住宅関連新聞記事ダイジェスト No.413  2011/12/8~2011/12/14

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住宅関連新聞記事ダイジェスト No.413  2011/12/8~2011/12/14  Vol.1
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

―*―*―* MENU *―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―
【日本経済新聞】
1  ヒューザー小嶋元社長、有罪確定へ 耐震強度偽装
2  外環道、五輪にらみ完成急ぐ「練馬―世田谷」着工へ
3  新宿区、老朽アパート600棟を一斉訪問 密集地の火災対策
4  穴吹興産、コージェネ備えた分譲マンション 非常用電源にも
5  固定資産税、住宅用地の軽減特例廃止 政府税調
6  日本ビルファンド、松山のビル取得へ 地方投資を拡大
7  中古住宅、北関東で販売拠点拡充 グランディハウス
8  臨海副都心でレンタル自転車 江東区、300台規模で導入へ

【朝日新聞】
9  住宅借り上げ制度の継続要請 福島県、県外避難者向け

―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―

********************************************************************************
1  ヒューザー小嶋元社長、有罪確定へ 耐震強度偽装  2011/12/13 日本経済新聞
********************************************************************************
 耐震強度偽装事件で安全性が確認されていないマンションを販売し、約4億1千万円をだまし取ったとして、詐欺罪に問われたマンション販売、ヒューザー(破産)元社長、小嶋進被告(58)の上告審で、最高裁第3小法廷(田原睦夫裁判長)は13日までに、被告側上告を棄却する決定をした。懲役3年、執行猶予5年とした一、二審判決が確定する。
 決定は12日付。同小法廷は決定理由で「上告できる理由に当たらない」と指摘した。

********************************************************************************
2  外環道、五輪にらみ完成急ぐ「練馬―世田谷」着工へ  2011/12/13 日本経済新聞
********************************************************************************
 松原仁国土交通副大臣は12日の記者会見で、東京外郭環状道路練馬―世田谷区間(16キロ)について「来年度早々にも工事に本格着手できるよう年度内に準備工事に着手する」と述べた。工期については、東京都が2020年夏季五輪の招致を目指していることに触れ、「通常は事業はおおむね10年程度かかるが、あらゆる手段を尽くし、できるだけ早く完成したい」と語った。
 同省は11年度当初予算で125億円を外環道整備費として計上。都と連携し、すでに必要な用地の約15%を取得している。ただ、整備手法は定まっておらず、完成時期も明示されていなかった。
 東名高速と接続する世田谷区内ではすでに一部で大深度地下のトンネルを掘削するための工事が可能となっている。早期完成を求める都の要望なども踏まえ、今年度中に準備工事を完了し、来年度には用地買収と並行して立て坑工事に着手する考えだ。

********************************************************************************
3  新宿区、老朽アパート600棟を一斉訪問 密集地の火災対策  2011/12/9 日本経済新聞
********************************************************************************
 東京都新宿区は2012年1月までに、木造住宅の密集地域にある老朽化したアパート600棟の住民を個別に訪問する。火災報知機を設置しているか、災害時の避難経路が確保されているのかを確認する。11月に大久保地区のアパートで火災が発生したことを受け、防災対策を急ぐ。同区が木造住宅の密集地域の家庭を一斉に個別に訪問するのは初めて。
 対象は新大久保、高田馬場、四ツ谷の駅周辺などの8地区にあり、旧耐震基準で建設されたアパート。12日に始め、年内に区職員、消防、警察が約270棟を、来年1月には区職員が約340棟の家庭を個別に訪問する。これらの家庭は高齢者だけの世帯も多いとみられ、避難経路などの確認のほか、出火の危険性を指摘し、改善を促すなどを実施する。

********************************************************************************
4  穴吹興産、コージェネ備えた分譲マンション 非常用電源にも  2011/12/9 日本経済新聞
********************************************************************************
 穴吹興産は、コージェネレーション(熱電併給)システムを備えた分譲マンションの販売を来年春をメドに開始する。液化天然ガス(LNG)で発電し、通常は共用部の照明などに使い、災害などで停電が発生した際にはエレベーターなどの非常用電源とする。災害に強いマンションを求める消費者ニーズの高まりに対応する。
 まず広島県で来春、高知県で来夏にも販売を開始する予定。70~80戸程度の新設マンションに導入する。同社によると、コージェネ設備を導入するマンション建設は中四国で初めてという。

********************************************************************************
5  固定資産税、住宅用地の軽減特例廃止 政府税調  2011/12/8 日本経済新聞
********************************************************************************
 政府税制調査会は7日の会合で、住宅用地にかかる固定資産税の軽減特例を一部廃止する方針を決めた。地価の高い市街地などについて税額を通常より低く抑える「据え置き特例」という措置で、来年度から段階的に縮小して2014年度に全廃する。地価下落で固定資産税収が落ち込んでおり、優遇見直しで自治体財源を確保する必要があると判断した。
 総務省は据え置き特例の廃止で、平年度ベースで500億円程度の地方税収増になるとみている。市街地などでは地価下落局面でも税額が高止まりする傾向があるため、課税標準額の上限を本来の80%に抑える特例を設けてきた。これを来年度から段階的に縮小して税負担を求める。

********************************************************************************
6  日本ビルファンド、松山のビル取得へ 地方投資を拡大  2011/12/8 日本経済新聞
********************************************************************************
 不動産投資信託(REIT)の日本ビルファンド投資法人は7日、松山市三番町のオフィスビルを来年3月に取得し、運用資産に組み入れると明らかにした。取得額は33億1000万円。同法人にとり、四国で初の保有物件となる。主戦場の首都圏では利回りのよい物件が少なくなっており、松山など地方都市に投資先を広げる。
 同法人はオフィスビル投資に特化した国内最大手のREIT。今月6日時点で東京、神奈川、埼玉など首都圏を中心に64の物件を運用資産に組み入れている。

********************************************************************************
7  中古住宅、北関東で販売拠点拡充 グランディハウス  2011/12/8 日本経済新聞
********************************************************************************
 住宅建設・販売のグランディハウスは市場の拡大が見込まれる中古住宅の北関東での販売拠点を拡充する。中古住宅を扱う子会社が運営する店舗を今後3年間で、現在の9店から15~20店程度に広げる。グランディハウスの中古住宅事業は茨城、群馬両県での営業網が弱く、両県を中心に店舗を増設する。中古住宅に特化した営業を担当する社員も増員する方針だ。
 グランディハウス子会社で中古住宅の販売や買い取り、リフォームなどを手がける中古住宅情報館(宇都宮市、斉藤之彦社長)の店舗を増やす。現在はグランディハウスの地盤である栃木県に店舗が集中。茨城、群馬両県も含めた北関東3県へ営業網を広げ需要に応える。これに先行して2010年10月、群馬県太田市に新店舗を開いた。

********************************************************************************
8  臨海副都心でレンタル自転車 江東区、300台規模で導入へ  2011/12/8 日本経済新聞
********************************************************************************
 東京都江東区は臨海副都心で、自転車を共同利用する「コミュニティーサイクル」事業を始める。駅や商業・観光施設などの近くに20程度の駐輪場を設け、自由に乗り降りできるようにする。2012年度に実証実験したうえで、13年度に本格導入する。自転車を利用することで点在する施設間の回遊性を高め、集客力の向上につなげたい考えだ。
 臨海副都心の有明・青海・豊洲地区の駅や商業・観光施設などの近くに、自転車を貸したり返却したりする「ステーション」と呼ぶ無人の駐輪場を設ける。まず、来年度に複数の駐輪場を設けて実証実験し、運営上の課題を洗い出す。駐輪場の設置や運営は今後公募する民間事業者に任せる。

********************************************************************************
9  住宅借り上げ制度の継続要請 福島県、県外避難者向け  2011/12/13 朝日新聞
********************************************************************************
 福島県は12日、県外避難者が費用を負担せず賃貸住宅に入居できる「民間賃貸住宅借り上げ制度」の新規受け付けを継続するよう、各都道府県に要請することを決めた。福島県は11月、緊急的な県外避難や避難所からの転居が落ち着いたとして、新規受け付けの年内終了を各都道府県に要請。しかし、被災者の反発などを受け、方針を転換した。
 県災害対策本部は方針転換の理由として、▽一部の受け入れ自治体から、新規の相談が続いており年内終了は難しいとの意見があった▽終了方針が伝えられた後、県外避難を希望する県民から継続を求める声が寄せられた――などを挙げている。
 同本部によると、12月になってからも山形県に約200人、新潟県に約100人の新規申し込みがあった。また、県内の除染や医療体制の整備が進まず、今後も県外避難が続くと予想されることから、県は制度の継続が必要と判断した。
 借り上げ制度は災害救助法に基づくもので、一定額までの借り上げ費用を避難先の自治体が肩代わりし、福島県を通じて国に請求する。11月末現在、県外への避難者のうち約2万7千人が利用している。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住宅関連新聞記事ダイジェスト No.413  2011/12/8~2011/12/14  Vol.2
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

―*―*―* MENU *―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―
【読売新聞】
10  次世代電力計の規格統一へ、節電の切り札期待
11  外環道練馬―世田谷、来年度着工・20年完成へ

【日経産業新聞】
12  セコム、家庭向け新端末 防犯+生活情報一体で
13  両備HD、横浜で分譲マンション
14  土屋ホーム、大型木造建築の専門部署を新設
15  銀色に輝くトイレ、LIXILが銀座に展示 ガラス装飾品7万2000個使用
16  首都圏のコンパクトマンション、供給減でもシェア拡大 初の4000万円台に
17  東武鉄道、駅に保育施設 来春、ときわ台駅に
18  EV充電スムーズに パナ電工が新型設備
19  スマホで理想の住宅設計、ミサワホームがアプリ SNS連動

―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―

********************************************************************************
10  次世代電力計の規格統一へ、節電の切り札期待  2011/12/13 読売新聞
********************************************************************************
 政府とパナソニックや東芝、トヨタ自動車などの大手メーカー、電力・ガス業界が、次世代電力計のスマートメーター関連規格を統一し、家庭の管理システムなどと情報をつないで節電効果を飛躍的に高めていく方向となったことが12日、明らかになった。
 統一規格で欧米などの規格とも互換性を持たせ、日本製品の海外売り込みにつなげる狙いもある。スマートメーターは消費電力を細かく把握できるため、節電の切り札の一つと期待されている。
 政府は、今冬以降5年間で、国内のすべての電力計のうち8割をスマートメーターに切り替えることを目指している。来夏の場合、政府はピーク時に不足すると予想する電力(1656万キロ・ワット)の約6割分を節電で乗り切る方針だ。
 スマートメーターや、家電の電力使用を集中管理するHEMS(家庭用エネルギー管理システム)の活用が進めば、節電を無理なく進められると期待している。

********************************************************************************
11  外環道練馬―世田谷、来年度着工・20年完成へ  2011/12/13 読売新聞
********************************************************************************
 国土交通省は12日、東京外郭環状道路(外環道)のうち、未着工区間の練馬―世田谷間(約16キロ・メートル)について、2012年度に着工して、東京都が招致を目指している20年夏季五輪までに完成させる方針を明らかにした。
 関越道と中央道、東名高速を結ぶ同区間について、同省が着工時期や工事期間の見通しを示すのは初めて。同区間の計画決定は1966年で、46年を経てようやく着工されることになった。
 同省によると、総事業費は約1兆2800億円。同区間の地下40メートルより深い場所にトンネルを通し、ジャンクションとインターチェンジを3か所ずつ建設する。約41万平方メートルの土地を買収する必要があるが、11月末時点で買収済みの用地は5・5%にとどまっているため、同省は今後、工事と並行して買収を急ぐ方針。

********************************************************************************
12  セコム、家庭向け新端末 防犯+生活情報一体で  2011/12/14 日経産業新聞
********************************************************************************
 セコムは家庭を対象にした警備である「ホームセキュリティー」システム用に、防犯警備と情報サービスの機能を一体に扱う新端末を導入する。15日から、この端末を活用したホームセキュリティーサービスを始める。侵入者や火災の監視を主軸としたこれまでのセキュリティーサービスから、家庭生活も支援する新しいサービスとして家庭市場で普及させる。
 端末は契約先の住戸に設置。防犯警備を操作する端末に、タッチパネル式の液晶カラーモニターを搭載したのが特徴だ。

********************************************************************************
13  両備HD、横浜で分譲マンション  2011/12/13 日経産業新聞
********************************************************************************
 【岡山】両備ホールディングス(岡山市)は首都圏で初となる分譲マンションを横浜市に建設する。新日本建設と共同で太陽光発電システムなどを採用した環境配慮型のマンションを建てる。両備ホールディングスは岡山県内で19棟の分譲マンションを整備してきたが、マンション需要が底堅い首都圏で年1棟のペースで建設し収益源を広げる。
 建設地は東急東横線綱島駅から徒歩10分。地上6階建てで総戸数81戸。中心価格帯は4500万円前後を想定する。このほど着工し、来年12月に完成する予定だ。

********************************************************************************
14  土屋ホーム、大型木造建築の専門部署を新設  2011/12/13 日経産業新聞
********************************************************************************
 【札幌】土屋ホールディングス傘下で木造戸建て住宅を手掛ける土屋ホーム(札幌市)は木造の大型建築の専門部署を新設した。戸建て住宅建設のノウハウを生かし、高齢者専用賃貸住宅(高専賃)や店舗など民間建築物の開拓をねらう。
 11月1日付で発足し、5人程度が所属する。結露のしにくさや木のぬくもりといった木造建築ならではの利点を訴える。環境配慮の観点から道内でも木造の食品スーパーやコンビニエンスストアが出始めている。土屋ホームは現在3つの木造高専賃を建築中で、今後も一定の需要が見込めると判断した。

********************************************************************************
15  銀色に輝くトイレ、LIXILが銀座に展示 ガラス装飾品7万2000個使用  2011/12/13 日経産業新聞
********************************************************************************
 住生活グループのLIXILは12日、オーストリアの装飾ブランド「スワロフスキー」のガラス装飾品をあしらったトイレ「デコサティス」を銀座ショールーム(東京・中央)に設置した。7万2千個、約1000万円相当のガラス装飾品を使い、全体が銀色に輝く。年内いっぱい展示し、トイレのデザイン性を訴える狙いだ。
 東京での展示を終えた後、全国のショールームや商品の展示会で披露することも検討している。ただ、特注品のため、販売計画はないという。LIXILは2010年に開催された上海万博ではINAXブランドで金箔を表面に塗った「黄金のトイレ」を出展した。

********************************************************************************
16  首都圏のコンパクトマンション、供給減でもシェア拡大 初の4000万円台に  2011/12/9 日経産業新聞
********************************************************************************
 不動産経済研究所(東京・新宿)が8日発表した首都圏のコンパクトマンション市場動向の調査結果によると、2011年4~9月期の供給戸数は前年同期比6%減の3411戸だった。一方、マンション市場全体に占めるシェアは17.26%と同0.54ポイント増加。平均価格帯も初めて4000万円台に達するなど、市場における存在感が高まっていることも明らかになった。
 東日本大震災の直後にモデルルームが休業したほか、夏季の電力使用の制限によってモデルルームの開設を遅らせたことなどが供給戸数の減少に響いた。供給エリアとしては平均価格の高い都区部のシェアが30.82%と同約3ポイント増加。需要の根強い利便性の高い地域での供給が増えたことで、平均価格が4014万円と同6.1%上昇した。

