 金利優遇など  2012/1/27 日本経済新聞
********************************************************************************
 神奈川県横須賀市と横須賀商工会議所は3月中旬、金融機関など市内の事業者と協力して子育て世代への新たなサービスを始める。20~30代の市民などを対象として、ローン金利優遇や施設利用の割引などの特典を提供する。同市の人口は工場の閉鎖などで減少が続いており、住みやすい街づくりにつなげる。
 20~30代のほか、妊婦や18歳以下の子供の親が対象になる。専用サイト「すかりぶ」を通じて利用登録すると、携帯電話などにメールで登録証が送られてくる。この登録証を協力施設に提示すれば、3月中旬から特典が受けられる。利用登録は2月1日から始める。

********************************************************************************
6  九州のマンション販売、昨年3.2%増 4年ぶりプラスに  2012/1/26 日本経済新聞
********************************************************************************
 九州の分譲マンション販売が回復している。九州の住宅市場動向を調査している住宅流通新報社(福岡市)がまとめた2011年の九州7県のマンション市場動向によると、在庫、新規を合わせた販売戸数は6897戸と前の年に比べ3.2%増えた。増加は4年ぶり。08年のリーマン・ショック後に抱えた在庫の一掃にめどを付けたマンション開発会社が供給を再開したことに加え、国の住宅取得支援策や低金利が追い風になった。
 県別では最大の市場である福岡県の販売戸数が1.3%増の4566戸だったほか、鹿児島市中心部でのマンション開発が盛んな鹿児島県が10.6%増の594戸。ほかに佐賀、長崎、宮崎の各県で増えた。東日本大震災の直後は建材不足で販売が遅れる物件もあったが、11年4~6月期を底に販売戸数は回復した。
 新規供給戸数は25.4%増の6122戸。販売戸数同様に4年ぶりに増えた。「リーマン・ショック後の淘汰で力のある業者が残り、融資がしやすい」(地方銀行の融資部門)環境になっていることに加え、大量に抱えていた完成在庫を処分できた業者が開発を再開していることが背景だ。

********************************************************************************
7  みなし仮設の確保重視 借り上げの指針作成へ  2012/1/28 朝日新聞
********************************************************************************
 10万戸を超す仮設住宅が必要となった東日本大震災を受けて、国土交通省と厚生労働省は、プレハブの建設を中心にしてきたこれまでの仮設住宅の政策を転換し、民間の賃貸住宅を自治体が借り上げる「みなし仮設」の確保も重視していく方針を決めた。都道府県に対し、家賃などの指針を示し、不動産業界との事前協議を促す。
 東日本大震災では、プレハブや木造の仮設住宅が5万2千戸なのに対し、みなし仮設は6万6600戸に上っている。津波による浸水で仮設住宅の建設用地が不足したことに加え、東京電力福島第一原発事故で地元を離れる被災者も多かったためだ。
 被災者への仮設住宅の提供はこれまでプレハブなどの住宅建設を前提にしていたため、「みなし仮設」についての制度は具体的な整備が進んでいなかった。このため家賃の上限などをめぐる混乱も起きたという。

 
********************************************************************************
8  免震建物の可動部、大震災で3割損傷  2012/1/26 朝日新聞
********************************************************************************
 免震建物に取り付けられた可動部材の約3割が東日本大震災で損傷したことが、日本免震構造協会の調査でわかった。損傷で天井や壁に傷がついたり、けが人が出たりする恐れもあるうえ、設計通りに機能しないのは問題だとして、同協会は再発防止に向けた指針作りを検討する。26日に開かれる報告会で発表する。
 マンションなどでも普及し始めた免震ビルは、建物と基礎の間に揺れを吸収する層を作り、地盤の揺れが建物に伝わるのを抑える。
 同協会は、震災後から9月までアンケートを行い、追加調査を続けてきた。全国327の免震ビルで、免震装置の稼働状態などを尋ねた。いずれも、揺れを抑える効果は確認され、ビルの主要部は損傷しなかったが、28%にあたる90件で「損傷あり」と答え、可動部が設計通りに動かなかった。ほとんどが首都圏や宮城県だったが、震源から遠く離れた大阪府でも1件あった。全国に免震ビルは約2600あるが、大規模な地震後の調査は初めて。

********************************************************************************
9  住宅着工2年連続増加、エコポイントなど効果  2012/2/1 読売新聞
********************************************************************************
 国土交通省が31日発表した2011年の新設住宅着工戸数は、前年比2・6%増の83万4117戸と、2年連続で増加した。東日本大震災の被災地では落ち込んだが、住宅エコポイント制度などの政策効果で全体では80万戸台を維持した。
 内訳は、マンションなどの「分譲住宅」が16・2%増の23万4571戸、「持ち家」が0・1%増の30万5626戸、「貸家」が4・1%減の28万5832戸だった。被災地では、福島県が16・2%減と大幅に減少したほか、岩手県が6・3%減、宮城県が0・1%減だった。

********************************************************************************
10  スマートコミュニティー 災害時の活用狙う  2012/2/1 読売新聞
********************************************************************************
 経済産業省は、家庭やビルなど地域全体でエネルギーを効率的に活用する「スマートコミュニティー」の普及に向けた新たな方針案をまとめた。
 スマートコミュニティーはもともと二酸化炭素(CO2)の排出削減を目標にしていたが、これを見直し、東日本大震災の教訓からピーク時の電力消費を抑えたり、電源を分散させたりする災害対策への活用を大きな狙いとする。海外への売り込みを強化し、輸出にもつなげるべきだとしている。
 経産省は1日の次世代エネルギー・社会システム協議会で方針案を示し、各地の実証実験に反映させる。

********************************************************************************
11  「木密」対策 東京都が特区  2012/1/31 読売新聞
********************************************************************************
耐火建て替え助成上乗せ
 首都直下地震で大規模な火災被害の恐れがある木造住宅密集地域を解消するため、東京都は手厚い支援で住民に建て替えを促す「不燃化特区」制度を創設する方針を固めた。2月から23区を対象に先行実施地区を公募し、整備を加速させた上で、2013年度に本格スタートさせる。
 特区内では、耐火住宅に建て替えると助成金が上乗せされ、固定資産税や都市計画税などの減免措置が受けられるようになる。先行実施地区は区から整備計画の提案を受け、都が8月頃に3地区程度を選定する。
 都は11年度から、木造住宅の建て替えと、延焼を防ぐ道路整備を10年間で集中的に進める「木密(もくみつ)地域不燃化10年プロジェクト」に取り組んでいるが、不燃化は思うように進んでいない。このため、都は特区に指定することで不燃化を面的に進めたい考えだ。
 また、特区とは別に、木造住宅密集地域内に計画されている主要道路を「特定整備路線」に指定し、用地買収で移転する地権者らに優遇措置を講じる。木造住宅密集地域内に幅の広い道路を通せば、火災が起きても延焼を防ぐ「防火帯」や避難経路になる。

********************************************************************************
12  長周期の揺れ大丈夫?超高層ビル診断技術開発へ  2012/1/30 読売新聞
********************************************************************************
 大地震の際に高層建築を大きく揺らす長周期地震動対策として、文部科学省はビル内部の被害を予測し、建物の安全性を早期に診断する技術の研究開発を2012年度から始める。
 首都圏の超高層ビルや官公庁庁舎で、5年以内に診断システムの試験導入を目指す。
 長周期地震動は、震源から遠く、震度の小さい場所にも被害を及ぼす。
 東日本大震災では、震源から約800キロ離れ、周辺の震度が3だった大阪府の咲洲(さきしま)府庁舎(55階建て)が約10分間揺れ、最上階付近の振幅は最大約2・7メートルに達し、天井や壁面が損傷した。東京でも高層階で天井が破損したり、本棚が倒壊したりするなどの被害が報告された。高層建築の多い大都市では、建物の安全確認に時間がかかったり、長期間使用できなくなったりするなど、特有の弱点があることが明らかになった。

********************************************************************************
13  車に頼らない街づくり…都市コンパクト化へ法案  2012/1/30 読売新聞
********************************************************************************
 国土交通省は、都市をコンパクト化して環境に配慮した街づくりを自治体に促す新法を通常国会に提出する。
 病院や学校、商業施設などの都市機能を中心部に集約し、車に頼らない都市にすることで温室効果ガスの排出を抑える狙いだ。
 新法は「低炭素まちづくり促進法案」で、2012年度中の施行を目指す。新法で対象地域になると、省エネルギー基準を満たした住宅やビルの住宅ローン減税を拡大したり、事業費を補助したりするなどの優遇措置を設ける。震災復興を進める被災地や、人口の空洞化に悩む地方都市の活用を見込んでいる。
 対象地域に指定されるためには、自治体が、都市機能の集約化や建物の省エネ化などを盛り込んだ「低炭素まちづくり計画」を作成する。計画に沿って企業が省エネビルなどを建設すれば、国と地方で事業費の最大3分の2を補助する。大型商業施設に課している駐車場の設置義務も緩和し、複数の施設で共同駐車場を設けることも認める。

********************************************************************************
14  東京タワー縮みます  2012/1/30 読売新聞
********************************************************************************
震災復旧 年内は19メートル低く
 昨年3月の東日本大震災で曲がったままの状態となっている東京タワーの先端部(26日夜)=若杉和希撮影 高さ333メートルの東京タワー(東京都港区)が、改修工事で19メートル低くなることがわかった。昨年3月の東日本大震災で曲がった先端部分=写真=を解体して取り換えるためで、タワーを運営する日本電波塔では2012年末までに作業を終え、元の高さに戻すとしている。
 解体されるのは、すでに使用が終わった、テレビのアナログ放送用アンテナを取り付けた鉄製の支柱。震災の揺れでムチのようにしなり、先端から7メートルの部分が変形。曲がっている様子は地上から肉眼でも確認できるほどだ。作業は26日に始まり、足場を組み立てた後で4月以降、古い支柱を少しずつ切断し、ワイヤでつり下ろす。完成から50年以上がたち、老朽化も進んでいることから、地上270メートルより上部の耐震補強も行う。

********************************************************************************
15  窓・浴槽に省エネ基準…建物の断熱性高める  2012/1/27 読売新聞
********************************************************************************
 経済産業省の省エネルギー法改正に向けた素案がわかった。建物の断熱性を高めて省エネを促すため、建築材料についての性能目標(トップランナー制度)を導入する。
 トップランナー制度は、省エネの基準を市場に出回っている機器の中で最高水準の製品に合わせて設定する仕組みで、現在はエアコンなどの家電製品や自動車などで導入されている。対象を窓や断熱材、浴槽などに広げ、省エネ対策を進める。
 また、ピーク時の最大使用電力を抑制するため、電力会社に対しては、企業や家庭にきめ細かく電力使用量などの情報を提供することを求める。スマートメーター(次世代電力計)の普及と並行して、利用者が使用量を確認できる環境を整備する。電力使用量が確認しやすくなれば、時間帯別料金制度なども導入しやすくなる。

********************************************************************************
16  「住宅エコポイント」復活 耐震改修も対象に  2012/1/26 読売新聞
********************************************************************************
交換の中心 復興支援商品
 政府の「住宅エコポイント」制度が復活し、申請が25日始まりました。今回は東日本大震災を受けて、耐震改修にもポイントが発行されるのが特徴です。震災の復興支援のため、被災地の産品がポイント交換の対象となるなど、前回の制度と異なる点もあります。
 東京都内に住む会社員男性(35)は、引っ越し先の一戸建て住宅の大規模な改修工事を予定している。千葉県市川市に父が所有する空き家で、秋までに着工予定。当初は来年の工事を考えていたが、今年10月までに着工すれば、住宅エコポイントをもらえることから、前倒しすることにした。「ポイントは、東北の名産と交換するなどして少しでも被災地の力になりたい」と話す。
 築後約40年と古いため、断熱改修と合わせて耐震改修も行う。工事を請け負う工務店、ホームウェル市川大野(同市)代表の上田隆志さんは「震災以降、自宅の耐震性への意識が高まり、耐震改修の受注が相次いでいる」と話す。
 昨年までの前回の制度は、省エネ基準を満たしたエコ住宅を新築したり、窓や壁、床などの断熱改修を行ったりした場合、工事費にかかわらず、国の基準に沿った工事や製品にエコポイントが発行された。1ポイントあたり1円相当の商品などに交換できた。
 今回も主な仕組みは同じだが、耐震改修にもポイントが発行されるのが特徴だ。ポイントは、エコ住宅の新築で15万(被災地は30万)、「断熱改修」「バリアフリー」「省エネ設備の設置」合算で30万が上限。耐震改修は15万ポイントで、これを合わせた上限は45万ポイントとなるが、断熱改修と同時に行うことが条件となる。
 耐震改修でのポイント発行は、1981年5月以前に着工され、現行の耐震基準を満たさない住宅に限られる。申請には建築士の証明が必要。一般財団法人「住まいづくりナビセンター」のアドバイザーで一級建築士の青木千枝子さんは「東京都など多くの自治体が、耐震診断や改修について相談窓口を設けています。まずは自治体の窓口で相談を」と助言する。
 ポイントの使い方も一部変更された。〈1〉被災地の産品や製品〈2〉被災地の商業団体などが出す商品券〈3〉震災への義援金――といった、復興支援の商品が中心。前回は、大手スーパーのギフト券など、幅広い商品と交換できた。断熱改修と同時に行う内装などの追加工事や、環境に配慮した製品などもポイント交換の対象だが、復興支援以外には、もらったポイントの半分までしか充てられない。
 ポイントの申請が予算額(1446億円)に達した場合、期限前でも発行が終了するので気をつけたい。
 交換対象となる商品は、制度のホームページ(http://fukko-jutaku.eco-points.jp)で紹介されている。問い合わせは、住宅エコポイント事務局(0570・200・121)へ。