********************************************************************************
17  東武鉄道、駅に保育施設 来春、ときわ台駅に  2011/12/9 日経産業新聞
********************************************************************************
 東武鉄道は保育事業に参入する。2012年4月、東武東上線のときわ台駅(東京・板橋)の構内に保育施設「ポピンズナーサリースクールときわ台(仮称)」を開設。その後も沿線で子育て支援施設の展開を進めていく方針だ。少子化のなか沿線に若い子育て世代を呼び込むことで定住人口を増やしたい考えだ。
 ときわ台駅南口の改札そばにあった医院の跡地に敷地面積約260平方メートルの保育施設を設ける。施設は子育て支援サービスを手掛けるポピンズ(東京・渋谷、中村紀子社長)に賃貸し運営を任せる。生後57日から就学前の子供を預かる。定員は40人。開園時間は午前7時30分から午後8時30分まで。午後8時半から午後10時までの延長保育もある。駅にあるため子供を通勤途中などに預けやすく引き取りやすい。

********************************************************************************
18  EV充電スムーズに パナ電工が新型設備  2011/12/9 日経産業新聞
********************************************************************************
 パナソニック電工は8日、電気自動車(EV)やプラグインハイブリッド車(PHV)向けに使い勝手を高めた充電設備を2012年1月に発売すると発表した。充電用ケーブルが付属しており、ガソリンスタンドの給油ノズルのように車にスムーズに差し込める。ケーブルを車にしっかりつなげたかを確認できる機能も付けた。
 家庭用「エルシーヴ ヘキア」の価格は15万7500~16万8000円。自治体やスーパーなど向け「エルシーヴ モード3」は31万5000~96万750円。

********************************************************************************
19  スマホで理想の住宅設計、ミサワホームがアプリ SNS連動  2011/12/8 日経産業新聞
********************************************************************************
 ミサワホームは米アップルのスマートフォン(高機能携帯電話=スマホ)「iPhone(アイフォーン)」と「iPad(アイパッド)」向けの住宅制作アプリの配信を始めた。スマホ上で条件などを検索し、理想の住宅を設計すると3次元の外観画像として表示する。実際に住宅を建てる敷地の写真と合成することができるほか、SNS(交流サイト)に登録することもできる。販売チャネルの多様化で受注獲得に結びつける。
 新たに配信したアプリは「マイホーム完成カメラ」。iPhoneなどに取り込んで使用する。同社がインターネット上で販売している6商品116プランの中から好みの商品を選び、間取りやインテリアを組み合わせたうえで建築コストなどをシミュレーションする。ほかに土地の条件やこだわり、価格帯などから検索するメニューも用意した。

カテゴリー: 住宅関連新聞記事 | コメントは受け付けていません。

住宅関連新聞記事ダイジェスト No.412  2011/12/1~2011/12/7

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住宅関連新聞記事ダイジェスト No.412  2011/12/1~2011/12/7  Vol.1
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

―*―*―* MENU *―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―
【日本経済新聞】
1  東京ガスの太陽熱給湯、東京・品川の賃貸マンションで初採用
2  EV用低圧電力向け充電器、中国電力が共同開発
3  安成工務店系の断熱材、CO2排出量表示 経産省認定
4  「フラット35」2カ月連続金利上昇 12月の適用金利発表

【朝日新聞】
5  被災11都県で土地・建物の登録免許税減額へ
6  住宅ローン「フラット35」の最低金利、2カ月連続上昇
7  住宅エコポイント、1月25日から申請受け付け関連トピックスエコポイント

【読売新聞】
8  看病する親1泊千円、東大病院に滞在施設
9  横浜市がハコモノ見直し 有識者会議「選択と集中を」
10  高齢者 防火のポイント 暖房正しく扱う

―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―

********************************************************************************
1  東京ガスの太陽熱給湯、東京・品川の賃貸マンションで初採用  2011/12/6 日本経済新聞
********************************************************************************
 太陽熱利用給湯システムを採用した賃貸マンションが東京都品川区に登場した。マンション各戸のバルコニーの手すり部分で集めた太陽熱を給湯に使う。高効率の給湯器と組み合わせてガス消費量を約3割削減できるという。
 マンションは「アーレア戸越公園」(111戸)で不動産賃貸の東邦モーターズ(東京・品川)が1日に賃貸を始めた。東京ガスの「SOLAMO(ソラモ)」を賃貸マンションとして初採用。バルコニーが南側に面した中層棟18戸に設置した。いずれも間取りは2LDKから3LDK。

********************************************************************************
2  EV用低圧電力向け充電器、中国電力が共同開発  2011/12/6 日本経済新聞
********************************************************************************
 中国電力エネルギア総合研究所と新日本製鉄子会社の日鉄エレックス(東京・中央)は、50キロワット未満の低圧電力に対応する電気自動車用急速充電器を共同開発した。ショッピングセンターなどの大型商業施設に加え、スーパーやコンビニエンスストアなどでも急速充電器を導入しやすくする。
 従来の中国電の急速充電器は出力50キロワットで、設置費が数百万円の高圧受電設備が必要だった。今回開発した「電気自動車用中容量充電器」は出力が最大30キロワットで、低圧契約でも導入が可能。充電時の騒音や電磁波による影響も軽減した。

********************************************************************************
3  安成工務店系の断熱材、CO2排出量表示 経産省認定  2011/12/3 日本経済新聞
********************************************************************************
 地場工務店大手の安成工務店(山口県下関市、安成信次社長)グループのデコス(同)は、カーボンフットプリント(CFP)制度を導入する。新聞紙を主原料にした建築用断熱材「デコスファイバー」で、経済産業省が、CFPマークの使用を認定。12月の製品出荷分から同マークを表示する。建築用断熱材では全国初の適用となる。同社の断熱材は回収した新聞古紙などを木質繊維のセルロースファイバーとして再生、製造する。1994年に開発した。今年は年間約2500トンを製造。新聞紙の繊維は湿度調整、断熱、防音に効果があり、全国の52社の代理店を通じて、今年は約3000棟の木造住宅に施工した。
 カーボンフットプリントは原材料調達から製造、廃棄・リサイクルまで全行程の二酸化炭素(CO2)の排出総量を示すもので、経産省は排出量をグラム単位で示すマークなどの普及を図っている。

********************************************************************************
4  「フラット35」2カ月連続金利上昇 12月の適用金利発表  2011/12/2 日本経済新聞
********************************************************************************
 住宅金融支援機構は2日、長期固定金利の住宅ローン「フラット35」の12月の適用金利を発表した。主力の21年以上は取扱金融機関の最低金利が2.21%と、前月比で0.01%上昇。20年以下も1.92%で、前月比0.01%上がった。金利上昇はいずれも2カ月連続。長期金利の上昇などを反映した。

********************************************************************************
5  被災11都県で土地・建物の登録免許税減額へ  2011/12/6 朝日新聞
********************************************************************************
 東日本大震災で被災した11都県の土地や建物について、法務省は、登記申請の際に支払う登録免許税を減額する方針を決めた。震災による地価の下落を反映させ、被災者の負担軽減を図る。早ければ今月から適用する。平岡秀夫法相が6日、明らかにした。
 登録免許税は通常、市区町村が管理する固定資産課税台帳に記載された不動産価格に税率を乗じて算出される。だが、被災地では津波などの被害で地価が下落しているうえ、台帳の書き換えも進んでいないことから、新たに設定した「調整割合」を乗じて税額を算出することにした。
 青森、岩手、宮城、福島、栃木、茨城、千葉の7県は全域が対象となり、埼玉、新潟、長野の3県と東京都は一部地域が対象となる。原発から半径20キロ圏内の警戒区域などの土地や全壊した建物では、調整割合を「0」とし、税額は最低額の千円とする。

********************************************************************************
6  住宅ローン「フラット35」の最低金利、2カ月連続上昇  2011/12/2 朝日新聞
********************************************************************************
 住宅金融支援機構は2日、長期固定型住宅ローン「フラット35」の12月の適用金利を発表した。返済期間が21年以上35年以下の場合、年2.21%~3.20%。20年以下の場合、年1.92%~3.20%。多くの金融機関が適用する最低金利は、いずれも前月より0.01ポイント上がり、2カ月連続の上昇となった。

********************************************************************************
7  住宅エコポイント、1月25日から申請受け付け関連トピックスエコポイント  2011/12/1 朝日新聞
********************************************************************************
 国土交通省などは、第3次補正予算で復活した住宅エコポイントの申請受け付けを来年1月25日から始めると発表した。10月21日以降に省エネ性能を満たした新築住宅を着工すると、東日本大震災の被災地で1戸あたり最大30万円分、被災地以外で最大15万円分を支給する。省エネのリフォームでは11月21日以降の着工分なら、どの地域でも最大30万円分を出す。

********************************************************************************
8  看病する親1泊千円、東大病院に滞在施設  2011/12/7 読売新聞
********************************************************************************
 東大病院(東京都文京区本郷)に入院・通院する子どもの家族のための滞在施設「ドナルド・マクドナルド・ハウス東大」が完成した。
 付き添いの家族の負担軽減のために建てられた施設で、1人1泊1000円。病院に隣接しており、建設費約2億8000万円はすべて寄付でまかなわれた。
 来年1月25日から利用できるという。
 門脇孝・同病院長は「家族の負担を軽減して看病に専念できれば、子どもの回復、心身の成長にもつながるはず」と話している。

********************************************************************************
9  横浜市がハコモノ見直し 有識者会議「選択と集中を」  2011/12/7 読売新聞
********************************************************************************
 横浜市が老朽化する公共施設の見直しに動き始めた。11月には市の有識者会議「公共施設のあり方検討委員会」が市営プールなどについて、「施設の選択と集中を図ることが必要」とする最終報告書をまとめた。
 膨大な維持費用に耐えきれず、ハコモノの見直しにようやく踏み出した格好だが、住民サービスの低下につながるとの懸念もあり、検討すべき課題は多い。
 JR磯子駅から徒歩15分の横浜市磯子区の芦名橋公園。今年の営業期間を終えた公園内の市営プールにイチョウの落ち葉やビニール袋が浮いていた。
 1961年にオープンした、このプールに対する市負担金は年間810万円。利用者1人当たりでは2395円だ。一方、利用料は1時間60円。計40か所ある市営プールの中で、施設の維持に要するコスト面ではワースト1とされる。
 プールは水深40センチ。利用は幼児に限られ、今年は2か月の営業期間に2240人が利用した。検討委員会では「公園敷地に戻して、水浴び場を設置すればいいのでは」と意見が出た。8月に2歳の娘と1度利用した主婦は「その時も娘のほかは1人だけ。廃止も仕方ないが、幼児が遊べるプールは少ないので残念」と話す。
 横浜市の公共施設は建築物だけで約2300か所。このうち、市営プールや図書館などの市民が利用する施設は約1000か所ある。今回、市営プールに白羽の矢が立った理由は利用者減と民間との重複だ。
 2010年の利用者は155万人で、218万人いた1995年に比べ3割も減少。市内に100か所ほどあるスポーツクラブなどのプールが充実してきたことが要因とみられ、市は「民間の施設を積極的に活用していきたい」とする。
 市営プール40施設のうち35施設がオープンから20年を超える。壁のひび割れの修復などにかかわる保全費は年間6億9800万円に上り、予算不足から積み残してきた保全費も過去10年分で46億1500万円ある。「行政は作ることばかりに熱心で、施設維持を真剣に考えてこなかった」。市しごと改革推進課の担当者は反省する。
 維持できないほどプールが増えた背景にあるのは縦割り行政だ。公園内のプールと、ゴミ焼却場の余熱を利用する温水プールでは市の担当部局が異なり、調整機能が働いていなかった。磯子区では、半径800~900メートルの範囲に三つも市営プールがある。
 「これ以上放置すれば、将来に大きなツケを回すことになる」と担当者。今回の報告書をもとにコストカットに本気で取り組む決意だが、前途多難だ。
 横浜市の試算によると、公共施設2300か所の保全費は09~28年度で総額7140億円。介護や生活保護などへの支出が増える中、市財政には重い負担だ。
 ただ、財政難を理由に切り捨てれば、市民の反発は必至だ。コスト面でワースト3とされた栄区の栄プール。利用者1人当たりのコストは1050円だ。もともとゴミ焼却場の余熱を利用した温水プールだったが、負担額が高くなったのは、分別によるゴミ減量が効果を上げ、焼却炉が廃止になったからだ。このプールでは、新たに約3000万円の燃料費が生じる皮肉な結果を生んだ。週1回利用するという男性(66)は「廃止議論の前に、市職員の人件費や議会の無駄を削るべきだ」と憤る。
 「早ければ年度内に統廃合の考え方を示す方向で検討を進めている」とする横浜市。住民サービスの低下を抑えながら、将来にツケを回さないためにはどうすればよいか。難しいかじ取りを迫られている。(板垣茂良)

********************************************************************************
10  高齢者 防火のポイント 暖房正しく扱う  2011/12/2 読売新聞
********************************************************************************
 空気が乾燥する冬場は、暖房器具が原因の火災が増える時期。加齢と共に、危険を察知する能力も低下する傾向にある。ちょっとした油断が惨事を招かないよう、防火のポイントを押さえておきたい。
石油ストーブ 手入れ必ず、燃焼中の給油ダメ
 愛知県碧南市の主婦、永坂幸子さん(68)は数年前、80歳代の義母が台所で調理する姿を見て驚いた。義母のカーディガンの袖口にガスコンロの火が移り、ジリジリと燃えていたのだ。
 「おばあちゃんは手で火を払い、それで消えたと思いこんでいたんです」と永坂さん。慌てて水でぬらした布を押し当て、事なきを得たという。
 永坂さん自身も魚焼きグリルでサンマを焼いている最中、電話に出てつい長話になり火災警報器の音でわれに返った経験がある。地域に火の用心を呼びかける「愛知県婦人消防クラブ連絡協議会」の会長を務めるが「こんな役を引き受けていても、うっかりすることがあります」と苦笑する。
 総務省消防庁によると、昨年の住宅火災での死者1022人のうち65歳以上の高齢者は641人(62・7%)。この10年間で7・5ポイントも増えた。
 「とにかく火を出さないことが大事」と話すのは、東京消防庁防災安全課の長谷川寛子さん。高齢者が引き起こした管内の昨年の火災426件(全体の8・4%)の原因を同庁が調べたところ、ガスコンロが最多だった。鍋を火にかけたままテレビに熱中してしまったり、居眠りしてしまったりした例が多い。次いでたばこ、電気ストーブ、仏壇のろうそくがあがった。
 「特に暖房器具を使い始める12月は、火災の発生が増える。誤った使い方をしている高齢者も多い」と長谷川さん。特に今年は節電を意識し、古い石油ストーブを使う人も増えそうだ。ほこりやストーブに残った燃料が異常燃焼の元になることもあり、使用前に必ずきれいに掃除したい。使用の可否が不明なものは、使わない方が無難だ。
 火をつけたままの給油は引火する恐れがあるので絶対に避ける。就寝中のストーブのつけっぱなしも非常に危険。布団がストーブに触れ、燃えることもあるからだ。
 高齢者ならではの問題もある。東京都健康長寿医療センター研究所副所長の高橋龍太郎さんは、「視覚や嗅覚、触覚などが鈍くなり、危険を察知しにくくなる」と指摘する。料理しながら電話をするなど、二つのことを同時に行う能力も低くなるという。
 燃えにくい繊維などで作られた「防炎製品」を活用すれば不安は軽減される。基準を満たした商品には、日本防炎協会の認定マークがある。エプロンやアームカバー、寝具などで、同協会のホームページで取扱店を紹介している。
 家庭用火災警報器も早期発見に有効。今年6月、消防法で全住宅の寝室などへの設置が義務づけられたが、各部屋に設置すれば、より安心だ。「日頃から、避難経路確保のため整理整頓を心がけたり、近隣に助けを求められる関係を築いたりすることも大事です」と高橋さんは助言する。

高齢者に多い火災の原因と対策
【たばこ】
・寝たばこは絶対にしない
・灰皿には水を入れて使う
【暖房器具】
・燃えやすいもの、スプレー缶などは近くに置かない
・外出や就寝の前に必ず消す
・ストーブの上に洗濯物を干さない
【ガスコンロ】
・袖口や体が火に触れないよう注意する
・その場を離れる時は必ず火を消す
(東京消防庁の資料を基に作成)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住宅関連新聞記事ダイジェスト No.412  2011/12/1~2011/12/7  Vol.2
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

―*―*―* MENU *―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―
【読売新聞】
11  メタボリズム建築 60年代の志 拡張・交換で進化する都市像
12  家賃は「総額」で判断 敷金・礼金・更新料もかかる
13  住宅廃材を表札に岩手の民間団体、被災者無料
14  「壁柱」評価、建築ダブル受賞 長野・塩尻「えんぱーく」

【日経産業新聞】
15  東邦モーターズ、都内賃貸に太陽熱給湯 東京ガスのシステム採用
16  ダイキン、住宅用太陽光発電システム 来春から自社ブランド販売
17  TOTO、洗浄水量3.8リットルの節水型トイレ「新ネオレスト」
18  YKKAP、外窓断熱を短時間で施工 新製品・工法を展開
19  パナ電工、水回り建材にバイオ樹脂 耐久性を向上
20  日建開発、中古住宅「磨けば光る」サイト 築15年以上の物件に特化
21  積水化学、価格抑えた省エネ住宅「HEMS」など搭載
22  東急、携帯GPS使い街案内 まず二子玉川から

―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―

********************************************************************************
11  メタボリズム建築 60年代の志 拡張・交換で進化する都市像  2011/12/1 読売新聞
********************************************************************************
 1960年代に日本が発信した建築運動として世界に知られる「メタボリズム」。新陳代謝を指す生物学用語を使い、拡張や交換を重ねて進化する都市像を提案した。東京・六本木の森美術館で開催中の「メタボリズムの未来都市展」は、運動を初めて本格的に回顧し、その今日的な意味を問いかける。(文化部 高野清見)
 会場には海上都市、空中都市などの模型や映像が並んでいる。いま見ても未来的なデザインだ。当時の急速な人口増に応えるため、超高層の提案が目立つ。しかし説明板には「実現せず」と書かれたものも多い。
 壮大な構想と斬新なデザインから、ユートピア幻想と見る向きもある。すでに解体されたり、黒川紀章氏の「中銀カプセルタワービル」のように一度も住居部分が交換されなかったりと、想定外だった建築もある。
 しかし槇(まき)文彦氏(83)は記念シンポジウムで、自分たちの共通認識として戦災で焼け野原になった「廃虚のイメージ」があり、ゼロから新しい都市システムを構築する強い意志があったことを述べた。
 菊竹清訓(きよのり)氏(83)は「木造施設のリニューアル(再生)を手がけていたが、昔からあることで新しい建築理論ではない。どう新しく出来るか考えた」という。沖縄海洋博の「アクアポリス」など、空中に人工土地を作る発想も土地の有効利用のため。必要が生んだ理論というわけだ。
 展覧会も運動を“突然変異”と見なさず、日本の都市・建築史に位置づける。戦前の都市計画、丹下健三氏による戦後の広島市の復興計画から、今日にまで至る系譜があるという。展覧会を森美術館と共同企画した八束はじめ氏(建築家・建築批評家)が、今春刊行した著書『メタボリズム・ネクサス』(オーム社)で展開する視点だ。
 丹下氏は先導役とされた。メンバーではないが、上の世代として戦前から都市計画を構想し、60年代には東京湾の海上都市を想定した「東京計画1960」などを発表している。
 運動は70年の大阪万博で頂点を迎え、メンバーはカプセルやユニットを組み合わせたテーマ館やエキスポタワーなどを設計。丹下氏は空中都市を思わせる大屋根とお祭り広場を担当した。以後はメンバーと同じく、海外の仕事に重心を移す。
 丹下氏を中心にした展示には、建築史家から異論もある。30~40代の建築家による討議では「資本や権力の集中をどこかで想定している」(塚本由晴氏)など、メタボリズム建築に距離を置く発言も目立った。
 メンバーに近い丹下門下の磯崎新氏(80)は「メタボリズムは何かという定義もはっきりしていない。イズム(主義)というよりは、建築の新しいデザインのシステムを作ったのだと思う」と講演で述べた。確かに提唱されたシステムは、その後の建築・都市デザインに影響を与えた。新陳代謝という発想も、持続可能な社会に通じるとして再評価されている。
 展覧会の副題は「戦後日本・今甦(よみがえ)る復興の夢とビジョン」。大震災を受けて付けたという。復興への意思を胸に、若い建築家たちが社会に提案した「勇気」(八束氏)には、大いに学ぶものがあるだろう。
 同展は来年1月15日まで。

メタボリズム 1960年、「世界デザイン会議」の東京開催を機に提唱された。批評家の川添登氏を中心に、若手建築家の大高正人、菊竹清訓、槇文彦、黒川紀章の4氏と、デザイン界から栄久庵憲司、粟津潔の両氏が参加。同会議やマスメディアを舞台に、海上都市などの構想や論考を発表した。

********************************************************************************
12  家賃は「総額」で判断 敷金・礼金・更新料もかかる  2011/12/1 読売新聞
********************************************************************************
 賃貸住宅を借りる際には賃料以外に、礼金、敷金、更新料など様々な費用がかかります。しかし、物件や地域の慣習によって異なり、借りる側にはわかりにくいのが実情。こうした費用をわかりやすく提示するシステムも利用され始めています。
 東京都内の女性会社員(28)は今年6月、結婚を機にマンションの借り換えを検討した時、不動産紹介のウェブサイトに「めやす賃料」という表示を見つけた。お目当ての物件は月額賃料15万円だったが、そばに書かれているめやす賃料は15万5125円とある。賃料以外にかかる礼金などの費用も含め、1か月に必要な額と知った女性会社員は「礼金などの額が違う物件を比較する参考になった」と話す。
 めやす賃料表示制度は、住宅管理会社約1000社が会員となっている財団法人日本賃貸住宅管理協会(東京)が昨秋考案した。賃料のほか、共益費・管理費、礼金、敷引金、通常2年ごとに必要となる更新料を合計し、4年間借りた場合の総額を月割りにした金額だ。礼金は、家主に払う一時金で関東に多い商習慣、敷引金は、敷金から一定額を差し引くもので関西に多い。
 同協会主任相談員の長井和夫さんは「あくまで目安だが、実際の負担により近い額を示すことで、借り手にわかりやすい市場にしたい」と、めやす賃料導入の理由を話す。
 現在、大手など約500社が採用、ウェブサイト上やチラシで、めやす賃料が併記された物件は50万件以上に上るという。同協会のウェブサイトに計算ソフトがあり、自分でも計算できる。
 賃貸契約に必要な費用は、借り手にとってわかりにくく、トラブルも多い。
 たとえば、契約更新時に払う更新料。今年7月、京都府や滋賀県の賃貸住宅3件に関する更新料を巡る最高裁の判決で、「家賃に比べて高すぎるなど特別な事情がない限り、有効」という判断が示され、話題になった。しかし、国土交通省が賃貸住宅管理会社を対象に行った調査(2007年)では千葉で82・9%、東京で65・0%が徴収する反面、宮城では0・2%、大阪、兵庫では0%と地域差が非常に大きい。引っ越した場合などは混乱する可能性もある。礼金、敷引金の慣習も同様だ。
 最近は、礼金、敷金をとらない「ゼロゼロ物件」や、一定期間賃料を無料とする「フリーレント」も増え、費用の仕組みは多様化。また「めやす賃料」の項目以外にも、仲介手数料、家財保険の保険料などがかかる場合がある。
 東京都消費生活総合センター相談課長の金子俊一さんは「契約書には、違約金を求められる条件などが明記されていることが多い。内容をきちんとチェックし、疑問に思うことがあったらその場で質問して確認した方がいい」と話している。

■賃貸住宅の費用について注意するポイント
・インターネット上で物件の賃料相場を事前に確かめる
・退去通告に必要な期間は1か月が多いが、2か月以上の物件もある
・フリーレント物件は、短期で退去すると違約金を求められる可能性が高い
・ゼロゼロ物件は一見安いが、賃料が相場より高めの設定の場合もある
・現在は借り手市場なので、急いで契約しない。場合によっては値下げ交渉もできる
(長井さん、金子さんの話を基に作成)

********************************************************************************
13  住宅廃材を表札に岩手の民間団体、被災者無料  2011/12/1 読売新聞
********************************************************************************
 岩手県釜石市の民間団体「RING―PROJECT」は、津波被害に遭った住宅の廃材などを使って表札を作っている。被災者が材料の木材を持ち込めば、無料で製作しており、仮設住宅の住民らから既に20件以上の注文があるという。
 同団体は同市上中島の工房や仮設住宅でがれきを使ったキーホルダー5000個を製作。活動に参加した被災者に、売上金を分配する支援活動を続けてきた。
 表札作りは、同市中妻町の菱沼陽子さん(65)が津波被害を受けた自宅を解体することになり、「何か思い出を残せないか」と考えたのがきっかけ。相談を受けた団体代表の池ノ谷伸吾さん(40)が、表札の材料に使うことを提案した。
 表札は手作りで、柱や梁(はり)から縦20センチ、横7センチの板を切り出し、パソコンで入力した文字を木材に転写して彫る。表面にニス加工なども施し、1個作るのに1週間かかるという。
 池ノ谷さんは「古い家の思い出として、新しい家の一部に使ってもらいたい」と話す。菱沼さんも「思い出がたくさん詰まった自宅の一部が表札として残るのはうれしい」と喜んでいる。

********************************************************************************
14  「壁柱」評価、建築ダブル受賞 長野・塩尻「えんぱーく」  2011/12/1 読売新聞
********************************************************************************
 昨年7月にオープンした長野県塩尻市大門一番町の市民交流センター「えんぱーく」が、今年の日本建築士会連合会賞の優秀賞と日本構造デザイン賞の作品賞をダブル受賞した。
 連合会賞は設計を担当した建築家柳沢潤さん(47)(横浜市)、デザイン賞は構造計算を受け持った一級建築士鈴木啓(あきら)さん(42)(東京都世田谷区)の仕事が対象となった。
 評価されたのは、5階建ての同センターの3階までを支える国内初の「壁柱」。厚さ20センチ、幅1・25~5メートル、高さ約11メートルの板状のコンクリートの片面を厚さ6ミリの鉄板で補強したもので、計97枚が使われている。
 柱と壁の両方の役割を持ち、明るく開放的な独特の空間を生み出しており、現地審査を踏まえた総評では「新しいコミュニティーを誘発する空間として、市民の信頼を得ている」と評価された。
 田中速人・同センター長は受賞について「大変うれしい。多くの市民の要望を取り入れた設計で、『自由に使える』『居心地がよい』などの声が寄せられている」と話している。

********************************************************************************
15  東邦モーターズ、都内賃貸に太陽熱給湯 東京ガスのシステム採用  2011/12/7 日経産業新聞
********************************************************************************
 太陽熱利用給湯システムを採用した賃貸マンションが東京都品川区に登場した。マンション各戸のバルコニーの手すり部分で集めた太陽熱を給湯に使う。高効率の給湯器と組み合わせてガス消費量を約3割削減できるという。
 マンションは「アーレア戸越公園」(111戸)で不動産賃貸の東邦モーターズ(東京・品川)が1日に賃貸を始めた。東京ガスの「SOLAMO(ソラモ)」を賃貸マンションとして初採用。バルコニーが南側に面した中層棟18戸に設置した。いずれも間取りは2LDKから3LDK。

********************************************************************************
16  ダイキン、住宅用太陽光発電システム 来春から自社ブランド販売  2011/12/7 日経産業新聞
********************************************************************************
 ダイキン工業は来年4月から、住宅用太陽光発電システムの自社ブランド販売を始める。製品は京セラがOEM(相手先ブランドによる生産)供給する。空調機器や給湯器などを扱うダイキンの販売店で、昨年3月から京セラ製品を販売していた。節電意識の高まりで需要拡大が見込めることから営業・施工体制を整え、自社ブランドによる本格販売に切り替える。
 発売するのは太陽光発電システム「スカイソーラー」。横長や台形のパネルを用意し、複雑な形状や面積の小さい屋根も有効利用できる。長方形のパネルだけを組み合わせた場合に比べて最大で設置面積を5割程度大きくできるという。

********************************************************************************
17  TOTO、洗浄水量3.8リットルの節水型トイレ「新ネオレスト」  2011/12/7 日経産業新聞
********************************************************************************
 TOTOは6日、洗浄水量を3.8リットルに抑えた節水型トイレを2012年2月1日に発売すると発表した。節水性能でLIXILの4.0リットル型を上回り、「節水技術を生かし世界をリードしていく」(張本邦雄社長)省エネ型商品と位置付ける。便器の洗浄機能を備えた温水洗浄便座の新製品も同時に発売し、新築や改修需要を取り込む。
 節水型トイレ「新ネオレスト ハイブリッドシリーズ」では、便器の形状などを改良し水の使用量を抑えた。価格は便器の蓋が曲線状の「RHタイプ」が29万5050円から(施工費別)。13年3月期に月間8000台の販売を目指す。

********************************************************************************
18  YKKAP、外窓断熱を短時間で施工 新製品・工法を展開  2011/12/6 日経産業新聞
********************************************************************************
 YKKAPは家屋の外窓の断熱性を高める改修向けに新製品や工法を展開する。窓枠を残したまま最短2時間で窓を交換する簡易型リフォーム「スマートカバー工法」では高断熱性の窓「APW」を発売。2012年1月には丸ごと交換の新工法「壁カット工法用モール」を投入する。
 住宅エコポイント復活を受けた需要を取り込み、内窓を除く窓リフォーム事業で2012年3月期に15億円の売上高を目指す。スマートカバー工法の新製品は樹脂製窓枠の「APW330」とアルミと樹脂を混ぜた「APW310」の2種。価格はAPW330の高さ112センチメートル・幅165センチのタイプが17万4510円(施工費別)。ベランダなどへの出入り口に使われる「テラス窓」ではスマートカバー工法を改良し、窓枠下部の段差をほぼ解消できる「カット&カバー工法」を投入する。

********************************************************************************
19  パナ電工、水回り建材にバイオ樹脂 耐久性を向上  2011/12/6 日経産業新聞
********************************************************************************
 パナソニック電工は5日、2012年度からシステムキッチンやトイレなど水回り建材の一部に、植物由来のバイオ樹脂を採用すると発表した。汎用樹脂などと複合的に使う合成技術を開発し、課題だった耐水性や耐久性を実用水準にまで高めた。まず12年度に40トンを使う予定。将来は年間500トン以上に増やし、石油原料の使用を抑制する考えだ。
 植物由来の樹脂は水分などで分解されやすい特性があるため、長期間使い続ける水回り製品に採用するには劣化などの課題があった。