********************************************************************************
17  新・住宅エコポイント 申請受け付け開始  2012/1/26 読売新聞
********************************************************************************
新築1戸=15万ポイント
 政府は25日、新たな「住宅エコポイント」制度の申請受け付けを始めた。省エネルギー基準を満たした住宅を新築や改修した場合、商品と交換できるポイント(1ポイント=1円相当)を付与する制度で、交換商品には被災地のコメや魚介類などの特産品を加えた。
 新築は、1戸あたり15万ポイントだが、岩手、宮城、福島の3県など東日本大震災の被災地では、30万ポイントがもらえる。断熱などの改修では全国一律で最大30万ポイントがもらえるほか、同時に耐震改修を行えば、さらに15万ポイントが加わる。
 対象は、新築が2011年10月21日~12年10月31日の着工分、改修が11年11月21日~12年10月31日の工事着手分となっている。
 新制度は11年度第3次補正予算に計上された。

********************************************************************************
18  TOTOの今期、リフォーム事業売上高下方修正  2012/2/1 日経産業新聞
********************************************************************************
 TOTOは31日、東北地方で工務店などの人員不足により、2012年3月期のリフォーム事業の売上高が従来計画を60億円下回る2490億円にとどまるとの見通しを発表した。東日本大震災後、トイレや浴槽などを設置する工務店や水道工事会社は新築物件への対応に追われており、同社のリフォーム事業では工事の中断が発生しているという。
 12年3月期のリフォーム事業の売上高は前期比3%増の2550億円を見込んでいたが、今回の修正で前期並みにとどまる見込み。一方で、今期の新築向け売上高は前期比10%増の1238億円を見込んでいたが、同14%増の1289億円に上方修正した。

********************************************************************************
19  住友不の分譲マンション、間取り選択13種 水回りなど  2012/2/1 日経産業新聞
********************************************************************************
 住友不動産は31日、自社で開発・販売する分譲マンションで、購入者の住戸室内の間取り選びの自由度を高めた「セミオーダーメード」の取り組みを始めると発表した。これまで各物件では間仕切り壁をなくすといった2~3種類の選択だったが、水回りの位置変更を含め最大13種類に対応する。今後は東京23区内の物件や首都圏の大規模物物件(年間1千~2千戸規模)の開発・販売時に原則として採用する計画だという。
 商品企画名は「カスタムオーダーマンション」。完成前の物件の個別の住戸について購入者がキッチンやバスルームなど水回り設備の位置を含めて選べるようにする。3LDK想定の住戸を4LDKにするといった対応も可能になる。物件完成後も半年程度であれば、一部の間取り変更に対応できるという。セミオーダーメード方式の採用に際して住戸の販売価格を引き上げることはないとしている。

********************************************************************************
20  旭化成不動産レジデンス、横浜の旭化成社宅跡開発  2012/2/1 日経産業新聞
********************************************************************************
 旭化成不動産レジデンス(東京・新宿、渡辺衛男社長)は横浜市港南区の隣接する土地にマンションと戸建てを開発するプロジェクト「アトラス上大岡」の概要をまとめた。旭化成の社宅とグラウンドの跡地に分譲マンション「アトラス上大岡ヒルズ」と宅地分譲「アトラス上大岡ガーデン」を売り出す。
 同社がマンションと戸建てを同時に開発するのは首都圏では初めて。マンションは敷地面積が約8140平方メートル。鉄筋コンクリートの地上7階、地下1階建て。2LDKから4LDKの間取りで、最も多い販売価格帯は3200万円台。3月上旬から販売を始める。

********************************************************************************
21  パナソニック、太陽電池の新機種 住宅向け高性能品  2012/1/31 日経産業新聞
********************************************************************************
 パナソニックは30日、世界最高水準の発電量を持つ住宅用太陽電池の受注を3月8日から国内で始めると発表した。「HIT」と呼ぶ独自構造の高性能太陽電池の新機種で、太陽光から電気をつくる変換効率を従来より高めた。高性能品のラインアップを強化して受注を拡大、2012年度に太陽電池で国内シェア首位を目指す。
 投入するのは最大出力240ワットのHITの新機種。従来、国内で販売する同社製品では230ワットが最高だった。反射を抑えてより多くの太陽光を取り込める技術などを採用。パネルの変換効率を18・7%と従来よりも0・8ポイント高めた。年間発電量も約5%増え、世界最高水準という。

********************************************************************************
22  YKKAP、内窓を閉めると自動施錠 引き手と錠を一体化  2012/1/31 日経産業新聞
********************************************************************************
 YKKAPは30日、内窓「プラマードU」で窓を開け閉めすると自動で施錠・解錠できる「戸先錠仕様」を追加発売したと発表した。窓の引き手と錠を一体化したことで、解錠・施錠の手間を省ける。同社の窓リフォーム店「MADOショップ」で同日に先行発売し、4月から全国の工務店などで正式に売り出す。2013年3月期に25億円の売上高を目指す。
 室内の断熱性や遮音性を高めるために既存窓の内側に取り付けて二重窓にする内窓を改良した。一般的な内窓は中央部に錠があり開閉後の施錠・解錠が必要だが、新製品では窓を開け閉めするだけで施錠・解錠できる。

********************************************************************************
23  住友林業、タブレットで新サービス 更地上に外観イメージ  2012/1/31 日経産業新聞
********************************************************************************
 住友林業は30日、2月上旬をめどに注文住宅の営業現場でタブレット端末を使った新しいサービスを始めると発表した。更地の画像の上に立体画像で建物の外観イメージを重ね合わせ、建設後のイメージを顧客に伝える。更地に合う間取りを選べる機能なども用意した。全国の営業拠点にまず100台配備しその後、台数を増やす。
 端末には3つの機能を準備した。建物外観の立体画像はあらかじめ約100パターンを用意。外観を上下左右から見られる。屋根や壁の色のほか門扉、植栽など細かな条件変更も可能だ。

********************************************************************************
24  TOTOやノーリツなど4社共同、いわき市に展示場  2012/1/27 日経産業新聞
********************************************************************************
 TOTO、大建工業、YKKAP、ノーリツの4社は福島県いわき市に共同ショールームを2月11日に開設する。投資額は約1億円。水回り製品やドア、給湯器や太陽光発電システムをまとめて展示する。東日本大震災を受けて東北地方では新築やリフォームの需要が高まっており、ショールームの新設により住設機器の販売拡大につなげる考えだ。
 新たに開設するショールームは面積が90坪(約297平方メートル)。TOTOのトイレや浴室、大建工業の床材、YKKAPの窓や玄関ドア、ノーリツの太陽光発電システムや給湯器を一括販売する。共同開設により開設時の投資額や維持費も抑えられるという。

********************************************************************************
25  CO2排出減の住宅認定制、大ガスなど第1号に  2012/1/27 日経産業新聞
********************************************************************************
 大阪ガスは、積水ハウスと共同研究している実験住宅が二酸化炭素(CO2)排出削減で住宅認定制度の第1号に選ばれたと発表した。「ライフサイクルカーボンマイナス(LCCM)住宅認定」と呼ぶ新制度で、建築時から居住、解体時までに排出するCO2が少ない点を評価された。
 新制度は財団法人の建築環境・省エネルギー機構が新築一戸建て(完成から3年以内)を対象に認定する。実験住宅は2010年12月に奈良県王寺町で竣工した積水ハウスの「グリーンファースト」。燃料電池や蓄電池、太陽電池を設置し、大ガスの社員家族が居住しながらエネルギー使用状況などを検証している。

********************************************************************************
26  「見える化」省エネ効果検証 都市再生機構、賃貸住宅で  2012/1/27 日経産業新聞
********************************************************************************
 都市再生機構(UR)は3月から、横浜市内のマンションで入居世帯にエネルギー使用状況の情報を配信し、「見える化」が省エネ行動にどんな影響をもたらすかを調べる実証実験を始めると発表した。
 東京ガスも家庭内エネルギー管理システム(HEMS)の開発などで協力する。
 実験は同市内で官民が進めているスマートシティ(環境配慮型都市)プロジェクトの一環。今春改装が完了する賃貸マンション「シャレール海岸通」内の130戸程度を対象に、2013年12月まで実施する。

********************************************************************************
27  太陽光発電買い取り価格、4~6月は現行と同じ 経産省案  2012/1/26 日経産業新聞
********************************************************************************
 経済産業省は25日、家庭の太陽光発電から余った電力を買い取る制度に基づく買い取り価格の案を発表した。4~6月の余剰電力買い取り価格を現行と同じ1キロワット時あたり42円にする。2月下旬まで実施するパブリックコメント(一般からの意見公募)で集まった意見を踏まえ、決定する。
 7月1日から風力発電などにも買い取り対象を広げる再生可能エネルギーの全量買い取り制度がスタートすることから、適用期間が短い。同省は「新制度との混乱を避けるため(現行価格を)延長適用する価格案にした」としている。

********************************************************************************
28  ミサワホーム、小屋裏活用の戸建てをネット販売  2012/1/26 日経産業新聞
********************************************************************************
 ミサワホームは小屋裏スペースのある2階建ての戸建て住宅「自由空間 LOFT」を発売した。小屋裏スペースをロフトやスカイバルコニーなどに有効活用できるのが特徴。同社のインターネットのサイト「MISAWA WEB DIRECT(ミサワ・ウェブ・ダイレクト)」を通じて販売する。
 新商品は小屋裏スペースをロフトにするかスカイバルコニーなどに活用するかを選択できる。2階の吹き抜けに面した部分には子供が勉強できる「スタディーコーナー」として机を用意するなど、家族の絆を重視した。太陽光発電システムなど省エネにもしている。新商品は北海道や沖縄、雪の多い地域を除く全国で販売する。3.3平方メートルあたりの価格は51万3000円から。

********************************************************************************
29  建設投資2.3%増、12年度予測 政府土木投資伸びる  2012/1/26 日経産業新聞
********************************************************************************
 建設経済研究所は25日、2012年度の建設投資が11年度見通し額よりも2.3%増加し、44兆8300億円になるとの予測を発表した。政府の12年度予算案、住宅着工戸数の推移などを分析した結果、昨年10月時点の予測よりも建設投資の伸びは小幅にとどまると判断している。東日本大震災の被災地での住宅着工の遅れ、円高などが懸念材料とみている。
 政府建設投資は0.7%増の18兆4400億円になる見通し。東日本大震災復興特別会計の創設などにより、公共事業が増える。11年度第3次補正予算に盛り込まれた公共事業の一部が12年度の執行になる影響もあり、政府建設投資が拡大する。公共事業の大半は土木工事。道路や港湾などを整備する政府土木投資が伸びる。

カテゴリー: 住宅関連新聞記事 | コメントは受け付けていません。

住宅関連新聞記事ダイジェスト No.417  2012/1/19~2012/1/25

―*―*―* MENU *―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―
【日本経済新聞】
1  新住宅エコポイント、25日から受け付け開始
2  大和ハウス、都市部の狭小地向け3階建て住宅 間取り自由度を向上
3  汚染石問題で建材業界団体に調査要請 経産省
4  不動産経済研、12月の首都圏マンション発売戸数を8.5%増に修正
5  放射線量測定、家庭向け出張サービス ALSOK、1都4県で
6  杉並区、荻窪駅前の再開発へ動く 集客の核に
7  11年の首都圏マンション分譲価格2.9%下落 首都圏平均4578万円
8  広島市中心部で大型マンション開発相次ぐ

【朝日新聞】
9  汚染コンクリ問題、瓦や畳など住宅建材も調査へ
10  消費増税「住宅減免したい」

【読売新聞】
11  仙台にスマートシティ
12  スカイツリーの落雪原因究明へ
13  2日で建てる木造仮設住宅
14  都市機能を集約し低炭素化…国交省が新法提出へ
15  ホンダが「スマートハウス」実証実験
16  節電と温暖化対策兼ねる「薪ストーブ」に脚光
17  高層住宅の地震時、火の始末は後で…東京消防庁
18  らせん状の手すり開発 階段の上り下り、楽に

【日経産業新聞】
19  三協立山、高さ最高3メートルの公共施設向け門扉
20  伊藤忠都市開発、太陽光・蓄電池で井戸ポンプ稼働する防災・エコ型マンション
21  光熱費減に投資「半分なら」6割 LIXIL住宅研調べ
22  スターツ、東京のJR小岩駅前再開発 超高層マンション建設
23  カナディアン・ソーラーの太陽電池、塩害耐性で国際認証
24  タンクレス一体型トイレ、割安部材・量産で半額 パナソニック
25  三井不系マンション、関西でも省エネ装備 LEDや可視化
26  エコキュート、省エネ性能向上 日立アプライアンス

―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―

 
********************************************************************************
1  新住宅エコポイント、25日から受け付け開始  2012/1/24 日本経済新聞
********************************************************************************
 国土交通省は25日から、住宅を新築・改修した人に商品と交換できるポイントを与える新たな「住宅エコポイント」の申請を受け付ける。新築の場合、2011年10月21日以降に着工した物件が対象となる。日本経済の先行きに不透明感が漂うなかで、低迷する住宅投資を下支えする狙いがある。
 新制度では、新築の際のポイントを旧制度の半分の15万ポイント(1ポイント=1円)に減らし、耐震改修も対象に加えた。ただ東日本大震災の被害が特に大きい岩手、宮城、福島県などは倍の30万ポイントとしている。ポイントと交換できる商品の対象には、被災地の農産物などを加え、震災からの復興にも役立てる。

********************************************************************************
2  大和ハウス、都市部の狭小地向け3階建て住宅 間取り自由度を向上  2012/1/24 日本経済新聞
********************************************************************************
 大和ハウス工業は、設計プランの自由度を高め、都市部の狭い敷地を最大限に活用できる3階建て住宅の新商品「xevo 03(ジーヴォ・ゼロサン)」を2月3日に発売する。
 1階の柱幅を従来の3階建て商品より20ミリ拡大、1階の外壁部の耐力壁は2重にするなど耐震性を強化した。耐力が向上した分、室内の柱や壁を減らすことができ、狭い敷地でも間取りの自由度を高めた。開口部も大きくとれるため、都市部に多く見られる間口が狭く細長い形状をした敷地でも、大きな窓をとることが可能という。〔日経QUICKニュース〕

********************************************************************************
3  汚染石問題で建材業界団体に調査要請 経産省  2012/1/24 日本経済新聞
********************************************************************************
 福島県二本松市のマンション室内で高い放射線量が測定された問題を受け、経済産業省は24日、コンクリート製品や住宅建材などの業界団体に対し、出荷製品の汚染状況を調査するよう要請した。
 同省などは、計画的避難区域などで東京電力福島第1原子力発電所事故後に操業していた砕石業者などの石や砂利の汚染や流通状況を調査しているが、ブロックなどのコンクリート製品のほか、壁などに使うボードや瓦、畳などの住宅建材にも調査対象を拡大し、再発や風評被害の防止につなげたい考え。

********************************************************************************
4  不動産経済研、12月の首都圏マンション発売戸数を8.5%増に修正  2012/1/23 日本経済新聞
********************************************************************************
 不動産経済研究所(東京・新宿)は23日、2011年12月の首都圏の新築マンション発売戸数を前年同月比8.5%増の8017戸に修正すると発表した。19日の発表では8.4%増の8012戸としていたが、5戸多いことが分かったという。これに伴い、11年年間の発売戸数を10年比0.1%減の4万4499戸(修正前は0.1%減の4万4494戸)へ修正した。
 12月の契約戸数は6324戸と修正前より4戸増える一方、月間契約率(78.9%)や1戸当たりの平均価格(4582万円)の変更はない。〔日経QUICKニュース〕

********************************************************************************
5  放射線量測定、家庭向け出張サービス ALSOK、1都4県で  2012/1/21 日本経済新聞
********************************************************************************
 綜合警備保障(ALSOK)は2月15日、放射線量の出張測定サービスを始める。東京・神奈川・埼玉・千葉・茨城の1都4県で警備契約を結ぶ顧客を対象に、同社の社員が自宅を訪問して測定する。福島第1原子力発電所の事故以降放射性物質への不安が高まっていることを踏まえ、警備サービスの付加価値を高める。
 0.001マイクロシーベルト単位まで測れる機器「環境放射線モニタ Radi」を使って、1時間あたりのガンマ線の被曝(ひばく)量を測る。顧客が測定を希望する自宅の敷地内3カ所を測定。結果に応じ、継続的に測定することを促したり、公的機関による再測定を勧めたりする。
 対象地域は順次拡大する予定。当面の利用状況をみて、警備契約を結ぶ顧客以外にも対象を広げる。価格は1回あたり3カ所の測定で3150円。1カ所追加するごとに525円を取る。年間3000件の利用を目指す。

********************************************************************************
6  杉並区、荻窪駅前の再開発へ動く 集客の核に  2012/1/20 日本経済新聞
********************************************************************************
 東京都杉並区はJR荻窪駅周辺の再開発に乗り出す。2012年度にも住民などとまちづくり組織を立ち上げる。5月をメドに産業振興課を大型オフィスビルに移転、東京商工会議所杉並支部など地元の経済3団体も事務所をビルに移して中小企業の利用促進とにぎわい創出を狙う。官民で区中心部である同駅周辺の魅力づくりと流通やサービスなど幅広い産業の育成を目指す。
 駅周辺再開発について区は11年度に聞き取り調査した。昨年12月に策定した12年度からの総合計画に盛り込み、今後10年以内に着手する方針で「荻窪まちづくり会議」(仮称)を設立する。商店街活性化や企業集積など街の課題や再開発の中身を詰めるとともに、駅周辺の調査を本格化する。
 現在、東京メトロ南阿佐ケ谷駅周辺の区役所内にある産業振興課をJR荻窪駅近くの地上18階建ての大型オフィスビルの1フロア(約1000平方メートル)に移転する。同課のスペースは約170平方メートルになる見通し。移転に伴い約50人いる職員も若干増員する。同じフロアに東京商工会議所杉並支部、杉並産業協会、杉並区商店会連合会の事務所も入る。共通の会議室や相談室を設置する。

********************************************************************************
7  11年の首都圏マンション分譲価格2.9%下落 首都圏平均4578万円  2012/1/19 日本経済新聞
********************************************************************************
 不動産経済研究所(東京・新宿)が19日発表した2011年の首都圏マンション市場動向によると、分譲価格は平均で4578万円と、前年に比べ2.9%下落した。前年を下回るのは2年ぶり。供給が大幅に減った千葉県を除く全エリアで値下がりした。東京都の都区部以外の地域は7.2%下げ、下落率が最も大きかった。
 同研究所の福田秋生取締役は「港区や世田谷区、武蔵野市といった高額エリアで大型物件の供給が少なかったほか、分譲価格を抑えるために専有面積を縮小する傾向があった」と指摘した。12年についても「土地コストなどは上昇するとみられるが、顧客離れを避けるために価格抑制の動きが続きそうだ」とみている。〔日経QUICKニュース〕

********************************************************************************
8  広島市中心部で大型マンション開発相次ぐ  2012/1/19 日本経済新聞
********************************************************************************
 広島市の中心部で大型の分譲マンションの開発が相次いでいる。三菱地所レジデンスやホテル運営のレガロホテルシステム(広島市)は広島駅前に高層物件を計画、広島電鉄は中心部でほぼ10年ぶりに建設する。マイカーを持たない高齢者らにとって、公共交通が便利な中心街のほうが郊外より住宅の需要が見込めると判断した。
 三菱地所レジデンスは広島駅から徒歩8分の場所に地上19階、総戸数108戸の「ザ・パークハウス広島駅前通り」を建設する。2013年11月に完成予定。百貨店や商業施設が集まる八丁堀にも近い。
 広島県内でのマンション開発は主に広島郊外が多かったが「徒歩圏で買い物ができるコンパクトな物件を求める高齢者が都市で拡大する」(松下英司広島支店長)。高齢者や若い夫婦向けの2LDKを中心とする。昨年12月には広島駅近くに同様のマンションを完成させた。

********************************************************************************
9  汚染コンクリ問題、瓦や畳など住宅建材も調査へ  2012/1/23 朝日新聞
********************************************************************************
 東京電力福島第一原発事故で出た放射性物質に汚染されたコンクリートが福島県二本松市のマンション工事に使われた問題をふまえ、経済産業省は、ブロックなどのコンクリ製品や住宅建材などについても汚染が疑われる状況がないか調査する方針を決めた。近く、各業界団体に対し、業者の製造や保管の状況を確認するよう要請する。
 今回の問題では、原発事故の計画的避難区域である福島県浪江町の砕石場の石が事故後、区域設定まで、同県内の生コン会社や建設会社などに出荷されていた。
 経産省と県は、避難区域などで事故後に操業していた採石・砕石業者の石や砂利の流通状況を調査している。これに加えて、コンクリ製品や建材についても汚染の恐れがないか調べることにした。
 対象は、ブロックや土管、壁などに使うボードなどのコンクリ製品のほか、瓦や畳などの住宅建材で、関係する業界団体に調査を要請する。各避難区域やその周辺の工場、倉庫などの稼働状況▽事故以降、原材料・製品を屋外に保管していなかったか▽各避難区域などの業者から原材料・製品を購入していないか――などを確認してもらう。

********************************************************************************
10  消費増税「住宅減免したい」  2012/1/21 朝日新聞
********************************************************************************
 財務省は21日、「社会保障と税の一体改革」の地方説明会を始めた。仙台市の会場では、消費増税の住宅購入への影響を心配する声が上がり、安住淳財務相が終了後に「減免措置をしたい」と報道陣に述べた。
 説明会の対象は、各地の経済団体。21日は札幌、大阪、静岡の各市でも開いた。高額のため消費税額もかさむ住宅の負担軽減策は、政府・与党が今月まとめた改革の素案に「検討する」と書かれている。安住財務相の発言は、増税では国民に一定の配慮をすることを強調したものだ。
 説明会で安住財務相は、少子高齢化と財政の悪化ぶりを説明。「消費税引き上げには抵抗があると承知しているが、若い世代だけに負担をお願いしても社会保障を支えられない」と話した。さらに、「理屈で分かることと、気持ちで分かることが違うことも知っている。政治改革と行財政改革をしっかりやるので(増税を)認めて頂けるようお願いしたい」と訴えた。
 説明会は今月28日に福岡、さいたま、熊本、名古屋、2月4日に横浜、新潟、高松の各市でも開く。

********************************************************************************
11  仙台にスマートシティ  2012/1/25 読売新聞
********************************************************************************
IT活用し環境負荷軽減 荒井東地区を予定
 仙台市若林区の荒井東地区で、同市や日立製作所、NTTグループ4社、東北大、地元の荒井東土地区画整理組合などが情報技術(IT)を活用した環境負荷の少ない街「スマートシティ」構想の実現に向けた検討に入ったことが分かった。
 25日に関係者が集まり、構想の具体化に向けて話し合う。同地区付近で2015年度に予定している地下鉄東西線の開業に合わせ、実現を目指す。
 構想では、同地区にメガソーラー(大規模太陽光発電所)を設置し、病院など公的機関に電気を供給するほか、都市ガスを使って発電し、廃熱を住宅などの空調に利用するコージェネレーション(熱電併給)設備を導入したり、パソコンやスマートフォンなどを活用して住民の安否確認などができるシステムを構築したりすることなども検討している。事業費は数百億円規模になる見込み。
 同地区は、沿岸部で被災した住民の集団移転先として準備している場所で、東西線荒井駅(仮称)から南側にある約34ヘクタールの土地区画整理事業用地。復興公営住宅など1600戸の住宅が建設される計画だ。
 協議には、日立製作所や持ち株会社のNTT、NTTドコモ、NTT東日本、NTTファシリティーズ、荒井東土地区画整理組合の関係者らで作る「アライグリーンシティ構想協議会」などが参加する。日立製作所は「情報通信や社会インフラなどのノウハウを生かし、復興とまちづくりに貢献したい」としている。

********************************************************************************
12  スカイツリーの落雪原因究明へ  2012/1/25 読売新聞
********************************************************************************
 鉄骨に雪が付着しにくい撥水(はっすい)性の高い塗装がされ、展望台の屋根の周囲に落雪防止のついたても取り付けられているが、昨冬にツリーからの落雪が確認されたため、今冬からは展望台の外壁と下部に、雪が付着しないよう凍結防止用のヒーターを張り巡らせたばかり。事業主体の東武タワースカイツリー社は、日本気象協会にこれまでの落雪状況のデータ分析を依頼、落雪が起きやすい状態を検証する。

********************************************************************************
13  2日で建てる木造仮設住宅  2012/1/25 読売新聞
********************************************************************************
 東日本大震災で仮設住宅が不足したのを受け、高知県建築設計監理協会が、組み立てが簡単な木造仮設住宅を開発した。日曜大工経験者が10人で作業すれば最短2日で完成でき、プレハブの数週間から大幅な工期短縮を実現。協会は「改良して実用化し、防災の一つとして加工ノウハウを提供したい」としている。(升田祥太朗)
 「土佐の木の家」と名付けた約30平方メートルの2DK(4畳半2間、台所、トイレ、風呂)で、一般的な仮設住宅とほぼ同じ。建材は最大でも21センチ×10・5センチ、長さ4メートルで、1棟分を4トントラック1台で運搬可能にしている。
 従来の鉄骨プレハブの仮設住宅は、建材の加工・成型に時間がかかり、組み立ての作業員を確保する必要があり、震災でも建設が思うように進まなかった。
 南海地震に備え、協会は森林面積が84%という高知県の特徴が生かせ、木材加工工場が無事なら調達が容易な木に着目。協会員15人が昨年4月から設計を進めてきた。
 協会は昨年10月、津波で活動拠点を失った岩手県宮古市のヨット愛好家らでつくるNPO法人「いわてマリンフィールド」(橋本久夫理事長)に、試作品1棟を寄贈。現地ではメンバーや高校生ら約20人が2日間で完成させ、現在はヨットハーバーの仮設クラブハウスとして利用されている。
 作業に加わった同県立宮古高3年小林竜成さん(18)は「大工作業は初めてだったが、けがの心配もなく思っていた以上に簡単だった」と話す。
 その後、「暖かい」という感謝の声がある一方、床が傷つきやすいなどの欠点も判明。協会は2月2日午後1時半から、高知市の県中小企業会館で報告会(定員40人。入場無料)を開き、改良点などを説明する。
 協会の大原泰輔理事は「南海地震が想定される地域は山林が多い。県外との交通網が寸断されても、県内で材料を調達できる。木のぬくもりで被災者のストレスも緩和されるのでは」と話している。

********************************************************************************
14  都市機能を集約し低炭素化…国交省が新法提出へ  2012/1/24 読売新聞
********************************************************************************
 国土交通省は、都市をコンパクト化して環境に配慮した街づくりを自治体に促すため、新法を通常国会に提出する。
 病院や学校、商業施設などの都市機能を中心部に集約し、車に頼らない都市にすることで温室効果ガスの排出を抑える狙いだ。
 新法で対象になった地域では、省エネルギー基準を満たした住宅やビルに、住宅ローン減税を拡大したり、事業費を補助したりするなどの優遇措置を設ける。
 新法は「低炭素まちづくり促進法案」で、2012年度中の施行を目指す。
 新法に指定されるには、自治体が、都市機能の集約化や建物の省エネ化などを盛り込んだ「低炭素まちづくり計画」を作成する必要がある。計画に沿って、企業が省エネビルなどを建設すれば、国と地方で事業費の最大3分の2を補助する。震災復興を進める被災地や、空洞化に悩む地方都市で活用されることを見込んでいる。大型商業施設に課せられている駐車場の設置義務も緩和し、複数の施設で共同駐車場を設けることも認める。