********************************************************************************
20  日建開発、中古住宅「磨けば光る」サイト 築15年以上の物件に特化  2011/12/5 日経産業新聞
********************************************************************************
 【那覇】不動産仲介業者の日建開発(那覇市、佐平八十男社長)は築15年以上の中古住宅に特化した物件紹介サイト「きたな美(ちゅ)らん―磨けば光る物件」を開設した。間取り図や物件写真のほか、関連会社で住宅建設を手がける佐平建設(那覇市)によるリフォームのプランやリフォーム後のイメージ図を同じページに掲載し、リフォームによる物件の魅力を伝える。リフォーム費用の概算見積もりやローンの試算も閲覧できる。
 物件を比較しやすいように、リフォームへの柔軟性や外壁の状況、管理体制など、6項目を各5点満点で独自に評価した結果を公表した。ほかの仲介業者が取り扱っている物件についても、同社が実際に調査したうえで掲載する。

********************************************************************************
21  積水化学、価格抑えた省エネ住宅「HEMS」など搭載  2011/12/2 日経産業新聞
********************************************************************************
 積水化学工業は1日、太陽光発電システムやHEMS(家庭内エネルギー管理システム)などを標準で搭載した住宅を2012年1月3日から発売すると発表した。高付加価値な設備を盛り込む一方、価格を1坪(3.3平方メートル)あたり61万円からに抑制。家事を楽にする設計や収納なども提案することなどで、12年度中に800棟の販売を目指す。
 新たに発売するのは鉄骨系ユニット住宅の「ハイムbjベーシックエディション」。出力2キロワットの太陽光発電システムに加え、住宅内の電力使用量をリアルタイムに把握できるHEMSを搭載。HEMSを通じて省エネのコンサルティングを受けることができる。耐久性に優れたタイル外壁も標準としており、耐震性能の向上にもつなげている。

********************************************************************************
22  東急、携帯GPS使い街案内 まず二子玉川から  2011/12/1 日経産業新聞
********************************************************************************
 東京急行電鉄は携帯電話の全地球測位システム(GPS)機能などを活用する街案内サービスを導入する。利用者は自分の携帯電話で街に点在する飲食店や物販店の情報が受け取れる。まず11月30日から二子玉川駅周辺で始めた。利用状況を見ながら来年度以降、自由が丘駅や渋谷駅周辺など沿線に広げる。
 買い物客などを街に呼び込み、沿線を活性化する狙いだ。

カテゴリー: 住宅関連新聞記事 | コメントは受け付けていません。

住宅関連新聞記事ダイジェスト No.411 2011/11/24~2011/11/30

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住宅関連新聞記事ダイジェスト No.411  2011/11/24~2011/11/30  Vol.1
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
―*―*―* MENU *―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―
【日本経済新聞】
1  カラオケ店のタカハシ、高齢者向け賃貸参入 網走のホテルを改装
2 復興へ…芽吹く新産業 浦安再興・液状化との闘い(下)
3 中古住宅改修に助成金検討 国交省、品質情報提供も
4 戸建て被害8000世帯 浦安再興・液状化との闘い(上)
5 穴吹工務店、全新築物件に地震補償保険
6  認定省エネ住宅に税優遇 12年度税制改正
7  多摩川、バーベキュー禁止 マナー違反で狛江市決断
8  東京都、マンションのガス発電を後押し

【朝日新聞】
――――――――――――

【読売新聞】
9  木造アパート密集地把握へ 新宿区が防火強化
10  ルーブルに東芝LED

―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―

********************************************************************************
1  カラオケ店のタカハシ、高齢者向け賃貸参入 網走のホテルを改装  2011/11/30 日本経済新聞
********************************************************************************
 カラオケボックスの道内最大手、タカハシ(網走市、高橋康弘社長)は高齢者向け賃貸住宅事業に参入する。すでに網走市内でホテルを取得。来年1月に内装などの工事に入り、5月の入居開始を目指す。高齢化の進展で今後需要が見込めるうえ、住民向けの食事サービスでは既存事業との相乗効果も見込めると判断。将来の事業の柱に育てる。
 タカハシが取得したのは同市郊外のオホーツク海を望める7階建てホテルで、現在は使われていない。夫婦や単身者向けに27、32、36平方メートルと3種類の広さの部屋を計53室設け、賃料は食事込みで月10万円前後を想定している。デイサービス(通所介護)付きで、専門会社に運営を委託する。住人のほか、要望に応じて自宅で生活する要介護・要支援の高齢者も通えるようにする。投資額は1億3000万円に上る見通し。

********************************************************************************
2  復興へ…芽吹く新産業 浦安再興・液状化との闘い(下)  2011/11/30 日本経済新聞
********************************************************************************
「危機を好機に」官民が知恵
 「液状化被害でダウンした浦安のブランドイメージをどう回復させるか」。24日、新浦安駅前のビルで開かれた市の復興計画検討委員会の初会合。市関係者、学識者に加え、市内企業の代表者らも集まり意見を出した。
 市内のホテル関係者は「震災時はホテルも入浴など住民向けサービスに取り組んだ。災害時の企業の協力のあり方を計画に織り込んでほしい」と発言。会合に出席したオリエンタルランド幹部は「様々な意見を参考に企業として支援を考えたい」と話した。

空き家を民宿に
 東日本大震災からまもなく9カ月。液状化被害で沈滞ムードだった企業の中から新事業や協働の芽が生まれている。
 「ぜひ仕事のやり方を見直してください」。鉄鋼製品の加工・流通基地、浦安鉄鋼団地協同組合の会館に講師の声が響く。震災を機にスタートした事業継続計画(BCP)作りを支援する講習の一コマだ。約270の事業所を抱え、日本最大といわれる鉄鋼団地では全体の約8割が液状化被害に見舞われた。
 組合は被災を機に3つのプロジェクトチームを発足。勉強会などを通じて地震をはじめとする災害に備えるBCP作りを後押しする。復旧は進んではいるが、組合の清水範子理事長は「まだ工場の建て直しや廃業を検討しているところもあり、本格復旧はこれから」と話す。
 地域の中からも震災を機に新たな動きが出てきた。臨海部に近い入船地区では特定非営利活動法人(NPO法人)「好浦会」と明治大学による空き家活用の取り組みが始まった。家主の協力で東北などの被災者に使ってもらう民宿事業だ。
 料金は原則2泊3日で大人2000円。東北の被災地で告知し利用者を募る。岩手県釜石市在住の60代女性は夫や首都圏に住む孫と宿泊。「気分転換になった」と喜ぶ。入船地区は高齢化が進み空き家は今後増える見通し。好浦会代表の水野勝之明大教授は「人を呼び込み地域活性化につなげたい」と話す。

住民参加の映画
 人口減に直面している浦安市。震災の影響で2013年度までの3年で約100億円の減収を見込む。定住者呼び戻しに加え交流人口をいかに増やすかもカギだ。観光では東京ディズニーリゾートのある舞浜地区以外への誘客策の重みが増している。
 浦安商工会議所などは浦安を映画の街として売り込む下地作りを進める。第1弾が家族の絆をテーマに来年1月全国公開予定の映画「カルテット!」。震災以降も市内各所でロケを継続。エキストラも住民に協力してもらい完成にこぎ着けた。
 12月には市内の商業施設で先行公開し、映画にちなむコンサートも開く予定。商議所はロケ地を巡るツアー実施に向けた地図作りにも着手した。「観光などの柱になるように育てたい」と柳内光子会頭は力を込める。
 「企業や住民を交えた『オール浦安』の復興体制がようやくできてきた」(松崎秀樹浦安市長)。液状化のピンチをチャンスに変える知恵が官民双方に求められている。

********************************************************************************
3  中古住宅改修に助成金検討 国交省、品質情報提供も  2011/11/29 日本経済新聞
********************************************************************************
 国土交通省は29日に開いた中古住宅の検討会で、市場活性化計画の骨子案を示した。骨子には2020年までに中古住宅・改修市場を現在の2倍の20兆円にすると明記。中古住宅を改修する際に助成金や優遇税制を実施する。インターネットを通じて中古住宅の地盤や品質の情報も提供するなどして市場拡大を後押しするとしている。

********************************************************************************
4  戸建て被害8000世帯 浦安再興・液状化との闘い(上)  2011/11/29 日本経済新聞
********************************************************************************
修復追いつかず「1年待ち」
 不動産業界がこぞって注目する東京都江東区の超高層マンション(地上52階建て、600戸)の第1期分譲が12月に始まる。東日本大震災後、初めて販売される湾岸の超高層物件。販売元の野村不動産は当初の5月を延期し、液状化対策や防災設備の拡充に取り組んだ。

マンション堅調
 モデルルームを見学した共働きの30代夫婦は「不安解消とはいかないが、利便性には代え難い」。坪(3.3平方メートル)単価約240万円で中心価格帯は5000万円台。震災前の周辺相場と比べた割安感もあり、モデルルームに約3000組が訪れた。「のど元過ぎれば……」との見方もあろうが、売り手の懸念はもっぱら雲行きの怪しい景気にあるようだ。
 湾岸物件の人気回復の兆しは浦安市のマンション事情からも読み取れる。地場の不動産会社、明和地所(浦安市)の今泉太爾社長によると、仲介取引の落ち込みは昨年の1割ほど。売却も「定年を機に古里へ戻るから」といった震災と関係のない理由がほとんどだ。マンションで目立った液状化被害が起きていないことが堅調な取引を支える。価格の下落幅は震災前の1割。その半分は景気の低迷要因との分析だ。
 だがマンションの堅調と裏腹に8000世帯以上の被害を出した戸建ての事情はよくない。相場はじわじわと下げ、景気要因を加えて2割落ち込んだ。傾いた家の暮らしで本人や家族に目まいや頭痛の変調が現れ、市外にマンションやアパートを借りる人が後を絶たない。分譲主の大手不動産会社に損害賠償を求める集団訴訟の動きもある。
 先例のない戸建て被害で住宅会社にすら正確な情報がなかった。一時は「修復にかかる費用は500万円以上」との話が一人歩き。だが工法によれば国や県、市の支援金で賄える「300万円程度」で修復できると分かって、二の足を踏んでいた人が修復に動く例が急増している。

若者目立つ転出
 明和地所では扱い件数の4割が倍額を払い、液状化対策効果が高い工法を選ぶ。どこの業者も注文をさばきれず「予約は1年待ち」との声もある。住宅街の工事現場では関西方面のナンバーを付けた応援業者のトラックも見かける。
 人口16万人の浦安市は臨海部を埋め立て、市域を拡大してきた。4~10月の人口は微減だが、7カ月連続で転出者が転入者を上回る「市政初の事態」(総務課)。20~30歳の傾向が顕著だ。「3年間」を掲げた市の復興計画の行方次第では成長路線の歩みを自ら止めかねない。
 地元の明海大を加えた産官学の街づくりが来春にも臨海部の新町地区で動き出す。分譲計画の見直しを迫られていた住宅会社が垣根を越えて協力。手持ちの用地を地盤改良し、太陽光発電などを整備する。松崎秀樹市長は「災害に強い街を目指す」と話す。

 調査委の中間報告を受けて、次の焦点は液状化対策などに移る。復興のつち音が聞こえ始めた町の姿、住民の表情を紹介する。

********************************************************************************
5  穴吹工務店、全新築物件に地震補償保険  2011/11/27 日本経済新聞
********************************************************************************
 穴吹工務店(高松市、佐々木弘社長)は同社グループが手がける戸建て住宅シリーズ「サーパスホーム」ですべての新築物件に地震補償保険を付けるサービスを始めた。1年目の保険料は穴吹工務店グループが負担し、2年目以降は入居者が契約を継続するかを選択できるようにする。大地震で家屋が受けた被害の状況に応じて83万3000円から500万円までの保険金が受け取れる。東日本大震災をきっかけに地震対策に注目が集まっており、需要が見込めると判断した。

********************************************************************************
6  認定省エネ住宅に税優遇 12年度税制改正  2011/11/25 日本経済新聞
********************************************************************************
 政府税制調査会は25日の会合で、2012年度税制改正の省庁要望の1次査定結果を公表した。来年度から始まる認定省エネ住宅(仮称)制度向けの住宅ローン減税など、国税・地方税で460の減税要望のうち条件付きを含め144項目を認めた。自動車課税の軽減など減税規模の大きい「大玉」案件は引き続き検討する。政府税調は民主党税調とも調整し、12月上旬に税制改正大綱をまとめる。
 認定省エネ住宅制度は従来の省エネ基準より高い環境性能を満たす住宅に適用され、建築主が自治体に申請する。通常の住宅ローン減税は、12年に新築した場合で所得税額から10年間で最大300万円を控除できるが、認定省エネ住宅はこの上限を400万円に引き上げる。登録免許税や地方税の固定資産税も軽減する。

********************************************************************************
7  多摩川、バーベキュー禁止 マナー違反で狛江市決断  2011/11/25 日本経済新聞
********************************************************************************
 東京都狛江市は24日、多摩川河川敷内の一部区域でバーベキューや花火を禁じる条例案を市議会に提出すると発表した。行楽シーズンに周辺住民から騒音や悪臭、ごみの放置などに苦情が寄せられていた。来年の花見や大型連休に間に合うよう2012年4月に施行する。
 市の定める環境保全区域で火を使った料理や花火をする人には市の指導員が中止するよう勧告。13年度以降は、勧告に従わない相手には2万円以下をかす。
 市の調査では今春の大型連休10日間で1万2230人が河川敷でバーベキューに興じた。矢野裕市長は「利用者が急増し、生活環境への被害もエスカレートしている」と条例の必要性を説明した。

********************************************************************************
8  東京都、マンションのガス発電を後押し  2011/11/25 日本経済新聞
********************************************************************************
 東京都は都内マンションへのガスコージェネレーション(熱電併給)設備の設置を推進する。家庭向けより安い高圧電力の利用と組み合わせる仕組みで、設置に伴うマンション住人の負担を軽減し設置を後押しする。首都直下型地震などで東京電力からの電力供給が止まってもエレベーター、給水ポンプなど生活維持に最低限必要な電力を自前で確保する狙い。今年度中にも東京都住宅供給公社の集合住宅などでモデル事業を始める。
 東京都住宅供給公社の賃貸マンションなどを対象に順次導入する。熱電併給設備の設置では、現在普及しつつある「高圧電力一括受電システム」を活用する。同システムは家庭向けに比べ約2割安い高圧電力を、東電や特定規模電気事業者(PPS)からマンションで一括購入、マンション内で受・変電し各戸に配給する仕組み。