********************************************************************************
15  ホンダが「スマートハウス」実証実験  2012/1/23 読売新聞
********************************************************************************
さいたまにモデル住宅
  ホンダが今春、さいたま市で太陽光などの再生可能エネルギーを効率よく使う「スマートハウス」の実証実験を始める。同市桜区に完成するモデル住宅で社員が実際に生活し、消費電力量などのデータを収集する。2015年をめどにシステムの事業化を目指す。
 ホンダのスマートハウスは、太陽光パネル、電気と熱を同時に供給するコージェネレーションシステムを使う。災害時などの停電を想定し、電気自動車(EV)から電力供給も受けられる。自動車メーカーが、自社で製造したエネルギー関連製品を活用するのが特徴だ。
 スマートフォン(高機能携帯電話)やタブレット端末を使い、家庭内の電力使用量などが即時に把握できる機能も導入。冷房使用で電力消費が多い夏場には、自動的にほかの家電製品の使用を抑えるシステムも構築するという。
 都心に近いさいたま市で実際に社員が暮らし、快適に過ごせるかどうかを調べる点もユニークだ。エネルギーの消費量が制御できても、「不便さ」を感じる例があるためだ。
 また、同市はEVや環境対応型住宅の普及を進める「次世代自動車・スマートエネルギー特区」の認定を受けており、ホンダの実証実験にも協力していく。
 スマートハウスは、東日本大震災後の電力不足でより現実的になった。パナソニックは、神奈川県藤沢市で住宅全1000戸に太陽光発電や蓄電池を取り付ける住宅を建設する。三井不動産は、千葉県柏市で街全体のエネルギー需給の管理を目指すなど、各社が本腰を入れている。
 これまでは、発電機や電力設備などの重電、IT(情報技術)の両メーカーが中心だったが、日産自動車がEVで住宅の電力を賄うシステムの開発を進めるなど、最近は自動車メーカーの参入も目立つ。
 今後について、重電業界に詳しいSMBC日興証券の嶋田幸彦氏は、「電力会社が中心だったエネルギー供給のあり方が変わる中、エネルギーを効率的に活用する技術開発が進む。成長余地は大きい分野」とみている。

********************************************************************************
16  節電と温暖化対策兼ねる「薪ストーブ」に脚光  2012/1/22 読売新聞
********************************************************************************
 大震災を受けて注文が増えている薪ストーブ(山形市桧町の「ファイヤーライフ山形」で) 東日本大震災での停電の経験や、福島第一原発事故による節電意識の高まりを受け、山形県内で薪(まき)ストーブの需要が急増している。
 山形市が独自に実施している購入補助には申請が殺到し、既に今年度の受付を終了。販売店でも昨年は、前年の約2倍の注文が舞い込んだという。
 薪ストーブは、燃焼に伴って二酸化炭素が発生するが、燃料となる樹木が成長過程で逆に二酸化炭素を多く吸収しているため、地球温暖化対策に役立つ暖房として注目が集まっている。
 山形市では2007年度からペレットストーブの購入補助制度を設けているが、10年度からは薪ストーブも追加。10万円を上限に本体の購入費用や取り付け経費の3分の1を補助している。
 例年は、夏頃から徐々に補助申請が増えるが、今年度は春先から殺到。昨年7月までに薪ストーブの補助に24件の申請があり、予定件数に達したため、急きょ受け付けを打ち切った。現在でも「補助制度を継続するか」などの問い合わせが相次いでおり、担当する市森林整備課では「新年度も予算を確保したい」とする。
 同課によると、震災で停電になった際、ファンヒーターなど電源が必要な暖房器具が機能しなかったため、手作業で着火できる薪ストーブの人気が上昇。原発事故を受けた節電意識の広がりも後押ししているという。
 県内では、真室川町と最上町でも購入補助制度があり、いずれも好評という。
 山形市桧町の薪ストーブ専門店「ファイヤーライフ山形」では昨年1年間で、前年の約2倍の55台を販売。特に、震災後の4月以降に注文が急増したという。
 同店の長岡一美・薪ストーブアドバイザーは、「薪燃料は電気、灯油に次ぐライフラインの分散化を目的に選ぶ人が多い」と話す。
 薪ストーブを購入した鶴岡市三瀬の男性(68)は「震災を受け、家庭でできる節電を考えた」と話す。設置費用は約80万円に上ったが、「山で薪を集めれば燃料代を浮かせられる」と話す。
 薪ストーブ販売店では燃料の薪も販売しているが、店から遠い郊外では、薪の確保が課題となっている。
 そこで高畠町では今年度から、「薪ストーブ友の会」の運営を始めた。木材の提供者から連絡を受けた町が、登録会員に情報をメールで送信する仕組みで、提供者は木材の処理費用がかからず、会員も無料で燃料を確保できるメリットがある。これまで31件の情報が寄せられるなど好評という。

********************************************************************************
17  高層住宅の地震時、火の始末は後で…東京消防庁  2012/1/20 読売新聞
********************************************************************************
 東日本大震災の際、東京都内のマンションの11階以上の高層階では、半数近くで家具や家電製品が転倒するなどしていたことが、東京消防庁の調査でわかった。
 高層階で揺れが増幅する「長周期地震動」の影響とみられ、あわてて火を消そうと動けば、家具などの下敷きになるおそれもあるという。同庁は、地震時の行動に関する規範を改定。高層階では「地震が来たらまず火を消す」という意識を変え、揺れが収まるまでは机の下などに避難するよう呼びかけている。
 調査は昨年7月に実施され、都内のマンションなど1206世帯とビルなどの1224事業所を対象に、震災による家具や機器の転倒の有無などを質問した。
 その結果、マンションで家具や家電が転倒や落下、大きく移動したのは、1~2階では17%だったのに対し、11階以上では47%に上った。商業ビルでも、コピー機などの事務機器が揺れによって60センチ以上移動したケースは、1~2階では4・6%だったが、11階以上では13%に達し、長くゆっくりと揺れる長周期地震動が原因とみられるという。
 長周期地震動は、震源から離れていても弱まらずに伝わるのが特徴で、周期が建物の振動と重なると、揺れが増幅する。この間にガスなどを消そうとすれば、倒れた家具などの下敷きになるおそれがある。

********************************************************************************
18  らせん状の手すり開発 階段の上り下り、楽に  2012/1/20 読売新聞
********************************************************************************
 らせん状の手すりをつかむ福田教授 佐世保高専と手すりの開発・販売会社「プロハンド・ジャパン」(ともに長崎県佐世保市)は19日、らせん状の手すりを共同開発したと発表した。従来の手すりよりもつかまりやすく、楽に階段の上り下りができるという。介護施設などに試験的に設置し、実用化を目指す方針だ。
 体への負担を軽減した波形の手すりの開発に携わったことがあるプ社の関係者が、伸ばしたバネを見て、「らせん状の手すりができないか」と考えた。高専の福田孝之教授(機械工学科)らと、より負担が少なくなる形状を研究し、約3年かけて完成にこぎ着けた。
 らせん状の手すりは、つかむ位置によって、手首が様々な角度で曲がる。これにより、直線や波形の手すりよりも少ない力でつかむことができ、体も支えやすくなるという。
 形状が複雑なため、実用化に向けては、設置方法や製造コストの削減などが今後の課題となるが、福田教授は「デザイン性や機能性も備えており、高齢者らの意見を取り入れたうえで、なるべく早く商品化したい」と話していた。

********************************************************************************
19  三協立山、高さ最高3メートルの公共施設向け門扉  2012/1/24 日経産業新聞
********************************************************************************
 三協立山アルミは23日、工場や公共施設向けの大型門扉「グラフェードRU」シリーズで、高さ2~3メートルのタイプを2月1日に発売すると発表した。これまでは高さ1.8メートルまでしか対応していなかったが、防犯性を高めたい施設での需要が見込めると判断し、追加投入する。3年後に年間8000万円の売上高を目指す。
 新たに発売する「グラフェードRU ハイタイプ」は門扉の高さを2メートル、2.5メートル、3メートルから選べる。シンプルな縦格子で、開放感を保ちつつ外部からの侵入を防ぎやすい設計を採用した。

********************************************************************************
20  伊藤忠都市開発、太陽光・蓄電池で井戸ポンプ稼働する防災・エコ型マンション  2012/1/24 日経産業新聞
********************************************************************************
 伊藤忠都市開発は23日、東京都板橋区で防災と環境を重視した新たな分譲マンション「クレヴィア千川」の開発に着手したと発表した。震災などの非常時には太陽光発電と蓄電池で井戸ポンプを稼働して飲料水を確保するといった工夫を取り入れた。同社の防災とエコの取り組みを示す現時点の旗艦物件と位置付ける。
 この物件は地上9階建てで総戸数は63戸。2013年1月下旬の完成予定で、2LDKと3LDK、4LDKの間取りを用意する。販売価格は未定。

********************************************************************************
21  光熱費減に投資「半分なら」6割 LIXIL住宅研調べ  2012/1/24 日経産業新聞
********************************************************************************
 住生活グループで住宅フランチャイズチェーン(FC)を展開するLIXIL住宅研究所(東京・江東)は、住宅の省エネルギーに関する調査結果をまとめた。住宅を新築・改築する際の省エネ設備に求める毎月の光熱費削減効果について「半分になればそれなりに資金がかかってもよい」という回答が59.9%と半数以上を占めた。
 「(光熱費が)2割安くなれば多少資金がかかってもよい」が16.3%、「ゼロになればどれだけ費用がかかってもよい」が15.4%だった。

********************************************************************************
22  スターツ、東京のJR小岩駅前再開発 超高層マンション建設  2012/1/23 日経産業新聞
********************************************************************************
 スターツコーポレーションは2015年春をメドにJR小岩駅(東京・江戸川)周辺の市街地再開発事業地区に超高層マンションを整備する。国土交通省が所管する首都圏不燃建築公社との共同事業で、総事業費は111億円。免震構造を採用。防災貯水層や非常用発電機も備え、災害時に避難者を一時的に受け入れる地域の防災拠点としての機能も盛り込む。
 再開発エリアの面積は約0.5ヘクタール。高さ106メートルの超高層マンションを建て、180戸を供給する予定。延べ床面積は3万2650平方メートル。権利変換計画の認可を得たうえで、今秋に着工する見込み。工事を請け負う建設会社は未定。

********************************************************************************
23  カナディアン・ソーラーの太陽電池、塩害耐性で国際認証  2012/1/20 日経産業新聞
********************************************************************************
 カナダの太陽電池最大手の日本法人、カナディアン・ソーラー・ジャパン(東京・新宿)は19日、同社製の太陽電池が塩害の腐食耐性について、最も厳格な国際認証を取得したと発表した。国内で流通している太陽電池で同種の認証を取得するのは珍しい。海岸近くに設置される産業用や発電事業用などの用途で、同社製太陽電池の販促につなげる。
 認証を取得した太陽電池は出力13~305ワットの33種類。認証サービス大手の独テュフ・ノルドの認証を受けた。
 試験は、太陽電池に食塩水を噴霧し、セ氏35度・湿度85%の状態で約1カ月間保管。太陽電池の発電性能がどのように変化するかを調べた結果、安定的に稼働することを確認した。

********************************************************************************
24  タンクレス一体型トイレ、割安部材・量産で半額 パナソニック  2012/1/19 日経産業新聞
********************************************************************************
 パナソニックは18日、タンクレス一体型トイレの普及価格モデル「アラウーノV」を2月21日に売り出すと発表した。割安な部材の採用や量産効果で、販売価格を同型製品の中心価格帯からおよそ半額に抑えたのが特徴。新商品の投入によりトイレ事業の売上高を2015年度に10年度比2.5倍の300億円に引き上げる計画だ。
 新製品は手洗いなしの従来型に、新たに手洗い付きの2タイプをそろえた。便座に家電量販店で販売する部材を採用するなどでコストを削減。希望小売価格を11万8000円からに抑えた。

********************************************************************************
25  三井不系マンション、関西でも省エネ装備 LEDや可視化  2012/1/19 日経産業新聞
********************************************************************************
 三井不動産レジデンシャルは18日、関西地区で販売する分譲マンションの環境対応を強化すると発表した。発光ダイオード(LED)照明、高効率ガス給湯機、エネルギー使用量を測定・表示する「見える化」システムなどを標準装備する。
 大阪市や大阪府摂津市で今春着工する予定の大規模マンションをモデル事業に位置付ける。
 共用部では、LED照明のほか、人感センサーを搭載した照明システムを採用する。マンションの外周などに保水性能が高い舗装材を使い、打ち水効果で夏の温度上昇を抑える。

********************************************************************************
26  エコキュート、省エネ性能向上 日立アプライアンス  2012/1/19 日経産業新聞
********************************************************************************
 日立アプライアンスはヒートポンプ式電気給湯機「エコキュート」で、保温性能を従来より約6%高めた機種など9機種を2月14日に発売すると発表した。従来上位機種で使っていた真空断熱材を標準タイプに使用。節電需要が続くなか、省エネ性能をアピールする。
 高い水圧でシャワーなどの勢いがよい「ナイアガラ出湯」シリーズのラインアップを拡充した。同社製品で最大となる5~7人の世帯向けの560リットル容量の機種も追加した。湯の使用量が多い家庭にも対応する。

カテゴリー: 住宅関連新聞記事 | コメントは受け付けていません。

住宅関連新聞記事ダイジェスト No.416  2012/1/12~2012/1/18

―*―*―* MENU *―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―
【日本経済新聞】
1  不忍池周辺に江戸の景色を 都、上野公園を再整備
2  クラッシー、世田谷区で保育と家事の一体サービス
3  埼玉県寄居町、ホンダや大和ハウスと連携しエコタウン建設 
4  カプセルタワーの一室、公園に引っ越し 黒川紀章氏代表作
5  二子玉川、30階複合ビル着工 事業費392億円、15年完成
6  リスト、横浜にEVカーシェア・太陽光発電付き分譲住宅
7  東邦レオ、屋上庭園を低コストで 既存建築物に施工するプラン
8  大田区の4商店街、旧東海道の街並み再現
9  セキスイハイム東北、住宅施工を2割増の月100棟体制に
10  12月末の都心オフィス空室率、前月比0.11ポイント上昇 3カ月連続悪化
11  横浜市、水道管の耐震化を加速 4カ年計画で対策費2割増
12  「木密」の耐火促進で「特区」創設 都、建て替えに税減免

【朝日新聞】
13  家選び、「職近・親近」がトレンドに リクルート予測
14  市営住宅入居者、組員か照会 福岡・久留米、同意得ずに
15  「東京23区、家賃5万円以下」
16  二本松の新築マンションで高線量

【読売新聞】
17  黒川紀章氏の作品、さいたま市へ
18  都市主要駅の防災強化へ…避難路・備蓄庫を整備
19  省エネ都市、開発を強化…電機各社

【日経産業新聞】
20  スマートシティのエネ供給インフラ、30年に倍増の77兆円
21  TOTO、キッチン用の湯の無駄遣い減らす水栓
22  ネクスト、タイで物件検索サイト「ホームズ」開設 
23  セコム、マンション入居者対象に老人ホーム優先入居
24  太陽光発電の蓄電で提携、京セラとニチコンが新システム
25  ALSOK、家庭向け警備事業を東京ガスから継承
26  三和シヤッター、LIXILにドアなどOEM供給
27  スターツ、ブラジルで不動産仲介 邦人向けに拠点
28  野村不動産など4社、神戸で省エネ集合住宅 太陽光と蓄電池連動
29  横浜プリンス跡地マンション、販売拠点14日開設 東京建物
30  LIXIL系、中古住宅の仲介一括支援 耐震や改修ローン

―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―

 
********************************************************************************
1  不忍池周辺に江戸の景色を 都、上野公園を再整備  2012/1/18 日本経済新聞
********************************************************************************
 東京都は4月から、上野公園(東京・台東)の不忍池周辺を歴史的な景観を楽しめる水辺として再整備する。樹木の植え替えなどで江戸時代の絵画にも描かれた景観を再現、遊歩道などを設けて回遊性も高める。下町文化を紹介する施設も拡充する。5月の東京スカイツリー(同・墨田)の開業により、周辺地域で増加が予想される国内外からの観光客を取り込む拠点にしたい考えだ。
 4月にも着工し、2~3年で完成させる。まず、不忍池周辺に生い茂っている樹木を植え替えたり、景観を遮っている枝を切ったりする。園内にある寛永寺清水堂から不忍池までの視界を確保し、江戸時代に上野周辺を描いた絵のような眺望の再現を目指す。遊歩道も整備するほか、池の入り口には壁から水を流す人工の滝もつくる。

********************************************************************************
2  クラッシー、世田谷区で保育と家事の一体サービス  2012/1/17 日本経済新聞
********************************************************************************
 育児支援や家事代行のクラッシー(徳島市)は、東京都内で乳幼児の保育と家事代行をセットにしたサービスを始めた。第1弾として待機児童数が多い世田谷区に専用施設を開設。乳幼児を預かると同時に、定期的にスタッフが自宅を訪れて料理や洗濯を手伝う。1~2年以内に都内で3施設まで増やす。
 世田谷区新町に「おうちde保育 ステラ桜新町園」をオープンした。新しい施設は西欧風の2階建ての一軒家(床面積約170平方メートル)で、0~2歳児を対象に平日午前7時半から午後8時半まで預かる。定員は18人。0歳児は3人、1~2歳児は6人に対して1人の保育士を付ける。

********************************************************************************
3  埼玉県寄居町、ホンダや大和ハウスと連携しエコタウン建設  2012/1/16 日本経済新聞
********************************************************************************
 埼玉県寄居町は太陽光発電などを活用してエネルギーの地産地消を進める「エコタウン」の整備に乗り出す。ホンダや大和ハウス工業など民間企業と実現に向けた研究会を設置。2013年秋をメドに400戸の住宅を用意し、地域内の電力需給を調整する仕組みを構築する。同町は埼玉県が計画している同様のプロジェクトの候補地になっているが、民間との連携により実現のスピードを上げる。
 17日に研究会を設置する。大和ハウス、ホンダのほか、ホンダグループの太陽電池の製造・販売会社や不動産・建設会社など計6社が参加する。4月に具体的な実施計画をまとめて、正式なプロジェクトチームを結成。参加企業をエレクトロニクスや光ファイバー関連など10社程度に広げる。

********************************************************************************
4  カプセルタワーの一室、公園に引っ越し 黒川紀章氏代表作  2012/1/16 日本経済新聞
********************************************************************************
 建築家黒川紀章氏(1934~2007年)の代表作で、老朽化に伴い建て替え予定の集合住宅「中銀カプセルタワービル」(東京都中央区)の一室が16日、同じく黒川氏設計の埼玉県立近代美術館(さいたま市)に寄贈され、美術館が管理する北浦和公園(同)の一角に設置された。
 建築時の状態を保つ直方体のモデルルーム(縦2.6メートル、横4.1メートル、高さ2.5メートル)で、重さ約3.8トン。円形の窓からベッドやユニットシャワー、AV機器を備えた約4.5畳の室内が見える。

********************************************************************************
5  二子玉川、30階複合ビル着工 事業費392億円、15年完成  2012/1/14 日本経済新聞
********************************************************************************
 東京急行電鉄などは13日、再開発中の東急線二子玉川駅周辺で、オフィスやホテル、シネマコンプレックスが入る大規模複合ビルの建設に着手した。地上30階建ての高層棟と4階建ての低層棟で構成し、総事業費は約392億円。2015年6月の完成を目指す。同ビルの完成で約11.2ヘクタールの「二子玉川ライズ」再開発が完了する。
 大規模ショッピングセンター(SC)と大規模マンションの間にある約3.1ヘクタールの敷地に、延べ床面積15万6400平方メートルのビルを建設する。SCやマンションとは歩行者専用通路でつなぎ、街全体の回遊性を高める。

********************************************************************************
6  リスト、横浜にEVカーシェア・太陽光発電付き分譲住宅  2012/1/13 日本経済新聞
********************************************************************************
 不動産会社のリスト(横浜市、北見尚之社長)は日産カーレンタルソリューション(千葉市)などと組み、日産野球場跡地(横浜市旭区)に電気自動車(EV)のカーシェアリングを導入した太陽光発電付きの戸建て住宅団地を開発する。住宅とEVの販売連携の第1弾と位置付け、エネルギーを効率的に使用する住宅のモデルとして売り込む。
 新たに建設を決めた住宅は「リストガーデンダイヤモンドパーク」。2013年にかけ、日産教育センター(同市旭区)に隣接する約1万9000平方メートルの敷地に、約50億円を投じて127棟の住宅を建てる。同社が100棟以上の分譲戸建て住宅の団地を一度に開発するのは初めて。
 土地は昨年3月に日産自動車から購入した。今年7月に着工し、10月までに約20棟を完成させ第1期の分譲を予定している。

********************************************************************************
7  東邦レオ、屋上庭園を低コストで 既存建築物に施工するプラン  2012/1/13 日本経済新聞
********************************************************************************
 緑化資材開発・販売の東邦レオ(大阪市)は既存の商業施設や病院、オフィスビルなどの屋上向けに、従来の3分の1以下の低コストで屋上庭園などの工事を手掛けるプラン「プラスワンステージ」を25日に発売する。
 資材の一括購入や商品のパッケージ化により費用を抑え、従来の防水改修とほぼ同予算で屋上菜園や家具の設置まで対応する。屋上の防水改修にタイルや人工芝、ベンチなどを組み合わせた「ベーシックプラン」、菜園用の花壇や手洗い用の蛇口などを設けた「屋上菜園プラン」など合計4種類を用意する。
 価格は1平方メートルあたりベーシックプランが1万4900円から、屋上菜園プランが2万1900円から。関東以西を中心に展開し、2年後に年間10億円の売り上げを目指す。〔日経QUICKニュース〕

********************************************************************************
8  大田区の4商店街、旧東海道の街並み再現  2012/1/13 日本経済新聞
********************************************************************************
 東京都大田区にある4つの商店街が連携して旧東海道をテーマとした景観づくりに乗り出す。3月末までに商店街の全店舗の4分の1にあたる約50店舗にひさしや格子などを付ける。総投資額は約1億5000万円。近年の大手スーパーの進出ラッシュで商店街を訪れる人は少なくなっており、江戸情緒あふれる商店街の再現をてこに街のにぎわいを取り戻す。
 京浜急行電鉄の平和島駅近くにある大森本町ミハラ通り北商店会、大森ミハラ通り仲町商店会、ミハラ南商店街振興組合、するがや通り商店会が連携する。4商店街の総距離は約1.5キロメートル。これらの商店街は旧東海道の品川宿と川崎宿の間に位置し、かつて旅人の休み場としてにぎわいをみせていた。

********************************************************************************
9  セキスイハイム東北、住宅施工を2割増の月100棟体制に  2012/1/12 日本経済新聞
********************************************************************************
 積水化学工業の子会社で住宅の製造・販売を手掛けるセキスイハイム東北(仙台市、平諭社長)は3月末をメドに東北地方で住宅の施工能力を強化する。工場の人員を配置転換したり、新規募集などで宮城県内の施工担当者を現状の約550人から1割増強。月間の施工棟数を約2割増の100棟にまで引き上げることで引き渡しにかかる期間を短縮し、さらなる受注獲得につなげる狙いだ。
 東日本大震災の復興に伴う新築住宅の受注増加に対応し、同社は宮城県亘理町の主力工場の人員を増強、東北全体の生産能力を月産115棟から130棟に引き上げた。だが、受注増や震災で壊れた住宅の改修などで現場での施工人員が不足している。現状は月間85棟の施工にとどまっており、引き渡しの支障となっていた。

********************************************************************************
10  12月末の都心オフィス空室率、前月比0.11ポイント上昇 3カ月連続悪化  2012/1/12 日本経済新聞
********************************************************************************
 オフィス仲介の三鬼商事(東京・中央)が12日まとめた2011年12月末時点の東京都心5区(千代田、中央、港、新宿、渋谷)のオフィス空室率は9.01%だった。前月比で0.11ポイント上昇し、3カ月連続で悪化した。大規模ビルの建設に伴い新規供給が増えたことが要因。新築ビルの同空室率は1.39ポイント上昇した。
 都心5区のオフィス平均賃料は3.3平方メートルあたり1万6932円だった。前月比で0.24%(41円)、前年同月比でも3.71%(653円)下落した。賃料相場の弱含みが続いている。
 大阪ビジネス地区の空室率は前月比0.42ポイント低下の10.85%。名古屋ビジネス地区は0.03ポイント低下の11.62%だった。〔日経QUICKニュース〕

********************************************************************************
11  横浜市、水道管の耐震化を加速 4カ年計画で対策費2割増  2012/1/12 日本経済新聞
********************************************************************************
 横浜市は2012~15年度の水道事業の中期経営計画の素案をまとめた。年間の水道管の耐震化対策費を過去3年の平均より2割増やす。東日本大震災で、市内の212カ所で漏水被害が生じており、更新を急ぐ。15年度末に主要水道管の67%で耐震化できる見通し。
 敷設後40年以上となる配水管に年173億円を投じて、110キロメートルずつ「耐震管」に替える。管と管の接続部に、地盤が揺れても管が外れないよう固定リングを装着しており、震災時の漏水を防ぐ機能がある。これまでの交換ペースは年85~100キロメートル程度だった。

********************************************************************************
12  「木密」の耐火促進で「特区」創設 都、建て替えに税減免  2012/1/12 日本経済新聞
********************************************************************************
 東京都は地震の発生時に大規模な建物倒壊や火災が予想される木造住宅密集地域の対策をてこ入れする。燃えにくい建物に建て替えた場合、固定資産税を減免する「特区」を創設する。区の申請に基づき、認定する。50地区程度を想定している。2012年度に試行し、13年度に本格的に実施する。首都直下地震に備え、災害に強い都市作りを進める。
 創設するのは「不燃化推進特定整備地区(不燃化特区)」。特区内では老朽化した木造住宅を耐火建物に建て替えた場合、固定資産税を一定期間、減免する。既存の建て替え助成に上乗せし、個人の負担を軽減する。また、道路を広げる場合、残った土地では狭くて建て替えができないことがあるため、近くにある未利用の都有地を転居用に提供する。

********************************************************************************
13  家選び、「職近・親近」がトレンドに リクルート予測  2012/1/17 朝日新聞
********************************************************************************
「職近(しょくちか)・親近(おやちか)」が今年の住宅選びのキーワード。リクルートは、2012年のトレンドのひとつをそう予測して発表した。東日本大震災の教訓から、職場や親元に近くて安心できる家が好まれるとみている。
 実家が近くにない場合は、多少狭くても職場から徒歩で帰宅できる「職近」のマンションが、実家が近ければ「親近」の二世帯住宅が、それぞれ選ばれる傾向が強まると予想。震災時に帰宅に苦労した経験から、万一の際に家族を守れる生活スタイルに注目が集まっているからという。
 特に「職近」の場合、住居の狭さを埋め合わせるため、大きな荷物を貸倉庫に預けたり、両親が遊びに来た時にはマンション内の共用ゲストルームを利用したり、と外部の施設を活用する「クラウド発想」もあわせて強まるとみている。

********************************************************************************
14  市営住宅入居者、組員か照会 福岡・久留米、同意得ずに  2012/1/16 朝日新聞
********************************************************************************
 福岡県久留米市は16日、市営住宅に住む15歳以上の全入居者を対象に、暴力団組員かどうかを警察に一斉照会する制度を始めると発表した。相次ぐ暴力団抗争事件を受けて、暴力排除の取り組みを強化する。公営住宅の全入居者を対象に同意なく照会するのは、県内の自治体では初めてという。
 市営住宅は4707戸分あり、うち入居契約者は約4100戸。対象者は約7500人にのぼる。氏名、性別、生年月日、住所の各データを警察に照会し、組員と分かれば勧告や立ち退き訴訟などで退去させる。
 こうした入居者の身元照会は2008年以降、市営住宅条例の改正や市情報公開・個人情報保護審議会の答申を経て段階的に移行。すでに新規入居者は全員、既存入居者は契約変更の申請時などに同意なしで実施している。これまで延べ約6100人を照会し、うち7人が組員と判明、自主退去か組織脱退を確認した。