********************************************************************************
9  木造アパート密集地把握へ 新宿区が防火強化  2011/11/29 読売新聞
********************************************************************************
 東京・新宿区大久保のアパート「ローズハウス林荘」で今月6日、7人が死傷した火災を受け、新宿区は老朽化した木造アパートの密集地域の対策に乗り出した。区ではこれまで、老朽化した木造アパートの実態について詳細に把握しておらず、新たにアパートに特化した密集地マップを制作。今後は、重点的に火災予防の啓発活動を行い、火災の再発防止に取り組むとしている。(山田睦子)
 区がこれまでに把握していたのは、老朽化した木造建築物の割合のみ。今回の火事では、戸建てではなく集合住宅の木造アパートだったことから大きな被害が出たため、区は新たに1980年以前に建築された木造アパートを「老朽木造共同住宅」と再定義し、個別の調査を実施した。
 地域ごとに、区域面積あたりの老朽木造アパート数や、建築物全棟数あたりの老朽木造アパート数を算出。その結果、区平均を大きく上回る密集地域は、今回の火事があった大久保1や、若葉1~3、早稲田南町など17の地域で確認された。
 都が「木造住宅密集地」と定義している、木造建築物が7割以上などの要件でみた場合、今回特定した9地域が重複していたこともわかったという。
 区は今後、消防、警察と連携しながら、年内にも密集地域の木造アパートの実地調査に乗り出し、消火器具などが整備されているか、避難経路が確保されているかなどの実態を把握。木造アパート管理者や住民にも直接、注意を促していくとしている。
 区建築指導課の新井建也課長は、「今まで住宅密集地として把握していた地域とおおむね同じ地域で、老朽木造アパートも密集していたことがわかった」としており、「今後は、密集地域に改めて防火対策を呼びかけたい」と話している。

********************************************************************************
10  ルーブルに東芝LED  2011/11/29 読売新聞
********************************************************************************
 パリのルーブル美術館の外観のライトアップ用に東芝のLED照明が採用された。現地時間の12月6日午後6時45分から点灯が始まる。魅力の一つである黄色みがかったライトアップを踏襲しながら、消費電力は従来より73%減らした。
 同社のLED照明は、同館敷地内のナポレオン広場(コルベール)の一部、ピラミッド、ピラミディオンの3か所で建築物を照らす。6日は350台が点灯し、2013年までに計3200台まで照明を増やす。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住宅関連新聞記事ダイジェスト No.411  2011/11/24~2011/11/30  Vol.2
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
―*―*―* MENU *―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―
【読売新聞】
11  省エネ住宅 競争激化
12  名建築家の設計図、海外流出防げ…資料館設置
13  地価下落地点が減少…震災落ち込み回復の兆し

【日経産業新聞】
14  電力・ガスなど可視化システム 東電系、横浜で提供
15  一建設、注文住宅を強化 23億円で相模原の企業買収
16  東京セキスイ、首都圏で分譲住宅の受注強化 省エネ訴求
17  三菱地所系、マンション向け太陽熱給湯システム開発 太陽光発電を併用
18  TOTO、広く使える洗面化粧台
19  浦安、産学官でスマートシティ整備
20  災報知器設備の動作確認、毎週自動で LIXILニッタンが発売
21  大和ハウスの16商品、移住支援機構の適合商品に認定
22  太陽光パネル重さ半減 フジプレアム、来年度に投入
23  住友不、西新宿の大型オフィスビルを来月に開業 電力確保など災害対策充実

―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―

********************************************************************************
11  省エネ住宅 競争激化  2011/11/28 読売新聞
********************************************************************************
高価格も震災で商機
 住宅メーカー各社が、蓄電池や太陽電池などを活用した省エネ住宅「スマートハウス」の開発と販売に力を入れている。
 通常の住宅より割高だが、東日本大震災で節電への関心が高まっているのを商機とみて、価格の引き下げや高性能化を競っている。

EVと連携 蓄電池活用
 トヨタホームは11月に国内で初めての電気自動車(EV)と連携したスマートハウスを発売した。災害で停電になった時には、EVに搭載された電池から電力を供給する。スマートフォン(高機能携帯電話)を使って外出先から風呂を沸かすこともできる。
 積水ハウスのスマートハウスは、太陽電池、燃料電池、蓄電池の三つを使うことができる。太陽光で発電した電力や、割安な夜間の電力を蓄電池にため、必要な時に使える。年間約26万円の電気代が節約できるという。大和ハウス工業のスマートハウスは太陽光発電と蓄電池を組み合わせ、停電時に自動的に蓄電池から電力を供給する仕組みだ。
 住生活グループのアイフルホームは、屋根と一体型の太陽光発電を搭載したほか、センサーで人の出入りを検知して照明やエアコンを自動制御する住宅を来春にも発売する。家電量販店のヤマダ電機は、買収した住宅メーカーと連携し住宅と省エネ家電を組み合わせたパッケージ商品の販売に乗り出す。山田昇会長は「早期に売り上げ5000億円を目指す」という。
 太陽光発電や蓄電池は高額なため、スマートハウスの価格は一般住宅より400~600万円程度も高い。だが今後、技術開発が進み、競争が激化すれば、価格が下がる可能性があり、調査会社の富士経済はスマートハウス関連の国内市場が2010年の約1兆円から20年には約4・3兆円まで拡大すると予測している。

********************************************************************************
12  名建築家の設計図、海外流出防げ…資料館設置  2011/11/25 読売新聞
********************************************************************************
 世界的に有名な日本人建築家が手がけた設計図の海外流出を防ごうと、文化庁は来年度にも、設計図保管専門の資料館を湯島合同庁舎(東京都文京区)に設置する。
 建築家個人や大学などが保管する設計図についても所蔵場所を記録し、海外で高く評価されている日本発の建築文化の「継承」を進めていく。
 建築家の死亡時に設計図が散逸する可能性があるほか、近年、仏国立芸術文化施設「ポンピドーセンター」などが、建築設計図の収集を活発化させ、日本からの流出が懸念されていた。
 文化庁によると、保管対象は、西洋建築を中心とした明治以降の設計図、関係書類や模型など。特に、故黒川紀章氏らが1960年代に日本から発信した建築運動「メタボリズム」関連など、世界の建築文化に影響を与えたものを選ぶ。

********************************************************************************
13  地価下落地点が減少…震災落ち込み回復の兆し  2011/11/24 読売新聞
********************************************************************************
 国土交通省が22日発表した全国主要都市の10月1日時点の地価動向報告によると、調査対象150地区のうち、下落地点は前回調査(7月1日時点)より8地区少ない78地区となった。
 下落地点が全体の52%を占めた反面、上昇地点が11地区となって4地区増えるなど、東日本大震災後の落ち込みから回復の兆しが出ている。
 今回、仙台市など4地区で、震災後に休止していた調査を再開した。国交省によると、液状化被害を受けた千葉県浦安市は震災前(1月1日現在)と比べて「10%台後半の下落」となった。仙台市は商業地2地区が「5~10%未満の下落」、住宅地1地区は被災者の住宅需要で「0~5%未満の下落にとどまった」としている。

********************************************************************************
14  電力・ガスなど可視化システム 東電系、横浜で提供  2011/11/30 日経産業新聞
********************************************************************************
 東京電力子会社でインターネット接続サービスを手掛けるファミリーネット・ジャパン(東京・渋谷)は、横浜市住宅供給公社が同市内で建設中の住宅11戸に電力、ガス、水道の使用量や太陽光発電システムの発電量を把握できる「見える化」サービスを提供する。
 サービス名は「ミエコ」。同社のネット接続サービスの機能の一つとして盛り込んだ。スマートフォン(高機能携帯電話=スマホ)やパソコンの画面で電力使用データなどを確認できる。

********************************************************************************
15  一建設、注文住宅を強化 23億円で相模原の企業買収  2011/11/30 日経産業新聞
********************************************************************************
 戸建て分譲住宅大手の一建設は29日、2012年2月1日付で注文住宅などを手掛ける城南建設(相模原市、岩堀和男社長)を約23億円で買収すると発表した。新築住宅市場の伸びが頭打ちとなる中、首都圏に基盤を持つ城南建設を取り込むことで分譲住宅に比べ顧客層が厚い注文住宅事業を強化する。住宅資材の調達でも相乗効果を追求し、戸建て住宅市場でのシェア拡大を目指す。
 両社は同日、一建設が城南建設の創業者一族3人と岩堀社長から4人が保有する同社株を取得することで合意した。これにより一建設は城南建設の発行済み株式の64・2%を保有する。城南建設の従業員などが保有する残る同社株についても今後、取得に向け交渉していく。

********************************************************************************
16  東京セキスイ、首都圏で分譲住宅の受注強化 省エネ訴求  2011/11/29 日経産業新聞
********************************************************************************
 積水化学工業の住宅生産・販売子会社の東京セキスイハイムは28日、首都圏での戸建て分譲住宅事業を強化すると発表した。太陽光発電システムや住宅内の電力消費量などをリアルタイムに把握する機器を積極的に搭載するほか、分譲住宅地専用商品も投入。住宅を初めて購入する1次取得者層からの受注獲得につなげる狙いだ。
 太陽光発電システムや通信型のHEMS(ホーム・エネルギー・マネジメント・システム)を搭載した住宅で構成する「スマートハイムタウンシリーズ」を積極的に展開。HEMSを通じて省エネのコンサルティングをするなど省エネを売りにする。道路や建物の配置に加え、植栽なども細やかに調整することで日当たりや通風にも配慮。分譲地内の住戸全体の電力需給の可視化も計画する。

********************************************************************************
17  三菱地所系、マンション向け太陽熱給湯システム開発 太陽光発電を併用  2011/11/28 日経産業新聞
********************************************************************************
 三菱地所レジデンスはマンション向け太陽熱給湯システムを開発したと発表した。太陽光発電システムと併せて導入し、モデルケース(9階建て、32戸)の場合で二酸化炭素(CO2)排出量を年間約9トン削減できるという。来春の実用化をめざす。
 マンションの屋上などに温水をつくる太陽熱集熱器を設置、各住戸に温水を供給する。同集熱器は寺田鉄工所(広島県福山市)製。集熱器には太陽熱を集める管を複数備え、壊れても管を交換して使い続けられ、メンテナンスしやすい特長がある。

********************************************************************************
18  TOTO、広く使える洗面化粧台  2011/11/28 日経産業新聞
********************************************************************************
 TOTOは12月1日、排水口を右奥に設置して洗面ボウルを広く使える洗面化粧台「Vシリーズ」を発売する。中央部にゴミがたまりにくく、洗髪や洗濯もしやすいという。新築やリフォーム向けに3年後、年17万台の販売を目指す。
 流し台を広く使える新開発の「すべり台ボウル」を装備、ホースを引き出せるタイプのシャワーヘッドも搭載する。排水管の構造を工夫して下部の収納スペースを広げた「奥ひろ収納 奥ひろし」も標準装備する。

********************************************************************************
19  浦安、産学官でスマートシティ整備  2011/11/28 日経産業新聞
********************************************************************************
 住宅賃貸・建設のスターツコーポレーションや大和ハウス工業など9社と浦安市、明海大学は、同市内で環境配慮型都市「スマートシティ」の整備を進める計画を発表した。推進母体となる組織を25日に立ち上げた。産官学が連携して今後、同市の湾岸沿いにある新町地区を中心に開発を進める。
 推進組織にはトヨタホーム、パナホーム、富士通、富士電機、ミサワホーム、三井物産、三菱UFJ信託銀行も参加。同日、記者会見した松崎秀樹・浦安市長は「災害に強く、環境に優しい街づくりを進めたい」との考えを示した。

********************************************************************************
20  火災報知器設備の動作確認、毎週自動で LIXILニッタンが発売  2011/11/25 日経産業新聞
********************************************************************************
 LIXIL傘下のLIXILニッタン(東京・渋谷、板倉秀樹社長)は、1週間に1度のペースで感知器の動作を自動確認する火災報知設備「1PS0」を12月1日から全国発売する。管理業者に委託するのに比べて費用の節減につながるほか、検査による手間も削減できる。利便性を売りに、中規模の商業施設やオフィスビル、ホテルなど向けに採用を促す。
 この設備は、1週間に1回建物内の感知器に信号を送って正常に作動するかを試験し、作動しなかった感知器を報告する。1回線あたり30個程度の感知器を試験でき、最大60回線まで把握できる。大規模ビル向け設備には自動試験機能付きの製品もあるが、中規模向けでは同社では初めて。

********************************************************************************
21  大和ハウスの16商品、移住支援機構の適合商品に認定  2011/11/25 日経産業新聞
********************************************************************************
 大和ハウス工業は24日、自社の新築戸建て住宅が「移住・住みかえ支援機構」(東京・千代田)の借り上げ制度の適合商品に認定されたと発表した。26日以降、購入した顧客は住宅ごとの性能診断なしに第三者に容易に貸し出しできる。商品性能の証明にもなると見ており、受注拡大につなげたい考えだ。
 主力戸建て住宅ブランド「xevo(ジーヴォ)」の2階建てや3階建てなど16商品が対象となる。売却以外の選択肢が広がり、住みかえや老後の資金として賃料収入を活用できる。xevoシリーズは耐久性や耐震性に優れた「長期優良住宅」にも認定されている。2006年に発売し、これまでに累計約5万戸を販売した。

********************************************************************************
22  太陽光パネル重さ半減 フジプレアム、来年度に投入  2011/11/24 日経産業新聞
********************************************************************************
 【神戸】光学フィルター大手のフジプレアムは2012年度に、重さを同社の従来商品の半分にした太陽電池パネルを投入する。同パネルを含めた太陽光発電システムを一般住宅や公共施設などに販売、営業拠点を増やすことも検討する。10年度の太陽光発電関連事業の売上高は約25億円だが、軽量化した新商品の投入などで12年度に50億円以上に増やす。
 新商品は縦1メートル、横1.5メートルで重量が8.5キログラム。同社の従来商品は17キログラムだった。光を通すガラス部分の厚さを従来商品(3.2ミリメートル)の半分以下にした。耐久性は変わらず、従来と同様に最大出力は200ワット以上。

********************************************************************************
23  住友不、西新宿の大型オフィスビルを来月に開業 電力確保など災害対策充実  2011/11/24 日経産業新聞
********************************************************************************
 住友不動産は、東京・西新宿で大型の新オフィスビル「住友不動産新宿グランドタワー」を12月1日に開業すると発表した。地上40階建てで高さ195メートル。1フロア約2700平方メートルの面積があり、非常時の電力確保や制振装置など災害対策を充実させた。入居率は「内定も含め7割程度を確保した」(片山久寿ビル事業本部副本部長)という。
 東証1部上場のITホールディングスがグループ9社のオフィス集約先として都内各地から移転。インターネット関連のセプテーニ・ホールディングスや外資系企業などもオフィスを構える。高級賃貸マンションも併設する全体の延べ床面積は13万8600平方メートル。

カテゴリー: 住宅関連新聞記事 | コメントは受け付けていません。

住宅関連新聞記事ダイジェスト No.410 2011/11/17~2011/11/23

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住宅関連新聞記事ダイジェスト No.410  2011/11/17~2011/11/23  Vol.1
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
―*―*―* MENU *―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―
【日本経済新聞】
1  米中古住宅販売、10月1.4%増加 市場予測上回る
2  都、水道の非常用発電拡充 防災対策で中間まとめ
3 電気自動車用コンセント付シャッター、三和シヤッター工業
4 津波に強い家、沿岸部に セルコホームなどモデルハウス続々
5  中国住宅価格、34都市で下落 10月
6  放射性物質を吸着 キムラ、換気フィルター開発
7  節電、CATV網で監視 東京ケーブルネット
8  建物の断熱性、中野区が独自に認証  2011/11/17 日本経済新聞

【朝日新聞】
10  東京・中央区42年ぶり12万人突破 区の人口増策実る
11  仙台市、集団移転先の借地料免除 被災者に独自支援

―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―

********************************************************************************
1  米中古住宅販売、10月1.4%増加 市場予測上回る  2011/11/22 日本経済新聞
********************************************************************************
【ワシントン=岩本昌子】全米不動産協会(NAR)が21日に発表した10月の中古住宅販売件数は、季節調整済みの年率換算で497万戸となり、前月の改定値(490万戸)から1.4%増加した。市場予測の平均(485万戸)を上回り、2カ月ぶりの増加。前年同月比では13.5%増だった。
金融機関のローン審査が厳しく、住宅ローンの借り入れができないなどで契約完了に至らないケースの割合は、10月は33%。9月の18%から大幅に増加した。NARは「手ごろな住宅価格に加えて雇用増や家賃の上昇など住宅購入を後押しする環境があるにもかかわらず、完了できない契約件数の増加が、住宅販売の改善を妨げている」と指摘している。

********************************************************************************
2  都、水道の非常用発電拡充 防災対策で中間まとめ  2011/11/21 日本経済新聞
********************************************************************************
東京都は21日、東日本大震災を踏まえ、都内の災害対策をまとめた「高度防災都市づくり」の中間まとめを発表した。上下水道の施設の非常用発電設備の拡充、木造住宅密集地域の用地買収にかかる補償の上乗せなどを盛り込んだ。来年6月に最終まとめを策定するが、緊急性の高い事業などは、これに先立ち2012年度予算案に盛り込む。
中間まとめは(1)災害に強いまちづくり(2)地域分散型発電(3)応急復旧――の3本柱。
「災害に強いまちづくり」では、木造住宅密集地域の解消を目指し、道路の拡張事業を前倒しで実施する。道路沿いの地権者との買収交渉が円滑に進むように、一定期間内に売却に応じる場合は、補償を通常よりも上乗せする。住宅を耐火構造に建て替えると、容積率の緩和や固定資産税などの減免が受けられるようにする。
地域分散型発電では、災害時などに東京電力からの電力供給が停止した時に備え、臨海副都心で出力2万キロワットのコージェネレーション(熱電併給)設備と総延長約6キロメートルの送電網を整備する。2014年度をめどに、東京ビッグサイトなど都の第三セクターが所有する約10施設に電力を供給する。
都庁舎は東電に加え、東京ガス子会社が運営する新宿地域冷暖房センターから電力供給を受け、契約電力約1万1000キロワットのうち、15年度には6000キロワットの供給を受ける。
災害時に最低限の都市機能を維持するための発電設備も増強する。東京港の基幹ふ頭である大井コンテナふ頭に出力6000キロワットの発電設備を整備し、冷凍冷蔵機能を維持。災害時にも物資の受け入れを継続できるようにする。新たに4つの都立病院でもコージェネ設備を導入する。
非常用発電設備の整備も進める。浄水場など6カ所の水道施設に計約1万3800キロワット、ポンプ所など3カ所の下水道施設には計2万9000キロワットの設備を導入する。
民間事業者がコージェネ設備を導入する動きも支援する。災害時に施設を開放して帰宅困難者を受け入れることを条件に、発電設備を導入するデベロッパーなどに費用を補助する。事業費は来年度からの3年間で20億円を見込む。導入した事業者には容積率の緩和などの優遇措置も検討する。マンションなど集合住宅に対するコージェネ設備導入も後押しする。
災害発生後の応急復旧では迅速な初動体制を確立するため、民間事業者と災害時の協力協定を結んで連携を強化するほか、行政無線を拡充し情報伝達手段を多様化する。

********************************************************************************
3  電気自動車用コンセント付シャッター、三和シヤッター工業  2011/11/18 日本経済新聞
********************************************************************************
三和ホールディングス傘下の三和シヤッター工業(東京・板橋)は、電気自動車(EV)やプラグイン・ハイブリッド車(PHEV)の充電用コンセントが付いた戸建て住宅用シャッターを25日に発売する。
商品名は「EV・PHEV充電用コンセント付きサンゲート」。ロングセラー商品のシャッター「サンゲート」に、充電用の屋外コンセントを組み込んだ。柱の中に配線を通し、すっきりとした外観のシャッターに仕上げたという。
取り付け工事費や搬入費などを除いた参考価格は、高さ2メートル30センチの「F型」で120万3300円。初年度の販売目標は約1億円。〔日経QUICKニュース〕

********************************************************************************
4  津波に強い家、沿岸部に セルコホームなどモデルハウス続々  2011/11/18 日本経済新聞
********************************************************************************
津波で多くの住宅が流出した沿岸部の被災地で災害に強い復興住宅を造る動きが出てきた。輸入住宅のセルコホーム(仙台市)など各社がモデルハウスを相次ぎ開設する。津波の浸水区域では約12万棟が全壊。高台への集団移転計画が進む一方、沿岸での再建を望む声も多い。備蓄スペースを確保したり浸水を防ぐ構造にしたり震災の経験を生かした開発が進む。
セルコホームのモデルハウスは宮城県名取市内陸部の住宅地に建設中。沿岸部の被災者の多くが内陸の仮設住宅に移住しており、宅地再建を検討する人向けに来春をめどに公開する予定だ。
震災の経験を生かし床下に大型の収納スペースを設けた点が特徴。非常用の食料を備蓄できガスコンロや懐中電灯も収納する。2インチ、4インチ角の木材を使い揺れに強い「2×4(ツーバイフォー)」工法を採用している。
今回の震災では2×4より壁が50%厚く、強度は2.5倍の「2×6(ツーバイシックス)」工法の家が津波に耐えた事例がある。「沿岸部では2×6の家も拡販していく」(新本恭雄社長)意向だ。
被災県外の企業も現地企業と防災住宅のモデルハウスを造る動きがある。岡山県津山市で注文住宅を手掛けるイシンは津波の被害を抑えるよう計算した防災住宅を開発。宮城県南三陸町の山庄建設と共同でモデルハウスを開設した。
被災地で多くの建物が流失を免れた鉄筋コンクリート構造を採用。海に対し45度の角度で家屋を建設、波よけの塀も設置し津波の直撃を防ぐ。地震後に窓のシャッターを一斉に閉められるスイッチも設けた。
イシンは来春の全国販売を目指す。汎用部品を使い調達を共同化するほか「短い工期で造れるよう工夫して工費も減らす」(石原宏明社長)という。木造と同程度の価格帯で販売する方針だ。
住宅資材商社すてきナイスグループ傘下のナイス(横浜市)も宮城県亘理町でモデルハウスを開設、26日に公開する。通常の2階建て住宅に加え中高年夫婦向けに価格を抑えた平屋建てを用意。盛り土と基礎のかさ上げで約1.5メートル高く建設し浸水を防ぐ。福島県の建設会社など3社と共同出資会社を設立し「フェニーチェホーム」の名称で販売を始める。今後は協業相手を10社前後まで増やしたいという。
宮城県では仮設住宅2万2042戸が今月完成した。建築制限がかからない被災地では住宅再建の動きがある。津波の被害が大きかった地域では高台への集団移転計画が進む半面、元の沿岸地域への居住希望も根強い。災害に強い住宅をコストを抑えて造れるか。住宅各社の研究開発が本格化している。

********************************************************************************
5  中国住宅価格、34都市で下落 10月  2011/11/18 日本経済新聞
********************************************************************************
【北京=高橋哲史】中国国家統計局が18日発表した10月の主要70都市の新築住宅価格指数(低所得者向けを除く)は、34都市で前の月に比べて下落した。価格が下がった都市の数は9月より17増え、調査対象のほぼ半数に達した。中国政府は不動産バブル対策で投機目的の住宅購入を厳しく制限しており、販売不振に陥った不動産業者の間で物件を値下げする動きが広がっている。
前月比の下落率を都市別にみると、中小企業の倒産が社会問題になっている浙江省温州が4.9%と最大だった。大都市の下落率は上海が 0.3%、広州が0.2%、深センと北京が0.1%。

********************************************************************************
6  放射性物質を吸着 キムラ、換気フィルター開発  2011/11/18 日本経済新聞
********************************************************************************
キムラは放射性物質を吸着する機能を持った換気ファン用のフィルターを開発した。11月初旬から工務店に卸しており、子会社が運営する道内のホームセンターでの取り扱いも始めた。
建築金物メーカーのキョーワナスタ(東京・中央)と組んで開発した。ペット樹脂とポリエチレンを主成分とするフィルターに、消臭・抗菌機能のほかセシウムを吸着する性質のある鉱石「ゼオライト」の粉末を混合した。ゼオライトは放射性物質の処理にも使われている。

********************************************************************************
7  節電、CATV網で監視 東京ケーブルネット  2011/11/18 日本経済新聞
********************************************************************************
ケーブルテレビ放送の東京ケーブルネットワーク(東京・文京)は来春をめどに、企業の使用電力量を測定し、リアルタイムで通知するサービスを始める方針だ。契約した事業所に電力測定器を設置し、使用電力量を知らせる。データとしてまとめ、節電対策に役立ててもらう。電力不足の長期化が予想されるなか、需要があると判断した。
事業所の配電盤に電力計を設置。ケーブル網やインターネットを通じて使用電力量をサーバーに集める。契約者にパソコンやスマートフォン(高機能携帯電話)などを通じてリアルタイムで電力量を知らせるほか、電力量が一定値を超えた場合は警告メールを送るサービスもする。一日の電力量の推移などをグラフ化して提供することもできる。

********************************************************************************
8  建物の断熱性、中野区が独自に認証  2011/11/17 日本経済新聞
********************************************************************************
東京都中野区は省エネ対策の一環で、断熱措置を講じたマンションなどを区が独自に認証する制度を創設した。区内の新築建築物が対象で、国の省エネ基準などに適合する場合に認証書を発行する。認証書は住宅の取引や事業所の環境への取り組みを紹介する際に役立ててもらう。区によると建物の断熱性を認証する制度の創設は23区で初めてという。
建物の完成後に断熱性を向上するためのリフォームを施すのはコストが高くなるため、区は建築時の断熱措置を推奨している。認証制度の導入で取り組みを加速させたい考え。

********************************************************************************
9  アーバンアーキテック、空室を高齢者住宅に転用  2011/11/17 日本経済新聞
********************************************************************************
高齢者用住宅建築のアーバンアーキテック(茨城県ひたちなか市、川又則夫社長)は空室のあるマンションやアパートを高齢者向け賃貸住宅に転用する事業に乗り出す。高齢者向けに生活支援サービスを提供し、取り扱う不動産業者をフランチャイズチェーン(FC)化する。賃貸住宅は全国的に空室が増える傾向が続いているといい、不動産業者に転用を提案していく考えだ。
高齢者向け賃貸住宅は空室に手すりを付けるなどの簡単な改修を施した上で、朝昼夕食の配食や週5回(各1時間)の家事代行、緊急通報装置による警備会社への24時間連絡体制の確保、各種生活相談といったサービスを用意する。

********************************************************************************
10  東京・中央区42年ぶり12万人突破 区の人口増策実る  2011/11/18 朝日新聞
********************************************************************************
東京23区のほぼ真ん中、銀座、日本橋、築地、八重洲などがある東京都中央区。その人口が1969年以来、42年ぶりに12万人を突破した。
戦後の復興期だった53年には17万2千人を超えていたが、地価高騰とドーナツ化現象が進み、さらにバブル期の地上げもあって、97年には7万2千人弱まで落ち込んだ。その後、臨海部に林立する超高層マンションの建設を支援するなど、区は人口増施策に重点的に取り組んだ。06年に10万人の大台に乗った後も「都心回帰」の流れは続いた。
臨海部の勝どき地区へ16日に転入した家族が12万人目。区は日本橋をデザインした盾や図書券を記念品に贈るほか、近くの区立公園で記念植樹を行う。矢田美英区長は「わが国の総人口が減少傾向にある中で、人口が着実に増加していることは大変意義深い」

********************************************************************************
11  仙台市、集団移転先の借地料免除 被災者に独自支援  2011/11/17 朝日新聞
********************************************************************************
仙台市は17日、東日本大震災で津波被害を受けた被災者の集団移転を促すため、移転先の市有地の借地料を事実上無料にする独自の支援策を決めた。復興計画で集団移転を検討している自治体の中で、個人負担を減らす独自策を打ち出したのは同市が初めて。
仙台市は復興計画で沿岸部を「災害危険区域」に指定し、区域内での住宅の新増築を禁止し、約2千世帯を集団移転の対象にした。市は移転先として、内陸部にある5カ所の市有地を示している。
市は、この市有地を借りて住宅を建てる被災者の借地料を30~40年間免除する。免除する上限額は、市有地が市街化区域なら計1千万円、市街化調整区域なら計500万円とする。市によると借地料は月2万円ほどになる見込みで、奥山恵美子市長は「支援策により、借地料はおおむね無料になる」としている。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住宅関連新聞記事ダイジェスト No.410  2011/11/17~2011/11/23  Vol.2
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
―*―*―* MENU *―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―
【読売新聞】
12  外壁にアサガオ100輪咲き誇る…川崎・多摩署
13  液状化土砂で防潮堤 浦安市計画
14  「世界一高いタワー」スカイツリーをギネス認定
15  災害時の「トイレ管理士」養成
16  レアアース高騰、一部蛍光灯の出荷価格を値上げ
17  被災の瓦、ガーデニングに

【日経産業新聞】
18  三菱地所レジデンス、完成後の外観をスマホに 新宿の分譲マンション
19  ミサワ、札幌工場に体験型施設 独自工法などPR
20  複数のEV、効率充電 中部電、集合住宅向けシステム
21  LIXIL、1部屋単位で断熱改修工事 来春から
22  太陽電池出荷29%増、4~9月国内 非常用の需要増

―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―

********************************************************************************
12  外壁にアサガオ100輪咲き誇る…川崎・多摩署  2011/11/23 読売新聞
********************************************************************************
川崎市多摩区の多摩署の外壁に、“季節はずれ”のアサガオが高さ20メートルほどまでツルを伸ばし、咲き誇っている。
夏の暑さ対策として、石神邦彦副署長が5月、庁舎南側の中庭にセイヨウアサガオの苗3株をゴーヤなどと植えた。
3株は茎を絡ませながら、配管をつたってぐんぐん伸び、4階建て庁舎の屋上に届くまでに。花は夏に咲かず、「何のツル?」といぶかる署員もいたが、10月に入って満開となり、今も100輪ほどが咲いている。花芽は多く、しばらく見頃が続きそう。