********************************************************************************
15  「東京23区、家賃5万円以下」  2012/1/16 朝日新聞
********************************************************************************
 東京23区のバス・トイレ付きの部屋で、1カ月の家賃が5万円以下――。こんな格安の賃貸住宅ばかりを紹介するウェブサイトが話題を集めている。運営会社によると、高い家賃が世界にも知られた東京だが、実は「お値打ち」な物件が数多く眠っているのだという。
 昨年10月開設の「家賃5万以下ドットコム」。約2千件のアパートやマンションの情報をインターネットで提供している。世田谷や練馬、江戸川など23区のほとんどを網羅し、大半はバス・トイレ付きの部屋という。
 運営するのは、千代田区の不動産仲介会社「エイパワーホーム」。吉岡憲史社長(34)は「7万、8万円以上が相場の東京だと、5万円以下は畳がはがれ風呂はなくというイメージなのか、『意外といい』と驚くお客さんも多い」と言う。

********************************************************************************
16  二本松の新築マンションで高線量  2012/1/16 朝日新聞
********************************************************************************
 福島県二本松市の新築マンションの工事に、東京電力福島第一原発事故で出た放射性物質に汚染されたコンクリートが使われていたことがわかった。マンション1階の床からは屋外より高い放射線量が測定された。同市と国が15日発表した。
 コンクリの材料に、計画的避難区域内の砕石場の石が使われたのが原因とみられる。同じ材料が数百カ所の工事に使われたとみられ、国は石やコンクリの流通経路を調査している。
 発表によると、汚染されたコンクリが使われたのは、昨年7月に完成した二本松市若宮地区の鉄筋コンクリート3階建て賃貸マンションの土台部分。1階の室内の高さ1メートルの線量が毎時1.16~1.24マイクロシーベルトで、屋外の同0.7~1.0マイクロシーベルトより高かった。2、3階の室内は同0.10~0.38マイクロシーベルトという。
 コンクリの材料になった石は、計画的避難区域に入っている浪江町南津島の砕石場から搬出。コンクリ会社を通じ昨年4月11日、マンションの基礎工事に57.5立方メートルのコンクリが使われた。
 砕石場では原発事故前に採取した石を砕き、事故後も屋外に置いて避難区域に指定される同月22日まで出荷を続けたという。経済産業省などによると、この砕石会社は県内の19社に計5200トンを出荷。このうち、マンションにコンクリを納入した二本松市の会社からは県内の百数十社に販売され、数百カ所の工事に使われたとみられるという。
 二本松市は昨年9~11月、子どもなどの積算線量を計測。マンションに住む女子中学生の3カ月間の線量が1.62ミリシーベルトと比較的高かったため、市が調べた。マンションには12世帯が入居している。
 マンション1階の室内に24時間滞在する仮定で計算すると、年間の線量は10ミリシーベルト前後になる。

********************************************************************************
17  黒川紀章氏の作品、さいたま市へ  2012/1/18 読売新聞
********************************************************************************
カプセル住宅のモデルルーム、埼玉県立近代美術館に寄贈
 北浦和公園の彫刻広場に設置されたカプセルタワーのモデルルーム(16日、さいたま市浦和区で) 建築家・黒川紀章氏(1934~2007年)が設計し、1972年に東京・銀座に建てられた集合住宅「中銀(なかぎん)カプセルタワービル」のモデルルームが16日、さいたま市浦和区の県立近代美術館に寄贈された。
 設置されたモデルルームは、縦約4・2メートル、横約2・7メートル、高さ約2・6メートル。元々、同ビル1階の一角に置かれていた。東京・六本木の展覧会で昨年9月から展示され、終了後は黒川氏が設計者で縁の深い県立近代美術館への寄贈が決まっていた。15日で展覧会は閉幕。モデルルームは16日早朝、トラックで運ばれ、同美術館がある北浦和公園内に設置された。
 黒川氏は1960年、都市を新陳代謝によって育成する有機体ととらえる「メタボリズム(新陳代謝)」グループを結成。70年の大阪万博でカプセル住宅を発表した。
 同ビルは「メタボリズム」の代表作。現在も残り、モデルルームと同じ形の140個の住居用カプセルがあるが、老朽化のため建て替えの方針となっている。

********************************************************************************
18  都市主要駅の防災強化へ…避難路・備蓄庫を整備  2012/1/17 読売新聞
********************************************************************************
 政府は全国の大規模駅周辺を対象に、官民一体で防災対策の強化に乗り出す方針を固めた。
 大地震の発生に備え、駅構内から駅周辺部への避難経路の整備や、駅近くの公園に水や食料など緊急物資の備蓄倉庫の設置の促進を目指す。必要な手続きの緩和や国の財政支援などを盛り込んだ都市再生特別措置法改正案を通常国会に提出し、成立を図る方針だ。
 大規模駅の防災対策は、主に鉄道事業者などの自主的な取り組みに任されている。昨年3月の東日本大震災の際には、東京で大量の帰宅困難者が駅周辺に集中し、混乱が発生した。地震の規模によっては駅ビルの被災など、大規模被害の発生も想定されることから、政府は駅構内や周辺の繁華街での被災者の安全確保や救援の対策を急ぐ必要があると判断した。

********************************************************************************
19  省エネ都市、開発を強化…電機各社  2012/1/13 読売新聞
********************************************************************************
復興計画でも注目のスマートシティ
 IT(情報技術)を活用した環境負荷の少ない街「スマートシティ」事業に、日立製作所や東芝など電機大手が力を入れている。国内では震災を機に省エネルギー政策の切り札と位置づけられ、海外でも新興国を中心に都市開発が相次ぐ。
 米ゼネラル・エレクトリック(GE)など海外メーカーも参入しており、受注競争も激化している。
 日立は、中国・大連市や千葉県柏市の計画に参加する。事業部門が売り上げや収益に責任を持つ「社内カンパニー」の設立を検討し、体制強化を図る。事業部門の2015年度の売上高目標は約3500億円と、10年度比で5割増を計画する。
 東芝は、仏・リヨンの実証事業など20件に参加する。受注増を目指し、関連ITサービスを企画する社長直轄の部署を今月1日付で設立した。関連事業の15年度の売上高目標は9000億円と、11年度より約2・3倍にする目標だ。
 被災地の復興計画でも注目され、日立は仙台市に、東芝は宮城県石巻市に整備を提案している。

◆スマートシティ
 ITで電力需要を制御する「スマートグリッド」(次世代電力網)を導入し、太陽光や風力発電など再生可能エネルギーを積極的に活用する環境配慮型の都市。蓄電池や電気自動車など幅広い需要が生まれ、日経BPクリーンテック研究所によると、世界のスマートシティ市場は15年に約160兆円、30年に約230兆円に拡大する。

********************************************************************************
20  スマートシティのエネ供給インフラ、30年に倍増の77兆円  2012/1/18 日経産業新聞
********************************************************************************
 日経BPクリーンテック研究所(東京・港)は、スマートシティ(環境配慮型都市)関連の電力・ガス供給インフラの世界市場規模の予測をまとめた。2030年に年間約77兆円と、11年から倍増する。電力では送配電設備の整備が進む中国が、ガスでは欧米が市場をけん引する。
 電力は送配電設備が30年に11年比2.4倍の約55兆円、需給制御などを担うIT(情報技術)設備は同2.3倍の約8兆円になる見通し。最大市場の中国は30年に電力インフラ全体で同2.5倍の約16兆円になる。

********************************************************************************
21  TOTO、キッチン用の湯の無駄遣い減らす水栓  2012/1/18 日経産業新聞
********************************************************************************
 TOTOは温水調節のレバーが温水と冷水の境目で止まる機能を搭載した「水ほうき水栓(エコシングルタイプ)」を2月1日に発売する。水から湯への切り替えがはっきりわかるため、湯の無駄遣いの削減につながるという。
 システムキッチンのオプションとして販売し、水栓単体での販売はしない。品ぞろえの拡充で消費者への訴求力を高め、システムキッチンの販売量を2015年3月期に年間3万5000台に増やす。

********************************************************************************
22  ネクスト、タイで物件検索サイト「ホームズ」開設  2012/1/18 日経産業新聞
********************************************************************************
 不動産情報サイト「ホームズ」を運営するネクストは18日にタイで物件検索サイトを開設する。新築物件や中古の売買物件などを取り扱い、2015年3月期までに1万5000件の掲載を目指す。タイのインターネット人口は拡大を続けているが、本格的な物件検索サイトはないため、国内外の競合他社に先駆けて成長市場を開拓する。
 11年9月に設立した現地法人を通じてタイ語のサイトを立ち上げる。年内に英語サイトを開設する予定。まずはバンコク市内のマンションや戸建て住宅などの新築物件を100棟掲載し、年内に600棟に拡大。今秋にも中古の売買物件や賃貸物件を追加する。タイでの不動産取引の15~20%を占めるとみられる、不動産仲介会社を通さずに個人が販売・賃貸する物件も取り扱う。

********************************************************************************
23  セコム、マンション入居者対象に老人ホーム優先入居  2012/1/17 日経産業新聞
********************************************************************************
 セコムは、グループで販売する分譲マンションの入居者に対し、セコム傘下の高齢者用住宅や有料老人ホームへの優先的な入居を予約できるサービス「セコムあんしんライフ制度」を始めた。セコム系老人ホームが周辺に立地する東京都世田谷区・杉並区エリアにある分譲マンションの入居者が主な対象。マンション入居時からの居住者の老後の備えを支援する。
 セコムホームライフ(東京・渋谷)が分譲中の「グローリオ蘆花公園」(同・世田谷)の新規購入者や購入・入居済みの人に、セコム系の東京都町田市の介護機能付き高齢者住宅などへの優先入居を予約できる権利を与える。マンション居住者はホームに移り住むことを考える時期になった際に予約できる。

********************************************************************************
24  太陽光発電の蓄電で提携、京セラとニチコンが新システム  2012/1/17 日経産業新聞
********************************************************************************
 京セラは16日、コンデンサー大手のニチコンと提携し、太陽光発電と蓄電池を組み合わせたエネルギーシステムを国内販売すると発表した。電力不足問題を受け家庭やコンビニエンスストアなど小規模事業者の需要が高まっていることに対応する。蓄電池の活用で電力を効率的に利用できるとし、初年度1万セットの販売をめざす。
 新システムは京セラの太陽光パネルや電力制御技術と、ニチコンの蓄電システムを組み合わせた。約200店ある京セラの太陽電池販売のフランチャイズチェーン店や、住宅メーカーを通じて今夏に発売する。

********************************************************************************
25  ALSOK、家庭向け警備事業を東京ガスから継承  2012/1/17 日経産業新聞
********************************************************************************
 綜合警備保障(ALSOK)は16日、東京ガスからホームセキュリティー(家庭向け警備)事業を引き継ぐと発表した。今年4月以降、東京ガスと契約している約2千件の顧客について、希望者にはALSOKとの契約に切り替えてもらう。東京ガスが事業から撤退するのに伴う措置。
 ALSOKと東京ガスは既に業務提携の関係にあり、東京ガスの顧客宅での緊急時にはALSOKの警備員が駆けつけている。今回の引き継ぎに際しては顧客宅の操作システムやセンサーをALSOKの機器に取り換えることになるが、費用は東京ガスが受け持つ。顧客が受けている現在のプランと同等の月額料金でALSOKが提供するという。

********************************************************************************
26  三和シヤッター、LIXILにドアなどOEM供給  2012/1/16 日経産業新聞
********************************************************************************
 住生活グループのLIXILと三和ホールディングス傘下の三和シヤッター工業は13日、ドアやシャッターなどのOEM(相手先ブランドによる生産)供給で合意したと発表した。三和シヤッターが3月からLIXILに鋼製軽量シャッターや軽量ドアを供給する。
 LIXILは小規模な商業施設や車庫向けの軽量シャッター、オフィスや商業施設向け軽量ドアなど汎用品を三和からOEM調達する。これを機に子会社のLIXIL鈴木シヤッター(東京・豊島、牛尾清明社長)での一部生産を休止する。

********************************************************************************
27  スターツ、ブラジルで不動産仲介 邦人向けに拠点  2012/1/16 日経産業新聞
********************************************************************************
 【サンパウロ=檀上誠】スターツコーポレーションはブラジル最大都市のサンパウロ市に、邦人向けの不動産仲介事業の拠点を開設した。同社は中国を中心としたアジア各地や欧州、米国、オーストラリアなど海外約20カ所を持つが、中南米ではサンパウロが初めての拠点となる。
 2011年12月末までに現地での営業に必要な許認可を取得し、今年1月から営業を始めた。サンパウロにはブラジルを中心とした南米市場の開拓を目指す日本企業の進出や増員が相次いでおり、邦人居住者も増加傾向。事務所は日系企業が集中するパウリスタ通りに設けた。

********************************************************************************
28  野村不動産など4社、神戸で省エネ集合住宅 太陽光と蓄電池連動  2012/1/13 日経産業新聞
********************************************************************************
 野村不動産など4社は12日、家庭の電力使用量を最大4割減らせる大型分譲マンションを神戸市に建設すると発表した。共用部には太陽光パネルとリチウムイオン電池の連動システムを導入し、太陽光でつくった電気をリチウム電池にため、随時使えるようにする。マンションに太陽光パネルや蓄電池を個別に設置する例はあるが、連動させるのは珍しい。
 神鋼不動産(神戸市)、近畿菱重興産(同)、MID都市開発(大阪市)と共同開発する。物件名は「プラウドシティ神戸名谷」で、総戸数は434戸。2013年9月に完成する予定。