********************************************************************************
13  液状化土砂で防潮堤 浦安市計画  2011/11/18 読売新聞
********************************************************************************
樹木植え補強も 土壌塩分など課題
「緑の防潮堤」が整備される高洲海浜公園 千葉県浦安市の松崎秀樹市長は17日、東日本大震災による液状化で噴出した土砂を、海岸近くに盛り土したうえ、そこに植樹した「緑の防潮堤」を築く方針を明らかにした。12月に高洲海浜公園で着工し、今年度は高さ約2メートル、長さ約60メートルの盛り土に植樹する。将来的には東京湾側をすべて囲む構想だ。処理に困った土砂を高潮と津波対策に生かす一石二鳥の策だが、噴出土砂で樹木が育つのかなど課題もある。
緑の防潮堤は、横浜国大の宮脇昭名誉教授(植物生態学)が提唱。津波や液状化で発生したがれきと土砂で堤防を築き、樹木を植えて防風・防潮林にする。津波の威力を弱め、引き潮に伴う人の流出を防ぐという。
市内4分の3で液状化した浦安市では約7万5000立方メートルの土砂が噴出した。市は当初、海洋投棄などを検討したが、課題が多く断念し、着目したのが緑の防潮堤構想だった。
市によると、市内の海岸の総延長は約10キロ。1959年の伊勢湾台風時の3メートルの高潮を想定した護岸で囲まれている。大震災では、津波の高さは猫実川で2・1メートルだったが、コンクリート護岸が被害を受け、防潮堤が必要と判断した。
護岸の陸地側にある幅7~20メートルの市有地に防潮堤を築く方針。まず市有地を1メートル程度掘り、穴にがれきを埋め、その上に掘った土と噴出土砂などを混ぜた土で堤防にする。補強も兼ね、タブやヤブツバキ、大島桜など照葉樹を中心に約10種の樹木を植える。
課題は、塩分を含む土砂で緑が育つかという点。「塩分は雨水に流され、大きな影響はない」(市幹部)との見通しだが、市は公園の枯れ葉による腐葉土を混ぜるなどして土と植物の相性を観察する。事業費は1平方メートルあたり1万~1万5000円だが、樹木などによって膨らむ可能性もある。
12月18日には市内の小学生らが参加して約1800本を植樹するが、来年度以降は未定だ。松崎市長は「震災がれきと噴出土砂の再利用につながる。宮脇名誉教授のアドバイスを受けながら、浦安を守る防潮堤を築きたい」と話した。

********************************************************************************
14  「世界一高いタワー」スカイツリーをギネス認定  2011/11/18 読売新聞
********************************************************************************
ギネス世界記録に認定された東京スカイツリー(17日、読売ヘリから)=伊藤紘二撮影 ロンドンのギネス・ワールド・レコーズ社は17日、来年5月に開業する東京スカイツリー(東京都墨田区)を「世界一高いタワー」と認定した。
同社のアリステア・リチャーズ社長が都内で、事業主体の東武タワースカイツリーの鈴木道明社長に認定書を手渡した。
2008年7月に着工したスカイツリーは、今年3月1日に世界一だった中国・広東省の広州タワー(高さ600メートル)を抜き、同18日に目標の634メートルに到達した。最も高い建物としては、アラブ首長国連邦の高層ビル「ブルジュ・ハリファ」(828メートル)が認定されている。

********************************************************************************
15  災害時の「トイレ管理士」養成  2011/11/18 読売新聞
********************************************************************************
NPOが認定制度 震災教訓に
災害時に誰もが安心して利用できる「トイレ環境」を普及させようと、NPO法人日本トイレ研究所(東京)は、「災害時トイレ衛生管理士」(仮称)の認定制度をスタートさせる。地域や企業で、災害時でも快適に使えるトイレの整備に取り組むことが期待されるという。
来年4月から、認定希望者対象のセミナーを東京都内などで開催し、災害用トイレの選び方や備蓄量の算定方法、衛生的な維持管理のためのルール作りなどに加え、感染症対策や健康管理についても講義を行う。被災地での経験が豊富な同研究所のスタッフや、医師などが講師を務める。
2日間(計約10時間)のセミナーを受講すれば、修了証が与えられる。受講料として、1万8000円程度を予定している。試験などは設けない。
同研究所代表理事の加藤篤さんは、「公的な資格ではないが、災害時のトイレ環境作りに率先して取り組む人材育成につながれば」と話す。受講者が災害時に支え合うネットワーク作りも検討している。
同研究所によると、東日本大震災後、避難所で設置されたのは、主に屋外の仮設トイレ。夜間は暗く、入り口に段差もあるため高齢者らには使いづらく、トイレに行かずに済むよう水分の摂取を控え、体調を崩す人が目立った。くみ取りが追いつかないこともあり、衛生環境が悪化したという。
一定の知識を持った認定者がいれば、災害時、屋内トイレで使用後の紙を流さないことや、便器にゴミ袋や新聞紙を敷くなどの応急措置、感染症防止に有効な清掃法などを周知することができる。必要な量の簡易トイレなどの備蓄も呼びかけられるという。今回の震災では、同研究所のスタッフらがボランティアで被災地に入り、トイレ環境の整備を行った。

********************************************************************************
16  レアアース高騰、一部蛍光灯の出荷価格を値上げ  2011/11/18 読売新聞
********************************************************************************
パナソニックは17日、蛍光灯「パルック」シリーズの一部製品の出荷価格を、2012年1月から14~20%引き上げると発表した。
材料に使うレアアース(希土類)が高騰しているためで、原材料の高騰による値上げは1977年の発売以降で初めて。蛍光灯で国内首位のパナソニックによる値上げに他社が追随する可能性もある。
対象は、全770品目のうち、丸形や電球形、直管など336品目。主に住宅向けで、店頭での販売価格は100~200円程度上がるという。
レアアースの価格は10年に中国が輸出規制を始めたことなどで上昇し、現在は10年度の3~6倍になっている。蛍光灯の原材料価格に占めるレアアースの割合は4~8割と高く、「企業努力では吸収しきれなくなった」(パナソニック)としている。

********************************************************************************
17  被災の瓦、ガーデニングに  2011/11/17 読売新聞
********************************************************************************
茨城・下妻市が東日本大震災で破損した屋根の瓦を細かく砕いたチップの無料配布を始めたところ、引き取りの申し込みが約1か月間で85件に達する人気ぶりだ。ガーデニングなどに最適といい、県外からも希望者がトラックでやって来ている。
下妻市は震災で、家屋の損壊が2667軒、ブロック塀などの損壊は870件に達した。市が市民の災害廃棄物の持ち込みを受け付けると、8月末までに、瓦が2500トン、ブロック塀のコンクリートがらなどを合わせると6170トンのがれきが持ち込まれた。
しかし、瓦は埋め立てに回すと、運搬費などを含めて1トンあたり1万6000円程度の処分費がかかり、市の財政的な負担が大きい。このため、市は環境省の示した再生利用指針に沿って活用方法を探っていた。
瓦チップは、砂粒大から4センチ角程度に破砕したもので、総量は受け入れた瓦の半分強の約1260トン。中間処理のため、費用も埋め立ての3分の1以下の1トン5000円程で済むという。水はけが良くガーデニングに最適といい、工夫次第で様々な使い方ができる。
先月中旬から申し込みを受け付けると、15日現在、85件に到達。このうち、53個人・団体が既に引き取りに来たという。市生活環境課は「震災がれきという負の遺産を再活用することで、プラス思考につながれば」と利用拡大を期待している。
早速、2日がかりで庭に敷き詰めたというガーデニング歴10年の同市中郷、鈴木栄さん(56)は「庭の草むしりは大変な重労働なので助かる。除草剤が不要になり、環境にも良いはずだ」と話している。
瓦チップは、同市中居指の市リサイクルセンターで、木、金曜日の午後1~4時に配布している。事前に申請書の提出が必要だが、その後は何度でも引き取りができる。問い合わせは、市生活環境課(0296・43・2111)へ。

********************************************************************************
18  三菱地所レジデンス、完成後の外観をスマホに 新宿の分譲マンション  2011/11/21 日経産業新聞
********************************************************************************
三菱地所レジデンスは、現在分譲中のザ・パークハウス新宿柏木(東京・新宿、13階建て・61戸)で現実の風景に立体的なコンピューターグラフィックス(CG)などを重ねて表示する「拡張現実(AR)」の技術を使った営業を展開している。多機能携帯端末やスマートフォン(高機能携帯電話=スマホ)の画面上に、完成後の外観や柱の内部など物件の情報を提示し、消費者の物件購入の意思決定を促す。
工事中の建物を覆う幕や予定地近くのモデルルームの柱などに個別の専用マーカーを表示。専用アプリケーションソフトを取り込んだ端末がマーカーを認識すると、完成後の建物の外観や柱内部の構造を透視したような3次元画像が表示される。システム構築ではNTTラーニングシステムズなどの技術協力を得た。

********************************************************************************
19  ミサワ、札幌工場に体験型施設 独自工法などPR  2011/11/18 日経産業新聞
********************************************************************************
ミサワホームは20日、札幌工場(北海道石狩市)内に住まい造りの体験・体感型施設「ミサワオープンファクトリー北海道」を開設する。展示物や映像、体験コーナーによってミサワの独自工法である「木質パネル接着工法」などを説明。住宅部材の生産ラインの見学も併せて顧客に同社の強みをアピールし、受注獲得につなげたい考えだ。
施設では南極での建築実績や住宅造りの基本理念などを映像で紹介する。木材や断熱材などで構成する木質パネルの強度を体験できるコーナーを設け、パネルを組み合わせて住宅を建てる工法についても詳しく説明する。制振装置「MGEO(エムジオ)」も実物を展示しており、特徴がわかりやすいようにする。

********************************************************************************
20  複数のEV、効率充電 中部電、集合住宅向けシステム  2011/11/18 日経産業新聞
********************************************************************************
【名古屋】中部電力は17日、マンションなど集合住宅用に複数の電気自動車(EV)を効率よく充電できるシステムを開発したと発表した。充電時間を自動的に分散させ電気料金が過大になるのを防ぎ、個人別の使用量もICカードで把握できる。共同開発したグループ会社の愛知電機が12月に販売を始める。
複数のEVを同時に充電する際、各EVの充電完了の希望時間を考慮しながら充電の時間を分散する。電気の契約容量が一時的に急上昇し、高い基本料金が適用されることも防ぐ。ICカードで個人認証することで利用者ごとに充電回数や電気の使用量、料金を把握できるほか、登録者以外のいたずらも防ぐ。

********************************************************************************
21  LIXIL、1部屋単位で断熱改修工事 来春から  2011/11/17 日経産業新聞
********************************************************************************
住生活グループのLIXILは2012年4月から1部屋単位で壁や床に断熱パネルを張る省エネ改修「ココエコ」を全国展開する。予算に合わせて1部屋からの施工が可能で、内窓との併用でエアコンなどの冷暖房費を大幅に抑えることができる。13年3月期に10億円の売上高を目指す。
新開発の断熱パネルを既存の壁や床に張り、上からビニールクロスやフローリングなどで仕上げる。開発したパネルは厚み15ミリメートルと薄く、内部が真空状態で高い断熱性を持つ。費用は6畳で60万~90万円、工期は3~7日。従来は家全体を施工するため約1000万円の費用がかかり工期も1~2カ月が必要だった。

********************************************************************************
22  太陽電池出荷29%増、4~9月国内 非常用の需要増  2011/11/17 日経産業新
********************************************************************************
太陽光発電協会は16日、2011年度上半期(4~9月)の太陽電池の国内出荷量が前年同期比29.6%増の約60万6000キロワット(発電能力ベース)だったと発表した。東京電力福島第1原子力発電所の事故後、住宅向けを中心に非常用電源として引き合いが増えた。海外メーカーの製品も増え、輸入品の割合は17.5%と年度半期で過去最高となった。
住宅用は同38.3%増の約54万3000キロワット。4月から導入補助金の水準が引き下げられたことなどで4~6月の成長ペースはやや鈍化したが、夏以降、電力供給への不安が高まったことなどから需要が拡大した。

カテゴリー: 住宅関連新聞記事 | コメントは受け付けていません。

住宅関連新聞記事ダイジェスト No.409  2011/11/10~2011/11/16

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住宅関連新聞記事ダイジェスト No.409  2011/11/10~2011/11/16  Vol.1
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

―*―*―* MENU *―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―
【日本経済新聞】
1  東京都、マンションや戸建て住宅への太陽熱導入で補助事業
2  分譲マンション、札幌市都心部で新築続々 在庫圧縮進む
3  トヨタ、充電サポート機器を開発 電気自動車向け
4  カーシェア拠点検索、スマホで2000カ所 CHINTAI
5  10月末の都心オフィス空室率、前月比0.14ポイント上昇 7カ月ぶり悪化
6  丸の内にスマートグリッド 東京都、外資進出の呼び水期待
7  金沢八景駅周辺を再整備 横浜市、駅前広場や森林公園
8  ヤマダ電、太陽光発電や省エネ家電をパッケージ販売

―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―

********************************************************************************
1  東京都、マンションや戸建て住宅への太陽熱導入で補助事業  2011/11/1 日本経済新聞系
********************************************************************************
 東京都は太陽熱を給湯や暖房に利用したマンションや戸建て住宅の普及に乗り出す。今年度からの5年間、新築住宅に太陽熱利用システムを設置する事業者に費用の半額を補助する。事業に先立って関連メーカーから新技術を公募し、大和ハウス工業など22社のシステムを採用した。コスト面やデザイン性で優れた技術を普及させ、都内住宅の消費電力や二酸化炭素(CO2)の削減につなげる。
 16日から補助申請を受け付ける。都内で新規に建設する住宅を対象に、1戸あたり50万円を上限に費用の半額を補助する。例えば総戸数100戸のマンションで太陽熱利用システムを導入する場合、都が最大5000万円を負担する。事業費は2015年度までの5年間で20億円。

********************************************************************************
2  分譲マンション、札幌市都心部で新築続々 在庫圧縮進む  2011/11/16 日本経済新聞
********************************************************************************
 東急不動産が10月下旬に発売した「ブランズ円山鳥居前」(20戸)が即日完売するなど、需要の強さが目立つ。投資目的の購入こそ少ないが、住環境とアクセスの良さが受けて自宅用や2軒目としての需要が大きい。市外や道外の購入者もいるという。
 高級住宅街として知られる札幌・円山地区。3年間にわたって新規マンション着工が途絶えていた。市内全域でみても、2010年の供給は1600戸弱と、直近のピークである05年の半分以下の水準。最近の新築ラッシュでも販売が底堅いのは、在庫の圧縮調整が進んだためだ。
 リーマン・ショック以降、開発を凍結する不動産会社が相次いだ。住宅流通研究所(札幌市)によると、市内の新築マンションの在庫戸数は09年初めに1600戸ほど。それが今年10月末時点には525戸まで減った。特に完成後も売れ残る「完成在庫」は100戸を切った。現在の在庫水準は「バブル期以来の低さ」(同研究所)という。
 中央区では新築が活況な半面、中古マンションの売れ行きがさえない。東急リバブル札幌(札幌市)によると、人気があった地下鉄東西線の西11丁目駅から西28丁目駅の周辺での中古物件の成約が「昨年同時期と比べて半減している」(田原広志社長)。
 三井不動産販売札幌(札幌市)では中央区内の中古マンションの仲介件数が前年並みで推移する一方、白石区、豊平区、西区など郊外で2桁の伸びを示している。

********************************************************************************
3  トヨタ、充電サポート機器を開発 電気自動車向け  2011/11/14 日本経済新聞
********************************************************************************
 トヨタ自動車は14日、家庭用電源で充電可能なプラグインハイブリッド車と電気自動車の充電サポート機器「H2Vマネージャー」を開発したと発表した。充電時に契約電力を超え、ブレーカーが落ちることを防ぐ。
 家庭内で家電製品を多く使っているときに車の充電を始めるとブレーカーが落ちる懸念がある。新製品はこうした事態を防ぐ。

********************************************************************************
4  カーシェア拠点検索、スマホで2000カ所 CHINTAI  2011/11/11 日本経済新聞
********************************************************************************
 不動産情報サイトを運営するCHINTAIは14日、カーシェアリングの拠点を検索できるサービスを始める。カーシェアリング事業者14社が1都3県で展開している約2000カ所の拠点を検索可能。駐車場の料金が高い首都圏で賃貸物件を探す際、同時にカーシェアサービスを利用できる拠点が近くにあるかどうかを探せるようにする。
 「ご近所カーシェアマップ」は米アップルのスマートフォン(高機能携帯電話=スマホ)「iPhone(アイフォーン)」向けの無料アプリ。タイムズ24やオリックス自動車など14社のカーシェア拠点を一括して検索できる。事業者を限定せずに各社の拠点を一括で探せるスマートフォン向けのアプリは初めてという。