********************************************************************************
29  横浜プリンス跡地マンション、販売拠点14日開設 東京建物  2012/1/13 日経産業新聞
********************************************************************************
 東京建物は12日、JR磯子駅(横浜市)の近くにあった横浜プリンスホテルの跡地に開発するマンション「ブリリアシティ横浜磯子」の販売拠点を14日に開設すると発表した。モデルルームや防災機能の説明コーナーなどを備えた「ゲストサロン」を横浜市内の「みなとみらいセンタービル」に設置。購入予定者への物件案内を始め、3月に販売を始める予定。
 東京建物はゲストサロンの来場者に高台にある立地の優位性、旧皇族の邸宅があった用地の地盤の強固さなどを訴える。 開発には東京急行電鉄、オリックス不動産、日本土地建物販売(東京・千代田)、伊藤忠都市開発の4社も共同の事業主として参加している。総戸数は1230戸。価格は4000万~5000万円台が中心になるという。設計・施工は大成建設と長谷工コーポレーション。

********************************************************************************
30  LIXIL系、中古住宅の仲介一括支援 耐震や改修ローン  2012/1/12 日経産業新聞
********************************************************************************
 住生活グループのLIXILイーアールエージャパン(東京・中央、安藤進社長)は11日、中古住宅の耐震補強工事やリフォームローンなどを一括提供するサービスを始めると発表した。既存住宅向け保険などを扱うリニュアル仲介(東京・新宿、西生建社長)と提携し、購入した住宅への居住後に欠陥が見つかった場合の保険も手掛ける。 LIXILイーアールエージャパンは不動産フランチャイズチェーンであるイーアールエー(ERA)の加盟店の支援・指導を手掛ける。リニュアル仲介との提携を通じて加盟店に補強工事のほか、リフォームローンや瑕疵(かし)保険など中古住宅の仲介に必要なノウハウを一括提供する。
 加盟店は中古住宅の購入を検討する消費者に対し、住宅購入費用とリフォーム代金を合わせたローン、リフォーム履歴の登録に加え、リフォーム後に欠陥が見つかった場合に保険金を支給する瑕疵(かし)保険の情報を提供できる。これにより加盟店の業績改善を促し店舗網拡大につなげる。

カテゴリー: 住宅関連新聞記事 | コメントは受け付けていません。

住宅関連新聞記事ダイジェスト No.415 2012/1/5~2012/1/11 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住宅関連新聞記事ダイジェスト No.415  2012/1/5~2012/1/11  Vol.1
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
―*―*―* MENU *―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―
【日本経済新聞】
1  街づくり 省エネ競争 電力効率化、産官で新技術
2  章栄不動産、マンション給湯に太陽熱活用
3  エース損保、家主の損害補償する保険 入居者の孤独死など 
4  東大和都有地の住宅街整備、民間10社が決定 3割以上安く
5  フラット35、3カ月ぶり金利下降
6  マンション管理の検討会、10日に初会合 国交省
7  京成電鉄、育児配慮の新型マンション発売

【朝日新聞】
8  マンション管理の新ルールで検討会発足 専門家活用のルール整備へ 国土交通省
9  住宅地地価、値下がり傾向続く 野村不アーバンネット調査
10  後継者不在、不動産業は68% 帝国データ調べ

―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―

********************************************************************************
1  街づくり 省エネ競争 電力効率化、産官で新技術 2012/1/7 日本経済新聞
********************************************************************************
 東日本大震災をきっかけに電力不足問題などへの関心が高まるなか、首都圏では省エネルギー促進や新エネルギー利用の動きが相次ぐ。官民が連携して、省エネ型住宅の建設や太陽光発電の活用といった事業に取り組むことで、新しい街づくりにもつながりそうだ。
 「発売から2カ月で成約率は9割に達した。エネルギーや環境への関心の高まりを実感した」。三井不動産が横浜市港北区で建設中の分譲マンション「パークホームズ大倉山」の担当者は驚きを隠さない。9月完成予定の177戸のうち、2011年11月に109戸を発売。昨年末までに100戸を販売した。モデルルームの来場者は同規模のマンションより3割程度多いという。

■制御・管理容易に
 人気の秘密はマンション全体での省エネなどへの取り組み。各住戸と共用部の電力の供給量や消費量を一体的に把握できるエネルギー管理システム(EMS)を導入する。例えば、夏の電力使用増加時には共用部の照明を自動で間引いたり、エアコンを省エネ運転したりする。各戸には家電製品などの電力使用量が把握できる端末を支給。屋上には大規模な太陽光発電を採用する。
 このマンションは横浜市が東芝などと進めている地域全体のエネルギー効率化プロジェクトとも連携する。市は今回のケースを参考にしながら同様のマンションを増やすほか、14年度までに4000戸の戸建て住宅にもEMSを導入する計画。「地域が一体となった省エネルギー都市としてアピールしたい」(市温暖化対策統括本部)
 ホンダと環境都市づくりで協定を結んでいるさいたま市。今春には埼玉大学正門前に、ホンダが実験住宅を建設する。グループ会社の太陽光発電や家庭用ガス発電機を活用。非常時にEVから電力を取り出すなど、グループの技術を結集する。
 さいたま市は昨年末に「次世代自動車・スマートエネルギー特区」に指定された。エネルギー効率の高い住宅の整備や、次世代自動車の普及などのスピードを上げる。
 東京都と三菱地所は12年度から、東京・丸の内周辺でスマートグリッド(次世代送電網)の実験を始める。初年度はオフィスビル数棟にスマートメーター(次世代電力計)を設け、テナントの使用電力を常時把握する。
 電力需給を把握・調節できれば、風力や太陽光といった再生可能エネルギーや自家発電設備の活用など、オフィス街の電力供給源を分散させやすくなる。都は「都心のオフィスビル街のモデルにしたい」としており、実験で得たノウハウを活用し、他の不動産会社などにも導入を促す。

■施設間で融通も
 民間調査会社、富士経済(東京・中央)の調べでは、環境配慮型のエネルギーインフラ関連ビジネスの国内市場規模は20年に3兆2888億円と、10年に比べて3.7倍に増える。対応を急いでいる企業と自治体との連携は一段と進む可能性が高い。
 千葉県柏市のつくばエクスプレス・柏の葉キャンパス駅の周辺では、三井不動産が地域のエネルギーの一元管理に乗り出す。4月には880戸の住宅棟が先行して完成する。
 東京大学などとも連携し、太陽光発電だけでなく、生ごみバイオ発電やガス発電を活用。複数の施設間での電力融通も実施する。三井不動産の岩沙弘道会長は「柏を震災後のまちづくりのモデルにしたい」と意気込む。
 省エネと同時に“創エネ”の動きも広がる。都は6月にも官民による数百億円規模のファンドを設立。コージェネレーション(熱電併給)システムを導入する再開発事業者などに補助する。
 神奈川県は今秋、愛川町の県有地に大規模太陽光発電設備(メガソーラー)の建設を始める。13年夏から518世帯分を発電する予定。今後の民間事業者によるメガソーラー建設の呼び水にもしたい考えだ。

********************************************************************************
2  章栄不動産、マンション給湯に太陽熱活用 2012/1/7 日本経済新聞
********************************************************************************
 マンション分譲の章栄不動産(広島市、萩剛社長)は、広島市西区に建設するマンションで、太陽熱を利用したガス温水システムを全戸に採用する。各戸のバルコニーの手すりに組み込んだパネルで太陽熱を集めて給湯に使う。二酸化炭素(CO2)排出量削減やガス料金低減につながる点を訴求する。
 今月16日に着工するマンションは「フローレンス井口ガーデンコート」。地下1階・地上14階建てで、住戸数は55。南向きで周辺に太陽の光や熱を遮る施設がない立地を生かして、東京ガスの太陽熱利用温水システム「ソラモ」を全戸に導入する。

********************************************************************************
3  エース損保、家主の損害補償する保険 入居者の孤独死など 2012/1/6 日本経済新聞 
********************************************************************************
 エース損害保険は6日、賃貸住宅入居者の自殺や孤独死による家主の損害を補償する保険を販売すると発表した。名称は「オーナーズ・セーフティ」。家賃収入が減った場合のほか、敷金を超える原状回復費用が発生した際に補償する。月額家賃6万円、部屋の広さが30平方メートル以下で原状回復費用100万円の場合で、年額保険料は3350円。不動産管理業者を契約者とする。

********************************************************************************
4  東大和都有地の住宅街整備、民間10社が決定 3割以上安く 2012/1/5 日本経済新聞
********************************************************************************
 東京都が都有地を活用して東大和市に住宅街を整備する事業を担う民間企業が決定した。木造注文住宅のアキュラホーム(東京・新宿)など10社の提案を採用する。建物の価格を3割以上抑えるほか、太陽光など再生可能エネルギーの活用や防災機能を重視した点が特徴。2012年度に着工して、一部は13年度中に完成させる。
 都営住宅の建て替えで生じた東大和市向原地区の広さ約4万5000平方メートルの土地を利用する。選ばれた10社は都から70年の定期借地権付きで用地を借り、約200戸の住宅を建設する。土地の購入費用がかからない分、希望者は初期費用を抑えられる。

********************************************************************************
5  フラット35、3カ月ぶり金利下降 2012/1/5 日本経済新聞
********************************************************************************
 住宅金融支援機構は5日、民間金融機関との提携による長期固定金利の住宅ローン「フラット35」の1月の適用金利を発表した。主力の21年以上は取扱金融機関の最低金利が2.14%と前月比で0.07%下降。20年以下も1.86%と前月と比べ0.06%下がった。金利下降は3カ月ぶり。長期金利の低下を反映した。

********************************************************************************
6  マンション管理の検討会、10日に初会合 国交省 2012/1/5 日本経済新聞
********************************************************************************
 国土交通省は5日、マンションの管理ルールに関する検討会の初会合を10日に開催すると発表した。同省が定める「マンション標準管理規約」を改定し、管理組合の役員に、マンションの所有者以外の専門家を起用できるようにすることなどを検討する。国交・法務省のほか、大学教授、不動産協会などが出席。今夏をメドに詳細をまとめ、年内に規約を改正することを目指す。

********************************************************************************
7  京成電鉄、育児配慮の新型マンション発売 2012/1/5 日本経済新聞
********************************************************************************
 京成電鉄は子どもの学習や親子間のコミュニケーションに配慮した家族向けマンションの販売を今月中にも始める。子育てに適した住宅を選定する学研ネクスト(東京・品川)の認証を受けた。京成電鉄によると認証は県内のマンションで初めて。マンション販売が伸び悩む中、特色のある商品性を前面に販売増につなげる狙いだ。
 開発中のマンション「サングランデ公津の杜グレイス」(千葉県成田市)は2013年3月の完成予定。台所を対面式にして調理中でも居間にいる子どもの様子を確認しやすくしたほか、台所内に図鑑や本をしまう収納スペースを設置する。台所近くで子どもが勉強できるという。

********************************************************************************
8  マンション管理の新ルールで検討会発足 専門家活用のルール整備へ 国土交通省  2012年1月10 朝日新聞
********************************************************************************
 国土交通省は1月10日、第1回「マンションの新たな管理ルールに関する検討会」を開催した。
 分譲マンションのストック総数が570万戸に達した一方、管理機能が不全またはそれに陥る可能性の高いマンションが少なくないのが現状。加えて、建物の老朽化と居住者の高齢化を指す「2つの老い」が進行し、管理の難易度はますます上がるとみられている。これらを踏まえ、適切な管理の在り方を検討する趣旨だ。座長には福井秀夫・政策研究大学院大学教授が就任。このほか、浅見泰司・東京大学空間情報科学研究センター教授や吉田修平弁護士、親泊哲・日本マンション管理士会連合会会長らが委員を務める。
 1回目の今回は現状と課題について、委員がそれぞれの立場から報告。管理に専門家を活用する必要性に言及した意見が目立った。一方、専門家活用例として注目を集める第三者管理者方式については、管理組合財産が毀損された場合の保全措置など、主に管理者の資格要件に関するルールが整備されていない点がかねてから指摘されている。検討会でも「理事会を不要とする方式には懸念がある」といった声が挙がった。
 国交省マンション政策室は「第三者方式に限定はしない」と前置きしたうえで、「専門家をいかに活用するか、幅広い観点から見直すことに力点を置く」とコメント。このほか暴力団など反社会勢力の排除規定の標準管理規約への盛り込みなども提言され、専門家活用の際のルール整備と併せて4月以降に具体的検討を行う予定。

********************************************************************************
9  住宅地地価、値下がり傾向続く 野村不アーバンネット調査  2012年1月10 朝日新聞
********************************************************************************
 野村不動産アーバンネットの調査によると、2011年10~12月の首都圏の住宅地地価は、平均で0.9%下落した。値上がりを示した地点は3.6%、横ばいは59.3%、値下がりが37.1%。東京都区部や東京都下で1%を超える下落になったのをはじめ、前回調査(2011年7~9月)に引き続き、全エリアで平均変動率がマイナスになった。
 また、中古マンション価格も首都圏エリア平均で1.1%下落。住宅地地価同様、全エリアで平均変動率がマイナスだった。

********************************************************************************
10  後継者不在、不動産業は68% 帝国データ調べ  2012年1月5 朝日新聞
********************************************************************************
 帝国データバンクによる後継者不在企業の実態調査で、国内企業の3社に2社が後継者難にあることが分かった。後継者の実態について分析が可能な2008年以降の信用調査報告書がある約41万社を対象に実施したもので、後継者不在企業は26万9488社に達した。
 全12業種のうち不動産業は、1万4762社のうち1万31社が後継者不在企業で、不在率は68%だった。サービス業(72.1%)、建設業(69.6%)、林業・狩猟業(69.1%)に続く4番目に高い水準だった。
 また後継者不在企業の企業価値平均を全企業の平均値と比べたものを地域別で分析した。その結果、関東を除く8地域すべてで全企業平均を上回り、地方には後継者不在でも企業価値の高い企業が多いことが分かった。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住宅関連新聞記事ダイジェスト No.415  2012/1/5~2012/1/11  Vol.2
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
―*―*―* MENU *―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―
【読売新聞】
11  窓替えて二重に暖か…エコガラス
12  東京都が発電事業ファンド
13  インドに「日本品質の街」輸出…大規模都市開発
14  山手線に新駅…東京の新玄関口・国際的ビジネス街へ

【日経産業新聞】
15  TOTO、蛇口回すと1秒でお湯 洗面台向け電気即湯器
16  三菱地所ホーム、地震の揺れを半減できる制震システム開発
17  ミサワホーム、全住宅に「スマート」仕様 エネ管理など提案
18  三菱マテ建材、室温上昇を抑制する外壁セメント板
19  三井不動産など、「ダイバーシティ東京」の開業は4月19日
20  不二サッシ、照射角度を2割広げたLED照明 ミタチ産業と開発
21  東急セキュリティ、「Suica」を建物入退の鍵に

―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―

********************************************************************************
11  窓替えて二重に暖か…エコガラス 2012年1月11日 読売新聞
********************************************************************************
断熱性3倍、年5万円節約
 冬を暖かく過ごすには窓ガラスに注目すべきだろう。冬は室内の暖気を逃がさず、夏には日差しの熱が入りにくい「エコガラス」を紹介する。今、交換すれば、住宅エコポイントも活用できるので、早速、検討してみてはどうか。(経済部 伊藤剛)

□夏は涼しく■
 エコガラスとは、図1のように2重などの複層ガラスの内側に、光は通すが、熱は遮断する特殊な金属膜を貼った窓用の板ガラスだ。板硝子協会によると、一般的には普通の1枚ガラスよりも断熱性能は約3倍、遮熱性能は約2倍ある。
 このため、冬は室内の暖気を窓から逃さず(断熱)、夏は太陽の熱が窓から入りにくい(遮熱)。冷暖房の使用を抑えても快適に過ごせ、「エコ」な生活が送れるわけだ。
 もちろん、エコガラスは1枚ガラスや普通の複層ガラスより値段は高い。複層ガラスよりも1・6~1・7倍程度は高くなるという。ただ、長い目で見れば、家計にも優しいようだ。板硝子協会の試算では、都内で一戸建てのすべての部屋の窓ガラスを1枚ガラスからエコガラスに交換した場合の冷暖房費の削減額は、年間5万1572円という。国の住宅エコポイントなどの制度を使える今が交換のチャンスかもしれない。

□交換の際の注意■
 それではエコガラスに替える際の注意点と、どんな製品があるかを紹介する。
 まず、自宅のガラスをチェックしてみよう。今、使っているガラスの厚さが12ミリ程度の一般的な複層ガラスなら、エコガラスでも厚さがほとんど変わらず、同じサッシが使える場合が多い。問題は1枚ガラスの場合だ。厚さ3~5ミリが主流の1枚ガラスと同じサッシにはそのまま入らない。
 ただ、この場合もサッシごと交換したり、内窓を作らなくても済む方法がある。アタッチメント(接続部材)を使えば、1枚ガラスの入っていた溝にエコガラスをはめ込める。
 最近は図2のようにアタッチメントとガラスを一体化させた旭硝子の「ペヤプラス」のようなリフォーム専用商品もある。事前に窓のフレームの寸法を測っておけば、それに合わせてアタッチメントの幅を設定するので、一つの窓につき、ガラスを搬入してから工事終了までの時間は30分~1時間程度という。
 窓の構造によっては、エコガラスの厚みで網戸の開閉などに支障が出る場合も考えられるため、厚さは標準(引き違い窓)の16ミリ以外に、10ミリ、12ミリといった薄型タイプもある。
 アタッチメントを使わなくても1枚ガラスのサッシに入るエコガラスもある。日本板硝子の「スペーシアST2」で厚さは標準で6・2ミリしかない。複層なのに薄くできた秘密は、ガラスとガラスの間が真空層になっていることだ。間に空気があると、断熱などの効果を持たせるには、ある程度の幅が必要だが、真空なら狭い幅でOKという。スペーシアを使えば、見た目も以前の窓と変わらず、スッキリして見えそうだ。

□防犯・防災向け■
 このほか、表のように、割れにくくて防犯・防災向けのエコガラスや、さらには光触媒の仕組みを使ってクリーニング機能があるものもある。治安にポイントを置くのなら、1階は防犯ガラスにしてみるのもいいだろう。

********************************************************************************
12  東京都が発電事業ファンド 2012年1月11日 読売新聞
********************************************************************************
200億円規模、民間からも出資募る
 東京都の来年度予算の知事査定が10日に行われ、ガス火力発電や再生可能エネルギー事業などの社会基盤に投資する200億円規模の「官民インフラファンド」の創設や、都が独自に建設を目指す100万キロ・ワット級の天然ガス発電所の環境影響評価(環境アセスメント)に向けた調査費用を計上することが決まった。
 ファンドは石原知事が、「九都県市首脳会議」で創設を提言していた。都が来年度に30億円を出資し、残る170億円は国内外の証券会社や信託銀行などから集める。
 来年度早々にファンド運営を担当する「ファンドマネジャー」を公募し、7月をめどに10万~30万キロ・ワット級のガス火力発電所や再生可能エネルギー事業に投資する。民間の金融機関の融資と合わせ、総額1000億円規模の事業展開を目標に掲げる。
 一方、建設予定地を東京湾岸の5か所に絞り込んでいる100万キロ・ワット級の天然ガス発電所建設を巡っては、環境アセスメントが必要になるため、来年度に1億円を計上。予定地周辺での大気や水、土壌など環境調査を実施してデータを集める。

********************************************************************************
13  インドに「日本品質の街」輸出…大規模都市開発 2012年1月7日 読売新聞
********************************************************************************
 日本政府は、官民一体のインフラ(社会基盤)輸出として、インド南部のチェンナイ近郊で、大規模な都市開発を行う方針だ。
 中小企業向けの工業団地と、日本人好みのショッピングセンターや病院なども併設した5万人が生活できる街をまるごと「輸出」する。
 政府の新成長戦略に基づくインフラ輸出で、都市開発事業が具体化するのは初めて。
 枝野経済産業相が10日、チェンナイを訪問し、州政府に支援要請する。
 みずほコーポレート銀行とプラント大手の日揮が現地開発会社に計40億円を出資する計画だ。工業団地は2・3平方キロ・メートルで今夏から販売を始め、2013年に進出工場の稼働を予定している。
 併設される居住地区は2平方キロ・メートルで、インド洋を望む高級マンション群が中心の「リゾート都市」を13年以降、順次開発する。日系のショッピングセンターやゴルフ場、日本人医師が常駐する病院なども整備する計画だ。日本人駐在員が家族で暮らせる高品質な街づくりを目指す。

********************************************************************************
14  山手線に新駅…東京の新玄関口・国際的ビジネス街へ 2012年1月5日 読売新聞
********************************************************************************
 JR山手線の新駅が約40年ぶりに建設されることになった。
 羽田空港まで15分、いずれは名古屋まで40分で結ばれる東京・品川エリア。JRの車両基地跡地を利用する再開発により、政府の「国際戦略総合特区」として、国際的なビジネス街を目指す。
 都や他の鉄道会社の関係者は「新駅は、東京の新たな玄関口の価値を大きく高める」と期待をかける。
 品川駅の北側に、東海道線と山手線に挟まれた楕円(だえん)形をした約20ヘクタールもの車両基地「田町車両センター」が広がる。
 無数の車両が置かれ、再開発の準備のため、一部では既にレールの撤去作業が進んでいる。計画では、車両基地の引き込み線をはがして、西側を走る山手線と京浜東北線を東側の東海道新幹線側に寄せ、跡地約15ヘクタールに高層の商業施設やオフィス街を建設する。新駅はその中に予定される。
 都では、国際戦略総合特区に指定された再開発エリアを東京の国際企業の拠点にする方針だ。担当者は「品川のほか、一緒に指定された臨海副都心など都内の特区に、外資系企業を500社以上、誘致したい」と意気込む。はじき出した経済波及効果は約14兆6000億円だ。
 都が策定した周辺一帯の街づくり指針では、高層ビル群が建設されることを見越し、ヒートアイランド対策として、高層ビルを建てない一角を設け、海側からの「風の道」を確保する構想も盛り込んでいる。
 車両基地の東側に隣接する都の下水処理施設の敷地では、既に再開発の一部が動き出し、地上32階建てのオフィスビルが2015年に完成する予定だ。
 月に1、2度、海外出張するという港区六本木の外資系金融機関の社員(33)は「六本木は霞が関に近いが、交通の便が悪いと思っている人は少なくない。品川は羽田に近く、新駅ができて税制優遇などもあれば、外資系企業誘致の優位性が出てくる」と語った。

********************************************************************************
15  TOTO、蛇口回すと1秒でお湯 洗面台向け電気即湯器 2012/1/10付 日経産業新聞
********************************************************************************
 TOTOは2月1日、蛇口をひねると約1秒でお湯が出る洗面化粧台用の「魔法びん電気即湯器」を発売する。一般的な洗面化粧台に比べ、お湯が出るまで流し続ける水の量を20分の1に削減。タイガー魔法瓶(大阪府門真市、菊池嘉聡社長)との共同開発により、TOTOの従来品に比べ保温性能も3倍に高めた。洗面化粧台のオプションとして提案し、2015年3月期に年間1万2000台の販売を目指す。
 同商品は洗面台下部の収納棚に設置し、給湯器で沸かしたお湯をためておく。通常の洗面化粧台は配管に残っている水が先に出るため、お湯が出るまで約24秒かかるが、同製品ではためたお湯を混ぜることで即座に給湯可能。給湯器だけの場合に比べ、捨てる水の量を20分の1の100ミリリットルに抑制できる。

********************************************************************************
16  三菱地所ホーム、地震の揺れを半減できる制震システム開発 2012/1/10付 日経産業新聞
********************************************************************************
 三菱地所グループで戸建て住宅などを手がける三菱地所ホーム(東京・千代田)は6日、地震の揺れを最大で2分の1まで低減できる制震システムを開発したと発表した。東日本大震災で住宅居住者の安全・安心志向が高まっているのに対応。地震による建物の損傷や余震に伴う構造性能の劣化を軽減することで、自社の住宅の付加価値を高める。
 制震システム「エムレックス」は木造住宅用の建築金物などを製造するカネシン(東京・葛飾)と共同で開発した。三菱地所ホームが独自に展開する「スーパーツーバイフォー工法」で建築する住宅で主に採用する。

********************************************************************************
17  ミサワホーム、全住宅に「スマート」仕様 エネ管理など提案 2012/1/10付 日経産業新聞
********************************************************************************
 ミサワホームはほぼ全ての戸建て住宅商品で、太陽光発電装置や蓄電池、家庭内エネルギー管理システム(HEMS)などを組み込んだ「スマートハウス」仕様をメニューに加えると発表した。これまでは一部商品に限定していたが、顧客が節電や電力自給への関心を高めているのを受け、選択肢を広げる。
 スマートハウス仕様を「エム・スマートモデル」として設定する。自然の風を取り込んで省エネにつなげる設計手法も生かす。電気自動車(EV)やプラグインハイブリッド車(PHV)から家庭に電力を供給するための配線なども提案する。

********************************************************************************
18  三菱マテ建材、室温上昇を抑制する外壁セメント板 2012/1/6付 日経産業新聞
********************************************************************************
 三菱マテリアル建材(東京・中央)は5日、ビルの外壁材に使う遮熱性が高いセメント板「メース サンガード」を1月中旬から発売すると発表した。太陽光を反射するフッ素樹脂系塗料の塗膜をセメント表面につくることで、夏に室内の温度上昇を抑制する。塗料の色は20種類。反射率は、塗料の色で異なり最高で74%を確保した。
 価格は1平方メートルあたり2万3800円から。初年度で1万平方メートルの販売を見込む。塗料は旭硝子グループのAGCコーテック(東京・千代田)が供給した。

********************************************************************************
19  三井不動産など、「ダイバーシティ東京」の開業は4月19日 2012/1/6付 日経産業新聞
********************************************************************************
 三井不動産などは東京臨海地区で開発中の複合施設「ダイバーシティ東京」の開業日を4月19日に決めた。ダイバーシティ東京は商業施設とオフィスビルを中心とした複合施設。商業施設は米国のカジュアル系ファッションブランドなど約170店が入る。
 オフィスビルは地上21階建て・延べ床面積6万4880平方メートルで、4月中にも建物が完成した後、テナントオフィスが順次入居し業務を始める見通しだ。

********************************************************************************
20  不二サッシ、照射角度を2割広げたLED照明 ミタチ産業と開発 2012/1/5付 日経産業新聞
********************************************************************************
 不二サッシはミタチ産業と共同開発したオフィスビルや商業施設向けのLED(発光ダイオード)照明を発売した。直管形の照明では照射角度を一般的な製品よりも2割広げて使い勝手を高めた。外壁材やサッシのリニューアルに合わせて照明の交換も提案し、収益力を高める。1年間で3億円の売上高を目指す。
 直管形では20ワット型、40ワット型、110ワット型をこのほど発売。270度まで光が当たる設計で、照射角度が140~220度の従来品に比べて隅々にまで光が届きやすい。商業施設で多く使われている小型のLED照明や、既存ビルに設置しやすい水銀灯と同じ形状のLED照明も投入した。

********************************************************************************
21  東急セキュリティ、「Suica」を建物入退の鍵に 2012/1/5付 日経産業新聞
********************************************************************************
 東急セキュリティ(東京・世田谷)が開発した「Suica」など交通系ICカードを入退館の際の鍵代わりに使うシステムが、東京都新宿区の大型賃貸マンション「パークハビオ新宿イーストサイドタワー」に採用された。事前登録したカードをかざせばゲートが開いて共用部分に入館できる。退館時にはゲートが開くと共にラウンジなど利用施設の料金が決済される仕組みだ。
 このマンションは三菱地所が建設、6日から賃貸を募る予定。共用部分などのラウンジやバー、プールを一部、有料で利用できる。今回採用された東急セキュリティの「TSトールゲートシステム」は、共用部分の入退館用で、現金がなくても施設を利用でき、ゲートを無人化できるなど利用者、管理者双方にとって利便性が高いのが特徴。

カテゴリー: 住宅関連新聞記事 | コメントは受け付けていません。