********************************************************************************
5  10月末の都心オフィス空室率、前月比0.14ポイント上昇 7カ月ぶり悪化  11/11/10 日本経済新聞
********************************************************************************
 オフィス仲介の三鬼商事(東京・中央)が10日まとめた10月末時点の東京都心5区(千代田、中央、港、新宿、渋谷)のオフィス空室率は、前月比0.14ポイント上昇の8.78%と、7カ月ぶりに悪化した。分散しているオフィスの統廃合を進める企業が増え、既存ビルに解約が出た。一方、新築ビルに移転する動きが見られたものの、欧州債務問題など先行き不透明感がぬぐえないため需要は弱い。同社は「一進一退の状況が続いている」という。
 都心5区のオフィス平均賃料は、3.3平方メートルあたり1万7011円と、前月比で0.26%(45円)下落した。前年同月比でも3.56%(628円)下げた。賃料相場の弱含みは続いているが、下落幅は縮小している。

********************************************************************************
6  丸の内にスマートグリッド 東京都、外資進出の呼び水期待  2011/11/10 日本経済新聞
********************************************************************************
 東京都は三菱地所の大手町、丸の内、有楽町地区でのスマートグリッド(次世代送電網)導入を支援する。ここで得たノウハウを活用し、新宿や渋谷など都内の主要なオフィス街での導入を後押しする。都は成長戦略の1つとして外資企業の誘致を掲げている。大震災が発生しても電力を安定的に供給できる環境を整えることでこれを推進する。
 三菱地所が来年度から実施するスマートグリッドの実験に都は3000万円を助成する。実験では同社が巨大な太陽光パネルをビル屋上に設置したり下水道の排熱を利用し、できる限り東京電力からの供給に頼らずにエネルギーを確保する。同時にITを駆使してオフィスビルで使う消費電力量を抑える。

********************************************************************************
7  金沢八景駅周辺を再整備 横浜市、駅前広場や森林公園  2011/11/10 日本経済新聞
********************************************************************************
 横浜市は京浜急行電鉄の金沢八景駅周辺の再整備に乗り出した。金沢シーサイドラインが京急金沢八景駅まで延伸する2016年度末までに、駅東口では駅前広場を設置し、道路を拡張する。駅西側には森林公園などを設置。東西をつなぐ自由通路を整備する。通勤通学客のほか、週末は観光客の利用も多いため、市は同駅を南の玄関口と位置付ける。
 駅東口前の土地約2万4千平方メートルの整備工事に着手した。土地を5街区に分け、駅前には約3千平方メートルのバスターミナル機能を持つ広場を設ける。街区の間には幅9~20メートルほどの道路をつくり、整備地のそばにある国道16号との接続をよくする。整備事業費は約91億円を見込んでいる。

********************************************************************************
8  ヤマダ電、太陽光発電や省エネ家電をパッケージ販売  2011/11/10 日本経済新聞
********************************************************************************
 ヤマダ電機(9831)は10日、新築戸建てやリフォーム向けに太陽光発電システムや省エネ家電などをパッケージにして販売すると発表した。子会社化したエス・バイ・エル(1919)の住宅とヤマダ電の扱う省エネ関連商品を組み合わせ、次世代省エネ住宅「スマートハウス」としてヤマダ電の店舗網を活用して販売する。
 サービス名は「SMART HOUSING(スマートハウジング)」。新築やリフォームを行うエス・バイ・エルの顧客に対し、目標光熱費や予算に応じて太陽光発電システムやHEMS(家庭用エネルギー管理システム)、家庭用蓄電池、IHクッキングヒーターなどのオール電化製品、発光ダイオード(LED)照明などの省エネ家電をパッケージングして提案する。〔日経QUICKニュース〕

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住宅関連新聞記事ダイジェスト No.409  2011/11/10~2011/11/16  Vol.2
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

―*―*―* MENU *―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―
【朝日新聞】
9  マンション高層階、7割で家具移動

【読売新聞】
10  二重窓 断熱シート 冷気遮断
11  被災地支援 建築家の提案

【日経産業新聞】
12  冲セキなど石材7社、デザイン墓石サイトを共同で開設
13  マンション契約率、首都圏・近畿圏70%確保 10月、需要底堅く
14  YKKAP、玄関ドアの新製品発売を延期 タイ洪水響く
15  住生活G、三和HDからOEM調達 シャッターなど

―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―

********************************************************************************
9  マンション高層階、7割で家具移動  2011/11/11 朝日新聞
********************************************************************************
大震災、理科大調査関連トピックス地震.超高層マンションの揺れ
 東日本大震災により、関東の超高層マンションの高層階では7割以上の住居でタンスや冷蔵庫、食器棚が転倒や移動したことが、東京理科大の調査でわかった。首都直下地震などでは、さらに大きな揺れが想定され、家具の固定などの対策が必要だとしている。
 関東と関西の24階建て以上の超高層マンション15棟にアンケート用紙を配り、516の回答を得た。各マンションを高層、中層、低層に分けて解析。関東の高層では「揺れにより自分の意思で行動できなかった」が3割以上、「立っていられない」も4割以上だった。住民の8割以上はこわいと感じていた。
 関東のマンションの高層階では、タンス、冷蔵庫、食器棚の多くが転倒や大きく移動したとの回答も9%、全く動かなかったのは24%だけだった。テレビ、電子レンジなどが動いたのは、高層で57%、中層では14%、低層では12%。高層ほど揺れが大きかった。

********************************************************************************
10  二重窓 断熱シート 冷気遮断  2011/11/16 読売新聞
********************************************************************************
 冬の節電は、二重窓などによる省エネがカギとなる(東京都江東区のLIXILショールームで) 夏に次いで電気の消費が増える冬の時期。福島第一原発の事故の影響で、今シーズンは夏に続けての節電が求められている。家庭では、窓の断熱が注目されている。政府の「住宅エコポイント」が今冬、復活し、窓の断熱性を高めるリフォームが対象になったのも追い風になりそうだ。
 東京都墨田区のマンションに住む主婦(59)は一昨年秋、ダイニングルームを含むすべての窓に内窓を取り付け、「二重窓」にリフォームした。それまでの冬は月6000円ほどだった電気代が、リフォーム後は約4000円と、3分の2に減ったという。費用は約50万円かかったが、「真冬でも日中はエアコンいらず。夜も冷気が入りにくく、結露もほとんどありません」と満足げだ。
 住宅設備メーカーのLIXIL(リクシル)では、今月に入り、従来の窓の室内側に取り付ける内窓「インプラス」についての問い合わせが増え始めた。東京都江東区にあるショールームでも、平日の昼間から見学や相談が相次ぐ。
 節電意識の高まりに加え、21日着工分から住宅エコポイントが復活する効果が表れているという。同社は「昨冬もエコポイントの駆け込み需要に沸いたが、今冬はさらに上回る販売が見込まれる」とする。
 内窓を取り付けるスペースがない場合などは、サッシのガラスだけを、単板(1枚)から複層(ペア)ガラスに交換する方法もある。
 旭硝子の「ペヤプラス」は、2枚のガラスの間に空気層を設け、片側のガラスを金属膜でコーティングした複層ガラス「エコガラス」を用い、断熱効果を高めている。費用は二重窓にするより安いことが多く、工事は1か所あたり30分から1時間で済むという。
 ただ、マンションなどでは、窓を共有部分とみなし、勝手に交換工事ができないこともある。管理組合などに確認したい。
 森永エンジニアリングが開発した窓下専用ヒーター「ウインドーラジエーター」は、ヒーターに熱せられた空気が窓ぎわを上昇し、外からの冷気を遮る。
 エアコンの設定温度を2度下げられ、ヒーターの消費電力を差し引いても省エネになるという。今年から同製品を取り扱う百貨店の「そごう・西武」では、発売から20日ほどで約130台が売れたという。
 より手軽な省エネの工夫もある。消費生活アドバイザーの山川文子さんは、〈1〉気泡緩衝材など、断熱効果のあるシートを窓に貼る〈2〉カーテンには裏地をつける〈3〉カーテンと床との間に隙間がある場合は、カーテンの下部に布を足す――ことなどを提案する。
 山川さんは「昼間の日射を活用しましょう。夏に使ったよしずなどを外し、日が差している時はカーテンを開け、日が沈んだらすぐ閉めるようにします」と話す。
 ホームセンター「ビバホーム」では、カーテン裏に取り付ける「裏地ライナー」が、10月は前年同月の2倍売れた。窓に貼る「断熱シート」も50%増え、中でも結露を吸い取るタイプが好調だという。いずれも数百~数千円と、手ごろな価格なのが人気の理由のようだ。

********************************************************************************
11  被災地支援 建築家の提案  2011/11/11 読売新聞
********************************************************************************
 被災地に建築家が設計した集会施設や、仮設住宅の完成が相次いでいる。被災者の立場を考えた造り、質の高いデザインは、今後の災害支援で求められる建築のモデルとなりそうだ。三つの事例を紹介する。(文化部 高野清見)

海上輸送コンテナ活用
坂(ばん)茂氏「多層コンテナ仮設住宅」
 宮城県女川町の町民野球場で6日、3階建てコンテナ仮設住宅の入居が始まった。避難所の間仕切りや、紙管による建築で国内外の災害救援を行う坂茂氏が、平地が少なく用地が足りない同町に提案した。坂氏の仮設住宅案が、日本で実現したのは初めてだ。
 海上輸送用コンテナ(長さ6メートル、幅2・5メートル)を重ねた2階建て3棟45戸、3階建て6棟144戸を設計。前もって製造工場で窓などを開けたコンテナと、フレームを互い違いに積み、フレーム部分も部屋にするなど、合理化を図った。
 10月中旬から2階建てコンテナ仮設住宅に住む被災者は「住み心地は快適。鉄骨も見えないし、音も気にならない。普通のアパートみたい」。坂氏は「仮設住宅はあまりにも質が悪い。もっと質を上げる必要がある」と語り、これを一つのモデルとしたい考えだ。

組み立て簡単 量産可能
難波和彦氏「KAMAISHIの箱」
 岩手県釜石市の鈴子公園と大只越(おおただごえ)公園に、難波和彦氏(東大名誉教授)が設計した2棟がほぼ完成した。箱のように単純な形。表面を焼き、ブラシでこすった杉材の外壁は簡素な美を備える。中は一室だけの空間で、カフェやイベント会場などに使えそうだ。
 「箱の家」と呼ばれるシンプルな住宅設計で知られるが、今回は木造の在来工法を用いながら、規格化したパネルに分解して設計。工場で加工して現地に運び、簡単に組み立てられる。プレハブと同じく量産可能な建物となった。
 災害時に復興支援の建物を手がけるのはプレハブメーカーやハウスメーカー、ゼネコン、工務店など。難波氏はたまたま建築関係者との個人的つながりから、設計を頼まれたという。
 「生産現場のシステムから建築家は疎外されてきた。お呼びじゃないのは当然です。でも僕は、依頼があれば全力を挙げてやろうと思った。良い建築と思ってもらえ、自分の所にも、となればいい」と語る。

住民希望で縁側設置
伊東豊雄氏「みんなの家」
 仙台市宮城野区の仮設住宅地に10月26日、伊東豊雄氏が中心になって設計した集会施設が完成した。被災者が安らぎ、復興を語り合う「みんなの家」を各地に建てよう、という伊東氏の提案に熊本県が協力。約1000万円をかけ、熊本県産の木材で建設した。
 現代建築をリードする人とは思えない、素朴なまでの木造家屋。住民から「仮設にはないひさしが欲しい」「縁側があれば将棋も指せる」といった希望を聞いて設計した。「表現者として、今まで造ってきたものと、無名性に近い今回の建築との間をどう埋めるのか葛藤はあった。でも、多くの人が関わって造るプロセスは楽しかった」と伊東氏は振り返る。
 本当に必要とされる建築とは何なのか、建築家それぞれに自問自答が続く。

********************************************************************************
12  冲セキなど石材7社、デザイン墓石サイトを共同で開設  2011/11/16 日経産業新聞
********************************************************************************
 【川崎】冲セキ(川崎市、緑間浩市社長)など国内の石材加工・卸の7社が連携し、15日にデザイン墓石の共同インターネットサイト「セラボ(S―elabo)」を設けた。ドーム型の墓石やステンドグラスを使った墓石など、従来の枠組みにとらわれない斬新なデザインを広く知ってもらい、販売の拡大につなげる。
 アドレスは「http://s-elabo.jp/」。まず5社が自社のデザイン墓石をサイト内に掲載し、問い合わせがあれば詳細な資料を送ったり、最寄りの取扱店を教えたりする。各社がサイト内でデザインを競いながら、消費者の墓石への関心を高めてもらう狙いだ。

********************************************************************************
13  マンション契約率、首都圏・近畿圏70%確保 10月、需要底堅く  2011/11/16 日経産業新聞
********************************************************************************
 不動産経済研究所(東京・新宿)が15日発表した首都圏と近畿圏の10月のマンション市場動向によると、10月発売の物件のうち月内に契約した割合を示す「契約率」が首都圏、近畿圏でともにマンション販売の好不調の分かれ目とされる70%を確保した。同研究所では一次取得者層を中心に足元の消費者の需要は堅調とみている。
 近畿圏が74・1%、首都圏が70・6%だった。そろって70%を確保するのは7月以来、3カ月ぶりとなる。

********************************************************************************
14  YKKAP、玄関ドアの新製品発売を延期 タイ洪水響く  2011/11/15 日経産業新聞
********************************************************************************
 YKKAPは14日、12月1日に予定していた断熱性の高い玄関ドアの発売を2012年4月1日に延期すると発表した。部品生産を委託していた企業の工場がタイの洪水被害で生産を停止したため。10月から先行で営業活動を開始、電気錠の機能をハンドルに内蔵するなど機能性の高さから引き合いは好調だったという。
 発売を延期する新商品は「スマートコントロールキー」で、断熱玄関ドアの「ヴェナート」に搭載する予定だった。電気錠の機能をハンドルに内蔵することでカードリーダーの部分をなくし、デザイン性を高めている。メンテナンスが必要な時期が来るとLED(発光ダイオード)照明が点滅して知らせる機能も盛り込んだ。

********************************************************************************
15  住生活G、三和HDからOEM調達 シャッターなど  2011/11/11 日経産業新聞
********************************************************************************
 住生活グループと三和ホールディングス(HD)は10日、2012年からドアやシャッターのOEM(相手先ブランドによる生産)供給を始めると発表した。三和HD傘下の三和シヤッター工業が住生活グループのLIXIL向けにビルやマンション用のスチール製ドアのほか、商業施設やビル向けのシャッターなどをOEM供給する。国内市場が縮小するなか、生産の効率化や販路拡大などにつなげる狙いだ。
 住生活グループと三和HDは同日、具体的な供給品目など業務提携の詳細について協議を始めることで合意した。三和HDにとっては販路拡大や工場稼働率の引き上げにつながる。住生活グループにとっては自社生産からOEM調達に切り替えることで生産や投資面で効率化を図る。

カテゴリー: 住宅関連新聞記事 | コメントは受け付けていません。